So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

東京国四阿ミネラル秋のフェア2018 [ホビー]

公式:http://tima.co.jp/
IMG_7022.JPG

転職先が試用期間でも有給休暇が支給されるという神のような職場なので、お休みをいただいて初日から行ってまいりました。

正直、今回の急な転職。時期的に秋の新宿ショーの初日はあきらめていて、すべてを12月の池袋にぶつける気でいたので。

参加できて大変うれしかったです。

とはいえ予算は抑えめに行くつもりではあったのですが、まあそれも砂上の楼閣となりました。

うーん、金遣い荒いのが直らないなあ。10月11月はなるべく緊縮で行かねば。

ともあれ今回お迎えした子たちはこんな感じです。

IMG_7017.JPGIMG_7058.JPGIMG_7070.JPG

今回は案外にスピネルが豊作で、たくさんあちこちにあるわけではないですが、変わり種を煮込みつけることができ、ぷちスピネラーとしては満足。

また今回買うつもりだったカラーレスクリソベリルルースのおかげで、カラーレスストーンのコレクションがコレクションぽくなってきました。

この辺は財布と相談しながら、今後もそろえていきたいですね。

日程的には明日まで開催しています。気になった出展者さんのスペースなどは、ツィッターの方にメモがてらにかいていますので、参考にしてみてください。


これで次の石イベントは12月の池袋ですね。

あとは11月のコミティアが楽しみなところです。
nice!(0)  コメント(0) 

新宿ショー楽しんでます [ホビー]

今日は先着の翡翠で満足した部分もありケースしか買ってませんが、見ているのは楽しく

明日も行くつもりですが台風がどうなるかですねー

危なくなさそうなら朝から行きます
nice!(0)  コメント(0) 

新宿ショー初日 [ホビー]

超楽しんできました。

明日明後日も行くつもりですが台風が気になりますな

さてはてどうなることやら
nice!(0)  コメント(0) 

毒ガス帯 [本と雑誌]


毒ガス帯―チャレンジャー教授シリーズ (創元SF文庫)

毒ガス帯―チャレンジャー教授シリーズ (創元SF文庫)

  • 作者: コナン・ドイル
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1971/02/12
  • メディア: 文庫




今月のSFノルマはサー・アーサー・コナン・ドイル

シャーロックホームズシリーズと並ぶ、ドイルの代表作です。

絶版なのでなかなか読む機会に恵まれませんでしたが、たまさか安価な古書が出ていたので読むことが出来ました。

収録は表題作のほか、3編で、どれも希代のマッドサイエンティスト、チャレンジャー教授が縦横無尽に活躍する物語です。

語り手は主に、彼の友人である新聞記者のまろーんが受け持つのは、ホームズシリーズでワトスンが語り手になる構図に似ていますね。

チャレンジャー教授は、控えめにいって人格破綻者なのですが、その発想と知能は二人知を超えたところがあり、まさに天才となんとやらは紙一重を字で行く変人です。

一方で、彼によくついていく妻には深く思いやりのある、揺るがない愛情を抱いているなど、人間臭いところもあり。

そのあたりのギャップが、読者も、枯野を取り巻く友人たちをひきつける魅力となっているのかもしれません。

表題作は、宇宙のエーテルに含まれる猛毒の霧の中に地球がすっぽりと覆われてしまう、人類滅亡の週末世界を描いた中編。

のっけからとんでもないテーマですが、彼と仲間たちは、勇敢に立ち向かってゆきます。

2編目は「地球の悲鳴」

地球を、巨大な一個の生命であるとみなした教授は、莫大な費用と労力をかけて地表という地球の生皮をはがし、下に生まれた「地球の肉」を一撃して、地表にうごめく細菌である人間の存在を、地球に知らしめようと試みます。

結末は、これまた驚天動地の話となるのですが・・・

最後の一遍は「分解気」

あらゆるものを原子のレベルに分解し、また再構成するという偉大な発明を成し遂げた、教授に勝るとも劣らないマッドサイエンティストと、チャレンジャー教授が対決する物語。これまた刺激に満ちた作品でした。


全編を通して、チャレンジャー教授という強烈な個性がけん引する物語、といった印象です。

文体や語り口などは、同時代のSF作家、ジュール・ヴェルヌにも似ている感じがしましたが、この辺りは時代の特徴なのかもしれません。

事件の奇想天外なアイデアの数々は予想もつかない感じで、当時よくもまあこんなことを考え付いたなあと思う次第。さすがホームズを生み出した作家さんですね。

非常に面白く、探したかいのある一冊でした。

同じく絶版のチャレンジャー教授シリーズ「霧の国」も、ぜひ読みたいですね。




nice!(0)  コメント(0) 

源:大森駅の鮮魚&寿司系飲み屋さん [食・レシピ]

IMG_6390.JPG


しばらく前に、食道楽の弟が見つけてきた近場のお店です。

元は寿司屋だったということで、お寿司をはじめとした鮮魚系が大変美味で、新鮮な感じ。

ビジネスパーソン向けなので、平日しかやっていないのが微妙に利用しづらいですが、それを補って有り余るおいしさと、スタッフの方々の心意気が楽しいです。

ここ数回の加治工のお祝いはずっとこのお店でして、近々「いい加減歳」ということで、廃業を決めた父のお疲れ様買いもここでやる予定です。

お近くの方は、ぜひご利用ください。
nice!(0)  コメント(0) 

艦これE5丙突破しました [艦これ]

最後沼るかと思いましたが、ギミックの存在に気付き解除したところ昨日突破できました。

やー長かった

丙難易度にも慣れてきたので過去に比べて比較的スムーズでしたが、そのせいかドロップはだいぶ渋いですね。

今日からE5掘りにに入ってますが、ゴトランドは出る気がしない(笑

欧州艦を増やしたいところですが、さて。

今日明日はE5掘って、その結果次第で今後を考えましょう。大東も欲しいしな
nice!(0)  コメント(5) 

週末は新宿ショーですね [ホビー]

ここ2カ月の砲塔の結果、だいぶ予算はさみし目になりますが、それでも楽しみです。

今回はやろうと思っていることがいくつかあるので、さて実現できるかどうか知らというところ

いろいろな人にお会いしたいですね
nice!(0)  コメント(0) 

艦これ秋イベE5攻略中 [艦これ]

先ほどようやく2ゲージ目の破壊に成功しました

いろいろ試しましたが、最終的には試行回数で夜戦カットインが旗艦に刺さるのを待つ流れに

運改修大事なんだなあ。でもまるゆそんなにいないしなあ

残りは最終ゲージです。

明日臨みます
nice!(0)  コメント(0) 

うーむE5 2ゲージ目きっつい [艦これ]

これは確かに殲滅できない。旗艦水上艦なのに随伴が地上艦かあ

うーむ
nice!(0)  コメント(0) 

#宝石銀ダイス の制作を再開しようかと [ホビー]

転職がうまく言ったおかげで、身辺も、また精神的にも落ち着いてきましたしね。

ここしばらくのミネラルショーや創作イベントで良い刺激を受けたこともあり、週末にdめお再開しようかと。

次に作るのは十面ダイスです。形は少し変則になりますが、うまく試作出来たら天然サファイアを埋める予定です。


週末は連休。まずはj部屋掃除して作業スペースを確保したのち、試作に入りましょうー
nice!(0)  コメント(0)