So-net無料ブログ作成

なんやかやでナイトウィザード2ndセッションでした [TRPG]

今回は石フリマ出店やら秋葉原での井戸端セッションなどなどと同じタイミングの過密スケジュールだったので準備期間があまりとれず。

機関というか脳みそのキャパシティの問題ですが。一度にあれこれは考えれ連からなあ。

そんなこんなで田中マキロンさんの参加希望を把握していなかったのは痛恨の極みです。

アナウンスも後手後手に回っていたし、反省です。


さて


そんな状況で伊s太のでシナリオの方も、いつもの公開用のちゃんとした状態ではありませんでしたが、セッションする分には問題ないところまでは持って行けたのでどうにかマスタリングしてきました。

みんなで季節のランチメニューを考えるという「おいそれほんとにナイトウィザードかよ」という平和な話でしたがこれもナイトウィザードです断言


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



ほらほらリンクだって貼っちゃうぞ(笑

今回時間もなかったので、いつも以上にプレイヤーに投げっぱなしジャーマンな運営でしたが、うちのメンバーはまあアドリブ力が高いので楽しんでいただけたのは何よりです。

今回のシナリオはまた公開版に仕上げて公開しますが、ちょっと埋めてない項目が多いので一週間以上はかかるかなあ

まあのんびりやっていきましょう。

今回は田中マキロンさんが自炊する方で、非常に具体的でユニークな料理のアイデアを出してくれたので大変盛り上がりました。

ある程度事前シミュレーションはしていましたが、GM想像もつかなかったメニューが飛び出してきて、話聞いてるだけでおいしそうで面白かったです。

クッキングシナリオ浜何か工夫して考えてもいいかなあ。

準備は不十分でしたが、みんなのおかげで大変エキサイティングで楽しいセッションとなり、よかったです。

さーてまた次のシナリオ考えなくちゃねえ。

お話閉じないといけないと出し、しばらくはナイトウィザードを続けようかなー

nice!(0)  コメント(0) 

シナリオ練りつつ #シナリオカキカキ [TRPG]

大筋は決まったけど細部はこれから。

色々アイデアも出さねばならんが、プレイヤーが楽しめるシナリオにしたいものですな。

今回もカードゲット系のギミックですが、そこから話をどう組み立てるか。

悩ましい
nice!(0)  コメント(0) 

秋葉原井戸端セッションでエイジオブギャラクシーでした [TRPG]

告知記事:https://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2019-04-20

今回もぎりぎりでどうにかプレイヤーが集まってくれたので開催出来ましたー(一息

いやはや、あとで知ったのですがゲームマーケットと日付がかぶっていたようで。

頭になかったとはいえ、日程が悪かったなあと思うことしきり。

他にもいろいろ反省点はあるので、次回から募集の仕方を少し見直そうかと思います。

次はモノトーンミュージアムで秋ぐらい、涼しくなった頃にできればいいいなあという感じです。


さてさて、今回はエイジオブギャラクシーでした。



参加プレイヤーは3名。

狐野さん、とむさん、てんちょー、です。

何気に卓ゲー部店長相手に遊ぶのは初めてだったり。

狐野さんは最初の頃に一度遊んで大変素敵なロールプレイをされていたのが印象深い。

とむさんとは初対面ですのでどんなプレイングされるのか非常に楽しみ。

どちらを向いても魅力的なプレイヤーにかもまれて盛り上がった、素敵なセッションとなりました。

シナリオは「銀河疾風サスライガー」を下敷きにしたロードムービー。

MAPに示された、銀河中の惑星をまたにかけ、それぞれの星で得られる手がかりを集めながら手がかりのカードをめくって探していくというギミック。

それぞれの惑星ではシュシュ様々なイベントを用意しています。

サスライガーのエピソードに倣って、唐突に出会った生き別れの兄弟姉妹が悲劇に見舞われていたり、宇宙怪獣に襲われて事故ったり、危険な宇宙船レースに挑んだりと様々です。

か弱いヒロインとして、力を失った九尾の狐の少女を出しましたが、ただいま絶賛放映中の「世話焼き狐の仙狐さん」のシロをリスペクトしたゲーム好き属性が付いたりして、喜んでいただけたようです。

狐野さんは、以前も使っていただいた猫侍、タロザエモンでプレイ。

凄腕の剣術で宇宙船をバッタバッタと切り倒しつつ、飄々とした素浪人として、ゆきずりの少女ヒロインに手を差し伸べる辺りはかっこよかったですね。

ラストバトルでの一刀両断はお見事でした。色々鋭い読みを見せていただいたのもGMとしてはやり取りが面白く、アドリブで応えるのが楽しかったです。

とむさんは、ひたすら宇宙怪獣に追われる巻き込まれ型のPCとして活躍。

名前がトリスだったので危うくトリスハイボールと呼ばれるところでしたが(笑)

記憶を失い、クール便でフリーズドライされて配送されてきた外見女の子として面白いロールプレイを見せてくれました。

細かいことは考えず、直感で突き進んでいく様は、コミカルではありましたが、いっそかっこよくすらありました。

エンディングでも良い感じでセッションを占めていただけたのは、GMとしてもありがたかったです。

さててんちょー。てんちょーはGMの陰謀により、OPで愛する妹を宇宙怪獣に食べられてしまうというひどい役回りとなりましたが、クエストで渡された”愛を取り戻せ”ミッションを信じ、復讐者でありながらお人好しでなんやかや気を回す、よい参謀役を務めてくださいました。

この辺気を回せるところはお仕事で店長やってらっしゃる部分が出たかなと思います。GM大変助かりましたわあ。

このシナリオは以前身内でプレイした時も、会心の出来と自負させていただけるシナリオでしたが、今回再プレイしてみて、やはり楽しめるシナリオだなあと思いました。

全てはプレイヤーの皆さんのおかげですが、またどこかで遊びたいです。


大変素敵な催しとなりましたことを、参加して下さった皆様、協力して下さった皆様に心より感謝いたします。


nice!(0)  コメント(0) 

シナリオのネタを考えつつ #TRPG #シナリオカキカキ [TRPG]

土曜日の準備もしなきゃ―ですが、まあ前日にやればいいのでひとまずシナリオの抗争の続き

鎌倉で六月と言えば紫陽花という単純思考に行きついたので紫陽花関連でいきます

みんなで紫陽花テーマのランチメニューを考える話

ギミック中心にしたけど、はてさてどうしましょうか


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0) 

石フリマの次は秋葉原井戸端セッションです [TRPG]

告知記事:https://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2019-04-20

例によってなかなかプレイヤー集まりませんが、開催予定です。

色々準備していきませんとなー
nice!(0)  コメント(0) 

【募集】第八回秋葉原井戸端セッションのお知らせ(5月25日開催分) #TRPG #TRPG_AOG [TRPG]

最終更新日:新規作成

さて、令和最初となる井戸端セッションの募集です。

今回は、引き続きスペースオペラTRPG、エイジオブギャラクシーを遊びます。



普段遊ばない人たちと、コンベンションとはまた違う、カジュアルな雰囲気でのんびりTRPGを楽しみましょう。

集合時間は午後1時とのんびり目の時間にしております。

午前中、秋葉原でお買い物などを楽しんだ後、気軽に立ち寄っていただければと思います。

参加方法など、詳細は以下の通りです。


-----------------------------------

☆ルールブックはお持ちでなくてかまいません★
 お持ちいただいた方が良いのはもちろんです

場所:
 秋葉原卓ゲー部さま(http://blog.livedoor.jp/siroyagi_katokan-tgc_akihabara/

参加費:
 秋葉原卓ゲー部さまの1卓貸切料金12000円を割り勘です。
 セッション時間が伸びた場合は追加料金が発生する可能性があります。

参加資格:
 ツィッターのアカウントを所持していること(GMとの連絡用です)

GM担当幹事:
 天下無敵の無一文(おきがるに、むいち、とお呼び下さい)
 https://twitter.com/takosuke2200
※質問や要望などお気軽にどうぞ

参加方法:
 秋葉原卓ゲー部さまのツィッターアカウント(https://twitter.com/TgcAkihabara
 および上記幹事のアカウントからからプレイヤー募集が行われていますので、
 そのツィートにレスをつける形でお申し込みをお願いいたします。

セッション見学について:
 今回はセッション見学の対応は致しませんので、予めご了承ください


★☆ お昼ご飯は必ず済ませてきてください ★☆

オマケプレゼント:
 当日はiPadでセッション録音しますので、ボイスメモを記念に配布します。
 ボイスメモの配布にはツィッターのDMを使用しますので、
 ご希望の方はあらかじめ幹事のアカウントをフォローしておいてください。

遊ぶシステム:
 エイジオブギャラクシー

使用シナリオ:
 銀河疾風さすらい旅

トレーラー:

◆今回予告!◆

銀河をさまよう大怪獣。追われる少女に事情を聴けば、2万年の因縁話にスリルが香る。
儚い少女と思いきや、とんだじゃじゃ馬、食えない根性気に入った!
広い銀河をまたにかけ、怪獣倒す、旅に出る。

エイジ・オブ・ギャラクシー
『銀河疾風さすらい旅』

LET'S GET TOGETHER リテイナー!
銀河に、君の碑文字を刻め!

●ハンドアウト

ハンドアウト(PC①以外はPC②もしくはPC③を選択すること)
ハンドアウト:PC①
キミは銀河をまたにかけて活躍する資格者だ。ハードな日々を送るキミの前に突然現れた“のじゃロリ”狐娘。なんでもこいつは、こいつを食おうと迫る宇宙怪獣から銀河中を逃げ回っているという。
自慢の腕を見込まれたキミは、少女から宇宙怪獣退治の依頼を受ける。話によると、おあつらえ向きにハードなミッションだ。待ち望んだトラブルを前に、キミのハートは熱く燃え始めた。
シナリオコネクション/関係:キュウビ/幼子

ハンドアウト:PC②
キミは碑文字†九尾の尾†を持つ資格者だ。キミと同じくこの碑文字を持つキミの大切な人は、突然現れた宇宙怪獣に食われてしまった。キミの大切な人は、もういない。
九死に一生を得たキミは復讐を誓い、この宇宙怪獣を追い続けている。
シナリオコネクション/関係:キミのヒロイン/故人

ハンドアウト:PC③
キミは碑文字†九尾の尾†を持つ資格者だ。ある日突然、キミは宇宙怪獣に襲われた。この宇宙怪獣は、どこまで逃げても、キミを食おうと現れる。
逃げ回っているうちに、この宇宙怪獣は、キミの碑文字を狙っていることが分かった。しかし、この碑文字はキミとは切っても切れない関係。このままでは、いつか宇宙怪獣に食われてしまう。
一体どうしたらいいんだ?どこかに救いの神はないものか?
シナリオコネクション/関係:宇宙怪獣殺生石/恐怖


PC間コネクション
時計回りに結ぶこと。

●ステージ

本シナリオのステージは、ナンソ・サトミ・コーポが所有する海洋リゾート惑星「ハリウッド」である。

●謝辞
このシナリオの執筆にあたり、大きな助けとなったTVアニメ「銀河疾風サスライガー」をはじめとするJ9シリーズ、コミック作品「世話焼き狐の仙狐さん」、「うしおととら」、ゲームアプリ「フェイトグランドオーダー」その他さまざまな創作作品に、一方的に感謝をささげます。

◆レギュレーション

●PCレベル:
 5Lv(経験点30点程度)

●キャラクター作成:
 コンストラクション
 (事前にPCデータを組んできてください
  システム未プレイの方はGMがPCデータを用意します)

●使用サプリメント:
 基本ルール+スターズエンド
 (基本ルールのみでプレイできます)

●推奨プレイヤー:
 ある程度TRPGプレイ経験のある人

●募集人数  :5人(2人から立卓)
 現在の参加人数:3人(卓成立)
 現在の参加者:
  狐野さん(https://twitter.com/foxwalk1
  とむさん(https://twitter.com/tom_m_soya
  てんちょー(https://twitter.com/TgcAkihabara

●日程と集合時間:
 2019年5月25日(土曜日)
 13:00集合

●想定プレイ時間:
 キャラ作成1時間
 実プレイ5~6時間
 ※セッション進行に寄りますが、1時間程度延長の可能性があります

----------------------------------

●過去のプレイ実績:

 第一回のプレイレポ:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2013-10-12-1

 第二回のプレイレポ:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2013-12-22

 第三回のプレイレポ:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2014-05-25

 第四回のプレイレポ:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2015-03-16
           http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2015-03-17

 第五回のプレイレポ:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2016-09-12

 第六回のプレイレポ:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2018-04-30

 第七回のプレイレポ:https://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2018-06-14

----------------------------------
nice!(0)  コメント(0) 

次はナイトウィザードのシナリオを描かにゃならんが [TRPG]


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



石フリマの準備で頭いっぱいだけど、6月には使うので考えないといけない

例によってネタがないが(笑

前回の続きだから、まあ何とかなるでしょ。

がんばがんばー
nice!(0)  コメント(0) 

今日はモノトーンミュージアムでPLしてきましたー [TRPG]

そんなこんなで久しぶりのプレイヤーやってきました。

なんかプレイヤーやった日記書くとき、大概久しぶりと書いてますが(笑

俺はPCのロールプレイに自信がない人なので、たいてい何か特徴を持たせてそれを軸にキャラを組み立てる(ので、たいてい一発屋になる)のですが、今回は、前に宣伝で見た、ピクサーだったかの赤ちゃんがマフィアのボスやってるみたいな映画が何か頭にあったので、ベイビーギャングのゴッドファーザーやってきました。

海森やりたかったので、シカゴの海からペンギンを引き連れ居るかに載ってさっそうと登場し、うちあげられて湖畔で干からび「み、水」というネタをかましてきました。あー楽しかった。

今回自前PCの最低年齢を更新しまして、なんと生後三カ月でやってきました(おいおい

まあ年齢はフレーバーなので、普通に渋い漢マフィアボスロールやってきましたが、ペンギンがいい味出してくれて面白かったです。また共演したいなー、ペンギンブラザースフォーティーエイト。

プレイヤーさせてくれた鬱狩りさんには感謝感謝です。持つべきものはGMやってくれる友人ですな(笑<ひどい言いようだ

四街道の方のセッションに2年ほど行けてないので、また行きたいところです。

次回大田会は6月開催を予定しています。

7月の会場も今日取ってきましたが、それはまた明日にでも記事にします。7月は一四日になります。

ではでは、皆様良いTRPGライフを!


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

なんやかやでモノトーンミュージアムセッションでした [TRPG]


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



直後に秋田出張とかあったので感想書くのが遅くなりましたが、先週の日曜日は、大田区でTRPGやろう会にてモノトーンミュージアムのGMでした。

使ったシナリオはこちら:https://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2019-03-04

最近実験的なシナリオばかり書いてますが、今回も実験的。

1セッションでシムシティ出来ねえかという無理難題を、以前エイジオブギャラクシーでひねり出したイベントダンジョンギミックでどうにかするという力業なシナリオです。

この仕組みは1個1個のイベントをどう魅力的にするか、がポイントに思われそうですが(もちろんそこもポイントなのですが)もう一つ、横軸としてイベント踏破が何かの瀬化に結び付くというカタルシスをどう仕込むかというのもポイントだったりします。

そのあたり可能な限りの工夫を入れてみましたが、どうにか、まあまあうまく機能したようです。

少なくともプレイヤーを飽きさせることはなかったようなので、一定の成功ではあるかなと思います。

今回PCに自由に動いてもらいつつも、最後はどんでん返しを仕込んでいたので、プレイヤー一同の選択がどうなるかドキドキしましたが、長考の末に、救のある選択をしてくれたので、素直に感謝です。

PC1も武蔵ちゃんは、FGOの武蔵ちゃんオマージュとのことでしたが、おかげでこちらもキャラの特性が把握しやすくて助かった部分です。

どの辺つつけば反応してくれるかがわかるというか、共通認識が作りやすいのは良いことですね。

PC2の紡ぎ手は、ドワーフということで街づくりモノづくりに様々に具体的な進言をしてくれたので、演出にリアリティが出たのは素晴らしく助かりました。この辺も感謝ですねえ。

PC3の賢者は、今回の敵役との因縁を持たされた立場でしたが、そこには割り切れない感情を抱えつつも、上記のように、最後には救いのある選択を、最初に言い出してくれたのが、ああ、やっぱりプレイヤー信じてよかったなあという感触。

素晴らしく盛り上がったセッションでした。プレイヤー一同には感謝しきりです。

次はナイトウィザード書くことになりますが、次回のGMはもう立候補がいることですし、少し時間をおいてから考えましょうかね。
nice!(0)  コメント(0) 

モノトーンミュージアム向け新作演目(シナリオ)「マチツクール」UPしました #TRPG [TRPG]


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



公開したものとしては13個目にあたる演目・シナリオをUPしました。

割とデリケートなテーマを扱ったシナリオですが、よろしければ遊んでみてください。

URL:http://www006.upp.so-net.ne.jp/takosuke2/
 →左のリンクボタンから「Suport」をクリックしてシナリオ名で検索してください。

参考に、トレーラーなど挙げておきます。

---------------------------------

◆今回予告!◆
かつて豊かな農業国として栄えた国は、伽藍の出現により一夜にして虚無に沈み、荒野と化した。
何もないこの土地に一人残された飢え死に寸前の少女と、一人の旅人の出会いが、大きな運命の歯車となって噛み合い始める。
ゼロから、いや、マイナスから始まる街づくり。その未来への1ページ目が、今記される。

モノトーンミュージアム
『マチツクール』
―やがて、異形は癒される。

ハンドアウト

ハンドアウト:PC①
キミは旅人だ。旅の疲れを癒すために立ち寄った、平和と聞いていた国は、すでに虚無に飲まれた様子で、一面の荒野と化していた。
無駄足だったかと踵を返そうとしたキミの耳に、助けを求める微かな声が聞こえた。飢え死に寸前の少女を助けたキミは、少女の話を聞き、ここを街として復興することを心に決める。
かくして始まる一大都市開発。果たして成し遂げることができるのか?
シナリオパートナー/関係:名もなき少女/庇護

ハンドアウト:PC②
キミは凄腕の紡ぎ手だ。君の古くからの戦友は、糸電話の向こうで死闘を繰り広げ、伽藍と相討ちになったようだ。君の救援は、間に合わなかった。
息せき切って駆け付けたキミの目の前には、かつて豊かだった農業国の慣れの果て、荒野が広がる。だが、この土地の復興を試みるという、酔狂な人物PC①に出会うことになる。
糸電話の向こうで戦友は、この街を愛している、後を頼むといっていた。ならばキミのなすべきことは、一つだけだ。
シナリオパートナー/関係:凄腕の紡ぎ手/故人

ハンドアウト:PC③
キミは“賢者の羽根”(P199)で教鞭をとる、冷や飯食らいの学者だ。かつては異端審問局の局長として辣腕をふるっていたが、かつては部下だった超タカ派の“死神審問長”ロヴェール・ホプキンスとの政争に敗れ、放逐された身の上である。上司として彼を正しく導けなかったことは、今でも複雑な感情を抱いている。
そんな君の下に、街づくりに協力してほしいという人物、PC①が訪ねてくる。どのみちここで腐っていても才能を持て余すだけだ。君は彼に手を貸すことにした。
シナリオパートナー/関係:“死神審問長”ロヴェール・ホプキンス/悔悟

PC間コネクション
時計回りに結ぶこと


イントロダクション

◆シナリオスペック
推奨PCレベル:3レベル
推奨サプリメント  :基本ルール+インカルツァンド+シェヘラザード、
        トレイメント+フィオリトゥーラ
推奨PC人数 :3~5人
推奨プレイヤー:TRPGに慣れた人向け
想定プレイ時間:5~7時間

◆ステージ
このシナリオのステージは、伽藍に破壊された都市の残骸、荒野とする。

◆謝辞
本シナリオの着想をくれた素敵なアニメーション作品「転生したらスライムだった件」、特撮作品「仮面ライダーオーズ」、そのほか様々なインスピレーションをいただいた作品たちに、一方的に感謝をささげます。

◆ストーリー
既に伽藍は倒された、街の残骸から話は始まる。
生き残りの少女と、今際の際に街のことを託した先人たちの遺志を継ぎ、紡ぎ手達が少女を中心に、伽藍に滅ぼされた街を再び起こす物語。
森から糧を得、人を集め、やがて街は、“左の地”始まって以来の奇跡、剥離の治療技術を完成させるに至る。聖教会の大僧正すら落涙したその技術は、しかし、異端審問局の逆鱗に触れる。かくして再生した街は、再び異形の災禍にさいなまれることになる。
ある意味モノトーンミュージアムの大団円を描くことになるかもしれない演目。

nice!(0)  コメント(0)