So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

今日はあんまりネタがない [雑記]

のでまあそんな日もあるということで
nice!(0)  コメント(0) 

バケツ一杯の空気 [本と雑誌]


バケツ一杯の空気 (1980年) (サンリオSF文庫)

バケツ一杯の空気 (1980年) (サンリオSF文庫)

  • 作者: フリッツ・ライバー
  • 出版社/メーカー: サンリオ
  • 発売日: 1980/01
  • メディア: 文庫



今月のSFノルマはフリッツ・ライバー

先日の神田古本まつり(https://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2018-11-03)で仕入れてきました。

タイトルは、スターレジェンドかエイジオブギャラクシーの特技名で見ていて、確か野田司令の著書でも紹介されていた覚えがあり。


スターレジェンド (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

スターレジェンド (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 銅 大
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 単行本




それが何となく頭に残っていたので手を出してみました。


さてさて。

内容は、表題作を皮切りとした、短篇、中編をまとめた一冊になっています。

印象に残ったのはやはり表題作で、天体運動のいたずらで、太陽を遠く離れた地球で、空気が凍結したなか、ひっそりと生き延びる一家を描いたという、終末世界にしても相当独特な世界観がなんとも言えません。

一家のお手製シェルター以外はすべてが凍結した世界で、暖炉を囲んで話にふける一家の、なんというか、温かいようでいて、もの悲しい狂気を感じるような、不思議な空気感がすごいですね。

中編では、自動でチェスを打つマシーンを囲んだチェス大会で描かれる、新旧織り交ぜたチェスプレイヤーと、チェスマシーンが巻き起こす悲喜こもごもを丁寧に描いた内容で、現代のアルファ碁の話題などに触れていると妙な感慨があります。

現代においても決して古いと感じる内容ではなく、むしろニュース報道でない分、人間臭いものが随所に描かれていて、なんとも面白かったです。

全体的に、テクノロジーやSF的な舞台設定を背景に、その中で生きる人々の、人間臭い部分を描いたところがとても魅力的でした。

この作家の本はもっと読んでみたいですね。また探してみましょうか。

新刊で見つかると良いなあ。

ともあれ素晴らしい読書でした。この本を伝えてくれた先達には心よりの感謝を。
nice!(0)  コメント(0) 

シャドウランセッションでした [TRPG]


シャドウラン 5th Edition (Role&Roll RPG)

シャドウラン 5th Edition (Role&Roll RPG)

  • 作者: ジェイソン・M・ハーディー
  • 出版社/メーカー: 新紀元社
  • 発売日: 2018/09/28
  • メディア: 大型本




鬱狩どんに誘われまして、突発で遊んできました。

SF好きなのでシャドウランは好きなゲームです。ただルールが複雑なのであまり自分でGMできる気はしないので、プレイヤーさせていただけるのはありがたいですな。

今回は魔法使いのサンプルキャラを使わせr手いただいて、JGC向けのシナリオを遊んできました。

新訳が出て気になっていたのを遊べたのも良かったですね。めっさ楽しくて、これはルールブック買いだなあと思いました。

いずれGMもしてみたいですね。

・・・

え、俺のキャラですか?

実に協力的でGMに喜ばれるキャラをしてましたよ?(笑

nice!(0)  コメント(0) 

ボジョレーヌーヴォー [食・レシピ]

昨日は飲んだくれて日記書くの忘れました(笑

今年も地元の酒屋に注文。珍しくボジョレー地方のヌーヴォーをいただきました(なら今まで何を飲んでいたのか(ボジョレーの時期のヌーヴォーだよ

白も買ってあるのでこれは何か良いことがあったときに飲みましょう。


nice!(0)  コメント(0) 

東京ミネラルショー2018まであと一カ月ですね [ホビー]

楽しみだなあ・・・

前売り券はばっちり買ってあります。

昨年はやたら妙な標本に縁があったので、今年も楽しみです。

さてはて、今年はどんな石に出会えるやら
nice!(0)  コメント(0) 

モノトーンミュージアム・ユーザーコンテンツが公開されましたね [TRPG]

URL:http://www.fear.co.jp/mono/mom_uc.htm

ひとまずおめでとうございます。

ちなみにうちは告知即日に、書き溜めた演目夜なべして12編ほど投げ込みましたが掲載ゼロ件です(涙

後から公開されたレギュレーションに引っかかった模様。それを察しろというのか公式よ。不採用ラインの線引きぐらい事前に見せてくれユーザーには見えないんだその線がー。

さておき。

たくさん投げたし1件ぐらい載るだろうとwktkしながら公開待っていたので大分ショックではありましたが、ツィッターでまーらいおんさんと話していて心の整理がついたのでまあいいかというあたり。

色々話してましたが、ポカミスを抜きにしても結論としてはうちのシナリオは公式に乗せるには筋が悪そうということですな。

クオリティも、公式の目に耐えるものじゃなかったということでしょう。

まあ変に自信持ち始めてたところだったから、水被るにはちょうど良いイベントだったかもしれません。

今後もシナリオは、引き続きひっそりと、ネットの片隅で公開するにとどめましょう。

あ、うちのポンチな演目はこちらからダウンロードできますので、よろしければ是非是非(もみ手)>http://www006.upp.so-net.ne.jp/takosuke2/support.htm


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

【大田区でTRPGやろう会】2018年12月分PL参加募集中です。#TRPG #モノトーンミュージアム [大田区でTRPGやろう会]

告知記事:https://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2018-09-13

12月分はモノトーンミュージアムの予定です。


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



トレーラーなどあげておきます。

-----------------------

◆今回予告!◆
むかしむかし、あるところに、灰かむりと呼ばれる、それはそれはみすぼらしい少女が、継母や姉たちにいじめられながら暮らしていました。哀れに思った神様は、少女に願いをかなえる腕輪を授け、少女の幸せを約束しました。
これは、そんな幸せを願う少女と、伽藍の腕輪の物語。次々に告げられる、少女の願いをかなえる御標は、世界をゆがめ、やがて虚無へと世界をいざなう。

モノトーンミュージアム
『灰かむりと願いの腕輪』
―かくして、物語は紡がれる。

ハンドアウト
ハンドアウト:PC①
推奨サンプルキャラクター:魔弾の射手
君は“青の双眼”(P209)でも指折りの魔狩人だった。しかし君の居たその組織はもう無い。ほかならぬ組織の司令“幸福の王子”オスカー・ワイルドが伽藍に落ちて自ら虚無へと沈めたのだ。オスカーは君自身の手で仕留めたが、彼を伽藍化したと思われる、不可思議な腕輪が行方不明だ。以来、キミはずっとその腕輪を探して旅をしている。
シナリオパートナー/関係:伽藍の腕輪/宿敵

ハンドアウト:PC②
推奨サンプルキャラクター:小さな英雄
キミは裕福な国に暮らす、ごく普通の町人だ。キミの親友である灰かむりの少女は、裕福な家庭に育った幸せな少女だったが、継母に財産を奪われ、今は継母と姉たちにいじめられながら、小間使いとして生活している。そんな彼女の助けになりたいと常々思っていたキミは、祭りの露店で“願いのかなう腕輪”という触れ込みのお守りを見つけた。気休めにでもなればと彼女に贈ったその腕輪。
まさかそれがあんなことになるなんて、その時は思いもよらなかったのだ。
シナリオパートナー/関係:灰かむりの少女/親友

ハンドアウト:PC③
推奨サンプルキャラクター:守護の騎士
キミは王宮の騎士、中でも王子の信認厚い、直属の親衛隊だ。ここしばらく、王宮は王子の妃選びで定期的に舞踏会を開いており、国中もそれに合わせてお祭りのような雰囲気に包まれている。
このような時こそ、不逞の輩が王子を害さないよう、目を光らせるのがキミの役目だ。
シナリオパートナー/関係:王子/忠誠



ハンドアウト:PC④
推奨サンプルキャラクター:針の魔女
キミは裁縫師組合に所属する裁縫師だ。伽藍狩りの旅を続ける君のもとに、裁縫師組合から連絡が入った。なんでも、中原に位置する、とある裕福な国付近でほつれが見つかったらしい。果たして今度はどのような悲劇を目にすることになるのか…。
沈みそうになる気持ちに活を入れ、キミは件の国に向かった。
シナリオパートナー/関係:アリア・B・コロラトゥーラ(P211)/ビジネス

ハンドアウト:PC⑤
推奨サンプルキャラクター:黒き災厄
キミは国外れの森に住む、ごく普通の魔女だ。ある日君に、灰かむりの少女を王宮の舞踏会に連れていくよう御標が下る。紡ぎ手であるキミは黙殺しようとしたが、恐ろしい勢いでキミは影を失い異形化してしまった。っていうか剥離値ヤバイ。ファッキン御標!伽藍化を避けるため、キミはやむなく御標に従うことにしたが、どうもおかしい。御標を達成しつつ、真相を調べねばならない。
シナリオパートナー/関係:願いの御標/ビジネス

PC間コネクション
PC①→PC②→PC③→PC④→PC⑤→PC①

イントロダクション

シナリオスペック

推奨PCレベル:3Lv
推奨サプリメント  :基本ルール+インカルツァンド+シェヘラザード、
        トレイメント
推奨PC人数 :2~4人
推奨プレイヤー:まったくの初心者
想定プレイ時間:4~6時間

IMG_6651.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

そんなこんなでナイトウィザード2ndセッションでした [TRPG]

今日は転職税口語のTRPG活動再開一発目ということで、大田区でTRPGやろう会でナイトウィザードのGMしてきました。


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



告知:https://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2018-08-26


まあTRPG活動再開は、もう少し前の予定ではあったのですが、企画していたモノトーンミュージアムがハンドアウト取得のもめごとで流してしまったのでね・・・

TRPGやってりゃよくあることですが。

年内はリハビリ期間ということで、GM募集はせずに自分GMで進める所存。

マスタリグのリハビリしたいのと、外部GM入れたときの調整に気が回せるほど余裕がないというところで。

今回はUP済みのシナリオを使用。いつもの鎌倉ナイトウィザードですね。

第三シーズンで進めた話(まあシーズン意識してるのはGMの俺だけで、PLにはあまり意識しないで遊べるようにしています)も、ぼちぼち畳にかかる時期なので、突然大ボスを出してみたり。

孔雀王で印象に残ったオモイカネなどをチョイスしてみましたが、差す場年季の入った面綱だけあって早々にばれましたな。

構想では、あと2話ぐらいでたたもうかと考えてますが、次回であっさりたたむかもしれません。

さておき。

今回は氷野さんおレギュラーキャラを筆頭に、鋼鉄の錬金術師さんおいつもの蟹使い、鬱狩さんの毒島シリーズなど、ネタ多めの陣容でしたが、GMもGMでリハビリモードだったのでプレイヤーに丸投げの勢いでマスタリング。

おかげさまで8割がたPLの協力のおかげで、笑いの絶えないセッションになって楽しかったです。

ナイトウィザードやるとやはりダンジョンシナリオをやりたくて、久しぶりのプレイの今回はダンジョンシナリオ。

トラップ類の悪辣さ(おい)は初級編な感じではありましたが、それでも毛こう楽しんでもらえたので良かったです。

次はもっと意地悪なトラップ仕掛けたいなあ。

nice!(0)  コメント(0) 

【大田区でTRPGやろう会】2018年11月分終了報告 [大田区でTRPGやろう会]

幹事からのお知らせです。

大田区でTRPGやろう会、復活一発目の11月分無事に終了しました。

今回は幹事のナイトウィザード2nd1卓が成立。

PL参加は鬱狩さん、鋼鉄の錬金術師さん、氷野さんでした。

GMとしても久しぶりのセッションとなりましたが、プレイヤー陣の協力もあり、笑いの上の大団円となりました。

今回も運営に協力してくださった方々、参加してくださった
皆様に最上級の感謝を。

よろしければ、次回もよろしくお願いいたします。



ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0) 

上野の森美術館・フェルメール展 [旅行記]

公式:https://www.vermeer.jp/

世界に33点しかないフェルメールの絵画。

うち9点(同時展示は8店)が日本で見られるという展覧会です。

母上が行きたいというのでチケット取っていくことに。

元々は先週行こうとしていたのですが、日付と時間指定のチケットが事前に必要ということで今週にずれ込みました。

公式がそれだけ混雑対策するだけあって、まあ人の多い・・・

大分な混雑でおりました。

ともあれちゃかぽことお出かけです。展示室は大変混んでおりましたが、それでもじっくり時間をかければ間近で見られますので少し頑張ってきました。

どれも素敵でしたが、見た中ではワイン、牛乳、紅い女が好きだなあと思ったのでクリアファイルをお土産にIMG_7281.JPG

お昼は少しごちそうを食べたり、腹ごなしにアメ横を散策したりと楽しい休日でございました(^^)

来年まで上野でやっていますので、お暇な方はぜひご覧ください
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -