So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

モノトーンミュージアムセッションでした [TRPG]


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



使用シナリオはこちら>https://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2018-12-02-1

そんなわけで大田会でモノトンセッションでした。

今回は氷野さんとよ鹿さんの二人をプレイヤーに迎えて遊びました。

プレイヤーが二人ということで、諸々調整入れながらのセッションでしたがなかなかに楽しく。

よ鹿さんは紡ぎ手にあこがれる腕利きの魔狩人

氷野さんは300年生きたドラゴンの其達で、ヒロインの親友役でした。

前に一回流れたセッション向けのシナリオだったのでどうかなあというところもありましたが、ひとまずシナリオで想定していたハッピーエンドは迎えられまして良かったです。

プレイ時間の調節もおおむね想定通りになりまして、早めの時間に負えられたのは良かったですね。

エンディングに関しては、ヒロインNPCにも代償を払ってもらう流れになっていたのですが、そこがプレイヤー的にもにょったようです。

どーやっても外れない腕輪を外すのでGM安易に腕ごとふっ飛ばすしかないかあと考えていたのですが、プレイヤーとしては救助対象に一生消えない傷が残るのは気分が良くなかったようで。

まあ言われてみれば確かになあ。

GMの発想が貧困なのはしょうがないとして、PC側にもう少し相談の時間を取った方が良かったですね。そうすればよいアイデアが生まれる可能性もあったわけですし。

この辺は今後のマスタリングへの知見として学んでおこうと思います。


ともあれ、ここんところすっかりお疲れモードだったのでコンディションが悪く、ちゃんとマスタリングできるかなあという感じではありましたが(無理でもなかったので延期の判断はできなかったなあ)少なくともシナリオを添うことはできたのでよかったです。

脳の回転が悪くて上記の次第になったのは反省するところですね。GMも完璧超人ではないですが、それでもより良いセッションを目指していこうと思います。

今日遊んでくれた皆さんには感謝を。

さて次のシナリオ書かないと―


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

モノトーンミュージアム向け演目「灰かむりと願いの腕輪」修正版をUPしました [TRPG]

本家版:http://www006.upp.so-net.ne.jp/takosuke2/
    左にあるメニューボタンリンクの「Support」をクリックしてシナリオ名で検索してください

なろう出張版:https://ncode.syosetu.com/n9517fd/


今日遊んだシナリオの若干修正版を上げておきます。

トレーラーなどはこちら

---------------------
◆今回予告!◆
むかしむかし、あるところに、灰かむりと呼ばれる、それはそれはみすぼらしい少女が、継母や姉たちにいじめられながら暮らしていました。哀れに思った神様は、少女に願いをかなえる腕輪を授け、少女の幸せを約束しました。
これは、そんな幸せを願う少女と、伽藍の腕輪の物語。次々に告げられる、少女の願いをかなえる御標は、世界をゆがめ、やがて虚無へと世界をいざなう。

モノトーンミュージアム
『灰かむりと願いの腕輪』
―かくして、物語は紡がれる。

ハンドアウト
ハンドアウト:PC①
推奨サンプルキャラクター:魔弾の射手
君は“青の双眼”(P209)でも指折りの魔狩人だった。しかし君の居たその組織はもう無い。ほかならぬ組織の司令“幸福の王子”オスカー・ワイルドが伽藍に落ちて自ら虚無へと沈めたのだ。オスカーは君自身の手で仕留めたが、彼を伽藍化したと思われる、不可思議な腕輪が行方不明だ。以来、キミはずっとその腕輪を探して旅をしている。
シナリオパートナー/関係:伽藍の腕輪/宿敵

ハンドアウト:PC②
推奨サンプルキャラクター:小さな英雄
キミは裕福な国に暮らす、ごく普通の町人だ。キミの親友である灰かむりの少女は、裕福な家庭に育った幸せな少女だったが、継母に財産を奪われ、今は継母と姉たちにいじめられながら、小間使いとして生活している。そんな彼女の助けになりたいと常々思っていたキミは、祭りの露店で“願いのかなう腕輪”という触れ込みのお守りを見つけた。気休めにでもなればと彼女に贈ったその腕輪。
まさかそれがあんなことになるなんて、その時は思いもよらなかったのだ。
シナリオパートナー/関係:灰かむりの少女/親友

ハンドアウト:PC③
推奨サンプルキャラクター:守護の騎士
キミは王宮の騎士、中でも王子の信認厚い、直属の親衛隊だ。ここしばらく、王宮は王子の妃選びで定期的に舞踏会を開いており、国中もそれに合わせてお祭りのような雰囲気に包まれている。
このような時こそ、不逞の輩が王子を害さないよう、目を光らせるのがキミの役目だ。
シナリオパートナー/関係:王子/忠誠



ハンドアウト:PC④
推奨サンプルキャラクター:針の魔女
キミは裁縫師組合に所属する裁縫師だ。伽藍狩りの旅を続ける君のもとに、裁縫師組合から連絡が入った。なんでも、中原に位置する、とある裕福な国付近でほつれが見つかったらしい。果たして今度はどのような悲劇を目にすることになるのか…。
沈みそうになる気持ちに活を入れ、キミは件の国に向かった。
シナリオパートナー/関係:アリア・B・コロラトゥーラ(P211)/ビジネス

ハンドアウト:PC⑤
推奨サンプルキャラクター:黒き災厄
キミは国外れの森に住む、ごく普通の魔女だ。ある日君に、灰かむりの少女を王宮の舞踏会に連れていくよう御標が下る。紡ぎ手であるキミは黙殺しようとしたが、恐ろしい勢いでキミは影を失い異形化してしまった。っていうか剥離値ヤバイ。ファッキン御標!伽藍化を避けるため、キミはやむなく御標に従うことにしたが、どうもおかしい。御標を達成しつつ、真相を調べねばならない。
シナリオパートナー/関係:願いの御標/ビジネス

PC間コネクション
PC①→PC②→PC③→PC④→PC⑤→PC①


イントロダクション

シナリオスペック

推奨PCレベル:3Lv
推奨サプリメント  :基本ルール+インカルツァンド+シェヘラザード、
        トレイメント
推奨PC人数 :2~4人
推奨プレイヤー:まったくの初心者
想定プレイ時間:4~6時間

ステージ

本シナリオのステージは、とある裕福な国とする。国名は特に定めない。公式の特定の国を舞台にしても良い。

IMG_6651.JPG


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

【大田区でTRPGやろう会】12月分(年内最終回)終了報告 [大田区でTRPGやろう会]

幹事からのお知らせです。

大田区でTRPGやろう会、12月分無事終了しました。

今回は幹事のモノトーンミュージアム1卓が成立。

PL参加は氷野さん、よ鹿さん。

鬱狩さん、鋼鉄の錬金術師さんは欠席でした。

年内最後の開催となりましたが、なかなか盛り上がった卓となりました。

今回も参加して下さった皆様、協力して下さった皆様に最上級の感謝を。

よろしければ次回またよろしくお願いいたします。


さて大田会も年内最後となりました。

今年は幹事の転職騒動なので休止期間もありましたので開催回数が減ってしまいましたね。

来年は例年通りの開催と行きたいと思います。皆様よろしくお願いいたします。


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

狂い咲きの花々 [雑記]

IMGP0589.JPGIMGP0592.JPGIMGP0600.JPGIMGP0605.JPG

全て今朝うちで撮った写真です。

いやはや、今年は妙な気候ですね。
nice!(0)  コメント(0) 

11月が終わりますなー [雑記]

今年もあと一か月かあ

早いねえ
nice!(0)  コメント(0) 

ちとお疲れですね [雑記]

どこかでお休み取りたいところ
nice!(0)  コメント(0) 

【大田区でTRPGやろう会】12月分募集締め切り [大田区でTRPGやろう会]

URL:https://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2018-09-13
   https://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2018-11-12

幹事からのお知らせです。

期日を過ぎましたのでPL傘下の募集を締め切ります。

今回のPL参加は鬱狩さん、氷野さん、鋼鉄の錬金術師さん、よ鹿さんの予定です。

当日は皆様よろしくお願いいたします。


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

ドイル傑作集 ミステリー編 [本と雑誌]


ドイル傑作集 1 ミステリー編 (新潮文庫 (ト-3-11))

ドイル傑作集 1 ミステリー編 (新潮文庫 (ト-3-11))

  • 作者: コナン・ドイル
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1957/08/30
  • メディア: 文庫



読了ー


シャーロックホームズシリーズがあまりにも有名なコナン・ドイルですが、もちろんほかの著作もあり、むしろ外に一杯書いている作家であります。

チャレンジャー教授シリーズなど、SFも書いているので興味をもってほかの作品も読み始めたのですが、先日の神田古本まつりで短編集を見つけたので読んでみました。

主にミステリーの短編を集めた本書は、ホームズのような快刀乱麻に事件を解決するヒーローはいないものの、謎に満ちた不可思議な事件が、思わぬ経緯で真相が明らかになるという繕で面白かったです。

事件の大筋をまとめるのが、新聞に投稿される「著名な犯罪研究家」の推理投書なのですが、この語り口がどこかホームズを思わせ、なんだかんだでカメオ出演しているような雰囲気がありますね。

奥付を見ると、現在も重版を重ねている本のようなので、本屋でほかの編も見つけられるかもしれません。

探して引き続き読んでみようと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

コミティア126 #COMITIA #COMITIA126 [コミティア]

毎度楽しみにしておりますので、今回も一般参加してまいりましたよ。

直前まで油断していたのですが、今回東3ホール分使った開催でしたのね・・・びびりました。

ちょいと最近お疲れなこともあり、少し遅めで9時半ぐらいに最後尾に。

開場して五分で入場できたので、コミティアはまだまだ安心して参加できるイベントですねえ。

最近めっきり寒くなってきたので、だいぶあったかくしていったのですがそれでも日陰での行列は寒く感じました。

冬コミは装備をよく考えていかないといかんなあ。

会場が広い分サークルさんをたくさん回るのは楽しかったです。

とはいえ、チェック済みサークルを一回りした時点で予算がからっけつになったのは予想外でした。おかしい、こんなはずでは(笑

昼食代が亡くなったので数年ぶりにビッグサイトのATMを利用したり。

仕入れた本はのんびり読ませていただいていますが、うん、今回もどの本も面白いです。

しばらくは読んでも読んでも本がある幸せな時期が続きますねえ。

本の感想、いつもこちらのブログの方に写真付きで上げてましたが、いろいろ精神と収入が安定したせいか、買う量が膨大になったので(苦笑

あと、ツィッターの方が直接作者様に感想届けられるので、ツィッターの方に読んだ端から連ねる形式に移行しますです。

ともあれ楽しかったです。来年二月も楽しみですねえ。


※余談
この3連休、3日とも昼は外食だったのですが

1日目:タンタンメン
2日目:ボンゴレパスタ
3日目:煮卵ラーメン

見事に麺類だよ・・・今日はさすがに他のにしようと思ったけど値段とか見ながらなんか考えるのが面倒になってラーメンに落ち着いてしまった

次は違うもの食べよう(決意

nice!(0)  コメント(0) 

北鎌倉紅葉行脚 [旅行記]

IMG_7298.JPG

ぼちぼち良い頃かなあと思って出かけましたが、まだ少し早かったかもしれません。

一番日当たりの良い円覚寺でこんな感じで。十分楽しめますが、もう少ししてからの方が緋色が生えるんじゃないかなあというところ。

どうもここ数年鎌倉の紅葉時期は外してばかりですねー。12月タイミングがあればもう一回行ってもいいかもしれません。

さておき。

今日行ったのは長寿禅寺の特別拝観が来週までというのもあり、拝観してきました。

こちらもまだまだ青い感じですが、お庭は相変わらず静かに眺められる感じで好きです。

ちょいと出遅れたタイミングの時間だったので人が多かったのはまあしょうがない(笑

ですが、ずっといただき損ねていた御朱印いただけたのは嬉しかったです。


今回もサーッと行ってサーっと帰るつもりだったので、のぞいてきたのはこの二か所だけ。

建長寺も見たかったですが、まあ来月もし生けたら見てきましょうか。

相変わらずの済んだ鎌倉の空気は気持ちよく、楽しんでまいりました。

またなんでもない時に行きたいですね。
nice!(0)  コメント(0)