So-net無料ブログ作成

神田古本まつり&神保町ブックフェスティバル [本と雑誌]

先日より神田で開催されている古本祭り。今日の連休からは神保町ブックフェスティバルと合体して大規模な本のお祭りになっています。

神田古本まつり公式ツィッター:https://twitter.com/kanda_kosho

神保町ブックフェスティバル公式:http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/3936/Default.aspx
IMG_5530.JPG
あまりネット界隈の広告に力を入れていないイベントですが、要するに神保町の駅の周りで古本や新刊が舞い踊る、俺らのような活字ジャンキーには夢のようなお祭りです。

昨日の不採用の連絡から、割と本気でへこんでいて、腰が抜けたような状態だったのですが、これじゃいかんと、心の整理をつけるためにも外に出かけるかという感じでお出かけしてまいりました。

まあ、お出かけと言っても、そろそろ切り詰めて行かないと色々不味い状態なので、ほぼ冷やかしのつもりで。

でも少しだけ自分を甘やかして、少しだけお小遣い持っていきました(笑

学生時代、あの辺の予備校に通っていたので土地勘はありましたが、何気にまともに古書店巡りするのは初めてなので、特に下調べとかなしに散歩を楽しむ感じで神保町へ。

古本まつりの方は古書中心に、一部古い玩具や、多分蔵書印なのかな?でっかい石の印鑑などもありました。

古書ってのは探し方知ってる人なら、分類とかの法則を見抜けるのでしょうが、僕のような素人は並んでいるものを端から見ていくぐらいですので、検索効率は悪いです。

ですが見ているだけでも楽しいものですね。

近年、電子化の波で活字離れが騒がれて久しいですが、この催しに出かけてみると、驚くほどの人出が出ていて、みんなマニアですから一度陳列棚の正面に陣取ると、念入りに探すのでなかなか動かないで、いつしか黒山の人だかりに、といった青空店舗もざらでした。

流した経路としては、神保町の駅から郵便局方面に大通り沿いの古書棚を眺めてから、さくら通り、すずらん通りの出店屋台やブックワゴンを眺めていく、といった感じ。

ブックフェスティバルの方は、新刊書籍の安売り中心といった感じ。

神保町といえばカレーの街ということで、屋台では数々の腕自慢のカレー店が自慢の逸品を携えて、盛んに呼び込みをしているので大変活気がありました。もちろんカレー以外のメニューも充実しています。

いいにおいがしてきたところで、おなかも減ったので、せっかくだしどこかカレー店に入って食べるかあ、ということで少し歩いて、牛筋煮込みカレーを見つけて食べたらおいしかったです。辛さもちょうどよく、味も深みがあって、牛筋がトロトロでおいしかったです(^^)さすがカレーの街だなあ。

おなかも膨れたおかげか、戻った青空店舗で良い出会いが。

今回は、一応の目安として、石の写真の本(カイヨワとか見つかるといいなあ)と、ずっとのんびり探している古地図、後は小説と資料本辺りを探すかなというものを持っていたのですが、小説の方でいいものが。

相場よりだいぶ安かったのですが、それでも値が張るのでもう少し歩いて考えるかと一度棚の前を離れ、てくてく歩くと今度は国立科学博物館の石の本が目に留まりました。


鉱物観察ガイド (国立科学博物館叢書)

鉱物観察ガイド (国立科学博物館叢書)

  • 作者: 松原 聰
  • 出版社/メーカー: 東海大学出版会
  • 発売日: 2008/03/01
  • メディア: 大型本



めくった感じ、内容も充実で良い本でしたので、これも頭に置きながら、もう一回りして、例の書棚に戻り、物色。小説と、石の本を両方買うか、少し割合を増やして貴重な小説を1冊買って今うかしばし悩みますが、石の本は新刊でも手に入るということで、絶版の小説の方を買うことにしました。

行の電車、帰りの電車では求人票を熟読して応募を出しながら(今ではモバイルでもできるのですよね)の道行きでしたが、それ自体も次に向かう心の整理にできたので良いお出かけでした。

そうそう、神保町ではこんなのもやっていました。

IMG_5531.JPG

開催期間はこんな感じです

IMG_5532.JPG

刀剣乱舞好きな人は、押しの刀剣の足跡をなぞる古書を探しながら、まつりの神保町を散歩する休日を過ごすのも、いいかもしれませんね。


さてさて、今回の出会いはこんな感じ。

IMG_5534.JPG

僕のような、新参のSF読みにとっては宝石のような、価値と憧れを持つ伝説のレーベル「サンリオSF文庫」から一冊、アレッホ・カルペンティエールの「バロック協奏曲」をお迎えしてきました。

IMG_5535.JPG

背表紙がちゃんとサンリオSF文庫です。

IMG_5536.JPG

伝説は数々聞いてはいましたが、実物は初めて見ました。しかも自分の手元にあるなんて、夢のようです。大切に読もうと思います。今月のSFノルマ、再開の一冊はこれかなー。

他にバロウズの「ノヴァ急報」と「爆発した切符」もあって、面白そうで大分迷いましたが、ググってみたら、これは4部作ということだそうなので。

いずれ、4冊と出合うことを願いつつ、あえてページ数の少ない、140ページちょっとのこの本にしました。

サンリオSF文庫のサンリオは、あのサンリオです。

昔はかわいいキャラクターグッズだけでなく、出版もしていたのですよー。

もうひとつ、フレドリック・ブラウンの「シカゴ・ブルース」。

IMG_5537.JPG

こちらは大好きな作家ですが、新しい版も出ているので。


シカゴ・ブルース (創元推理文庫 146-15)

シカゴ・ブルース (創元推理文庫 146-15)

  • 作者: フレドリック・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1971/01
  • メディア: 文庫



単にお買い得品としてw

おかげさまで、合わせてお小遣いの範囲で買えました(^^)

バロック協奏曲は、アンケートはがきやチラシ、補充注文カードも残っていて、帯以外は完品という奇跡の一冊です。前の持ち主から受け継いだ状態で、大事にしないとなあ。

良い散歩になったと思います。

古本屋を覗くのは好きです。ただ近所の商店街にあった古本屋がなくなってからなかなか機会がなく。

今日は出かけて良かったです。楽しかったし、本のにおいに包まれるのはいいですね。

そして帰宅したら、嬉しい贈り物があり。

次のスタートにするエネルギーをもらえました。

今日は、よい一日でした(^^)

nice!(0)  コメント(0) 

先週の面接は不採用でした [退職と転職]

スキルも経歴も合致するから結構期待してて、面接から丸一週間と二日待たされたから期待は大分膨らみましたが。

不採用でした。不採用ならもっと早く連絡して来いよなー。失礼な会社だ。

こりゃあ就職は来年以降になるかもなー。蓄財持つかしら。その前に日干しになるかしら。
nice!(0)  コメント(0) 

ナイトウィザード2nd用新作シナリオ「鎌倉魍魎戦記3第四章 ドワーフはシールドがお好き?」UPしました #TRPG #シナリオカキカキ [TRPG]


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



お久しぶりの更新です。

就職活動の傍ら、リハビリがてらに書き上げたシナリオをホームページにUPしました。

URL:クラウソラスOnline:http://www006.upp.so-net.ne.jp/takosuke2/
 →左側のボタンリンクから「Support」を選択し、シナリオ名で検索してください。

ナイトウィザード2ndではかれこれ22本目のシナリオになります。我ながらよく書き溜めたもんだ。まだまだ書きますが―。

例によってランダム要素多めのバカシナリオです。気楽に遊んでゲラゲラ笑っていただければこれ幸い。

11月中に就職できていれば12月に大田会を開催しるので、その際にプレイすることを見込んでいます。

参考にトレーラーなど載せておきますね。

-------------------

◆今回予告!◆
多くの寺社仏閣が軒を連ね、観光客がひっきりなしに訪れる街、古都・鎌倉。だが、その街は裏の顔を持っていた。無秩序に乱立した霊的建築物が生み出す歪みにより、各所に裏界への門を持つに至ってしまった魔都。危うい均衡が少しでも崩れれば、夜の鎌倉は、瞬く間に魑魅魍魎が闊歩する混沌の街へと変貌する。その筋のモノたちは、この街をこう呼ぶ。「魍魎都市・鎌倉」と。
湘南発の新たな流行のトレンド、一家にひとつ、ラージ・シールド。鎌倉では良くある風景と思われていたが、実は新たな世界滅亡の危機の到来であった。祖父の暴走に心を痛める孫娘の助けを求める声に、ウィザード達が立ち上がる。

ナイトウィザード 第XX話
「鎌倉魍魎戦記Ⅲ 第四章 ドワーフはシールドがお好き?」

紅き月が昇る夜。百鬼夜行の幕が開く。

ハンドアウト
ハンドアウト:PC①
珍しく平和な鎌倉の小町通で、キミは一人の少女と出合う。オロカと名乗った少女は、なんでも狭界ラビリンスシティ出身らしく、表界に飛び出して行ってしまった身内を探しているという。
狭界がらみとなれば、ウィザードであるキミには見過ごせない。キミは少女の相談に乗ることにした。
シナリオコネクション/関係:オロカ/庇護

ハンドアウト:PC②
キミはアンゼロットの信任篤い、優秀なウィザードだ。
今回の任地は鎌倉。小規模だが世界結界に亀裂が入り始めているらしい。世界滅亡の危機となれば、優秀なキミの出番だ。どのような事態でも解決してみせる。キミは気を引き締めて、アンゼロットの言葉を待った。
シナリオコネクション/関係:アンゼロット(P226)/上司

ハンドアウト:PC③
ここしばらく、鎌倉は事件もなく平和な日々が続いている。キミは北条まさこと茶飲み話をしながら、平和なワイドショーの流れるTVを眺めるともなく眺めているのだった。
シナリオコネクション/関係:鎌倉探題 or 北条まさこ

PC間コネクション
時計回りに結ぶこと。

イントロダクション

シナリオスペック

推奨PCレベル:5Lv+経験点40点程度
推奨サプリメント  :
 基本ルール+スクールメイズ
 ラビリンスシティ、ソウルアーツ、ファー・ジ・アース
 レッドムーン、ネヴァーサレンダー
 “まっぷる”“るるぶ”などの鎌倉旅行ガイドブックが有れば尚善し
推奨PC人数 :2~6人
推奨プレイヤー:ナイトウィザードに慣れた人向け
想定プレイ時間:4~6時間程度

ステージ

本シナリオのステージは、神奈川県鎌倉市である。


nice!(0)  コメント(0) 

台風一過 [雑記]

ということで、主に家事に追われる一日でした。

待っている連絡は今日は来ず。さてなんとしても吉と出てほしいのだがどうなのかなあ。

明日は少し出かけます。
nice!(0)  コメント(0) 

ナイトウィザード2ndの #シナリオカキカキ [TRPG]


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



今日は台風で動けないので、一日シナリオ作業かなー、と思いきや。

明石さん二号がネジを根こそぎ溶かしてくれたので><

ろ号作戦がんばっておりました。日記書き終えたら潜水艦任務の方クリアしてネジ補充しようかと思ってます。

とはいけ昨日今日で結構執筆を進めていたおかげで、ミドルフェイズの半分ぐらいまでは書きましたよ、と。

後半ギミックを仕込むんですが、愛ではあるので細部を詰める感じ。エクセルの方でシートも作らねばならぬかもしれぬ。

まあ先の見通しが立ちつつあるので、明日また書き進めましょうかしらね。

nice!(0)  コメント(0) 

かみさまのいる景色 [アニメ・コミック・ゲーム]

水月とーこさんの新作、WEBコミックです。

URL:https://cycomi.com/title.php?title_id=52

水月とーこさんの新作で、私の好きなファンタジージャンルということで、久しぶりの読書感想文第二弾はこれで行きましょうか。

さてコミック。拙者漫画は紙媒体でないと読みにくい侍故、書籍化されるのを楽しみにしておりました。

それでもWebのほうで3話ぐらいまでは読んでいたので、世界観や導入は把握しており、結構好みだったので楽しみにしてましたね。


舞台は空に浮かぶ島、アイル島。

そこで、かけだし女神をやっている新米のトトと、お目付け役の太った鳥の神使のゴロスケが主な主役となります。

この世界では空にいくつも島が浮かび、その多くに神様がいるようです。神様は定期的に集会などを行い、お互いに情報交換したり、資格の認定制度などもあるようです。

文化レベルは中世欧州といったところで、自転車はありますが蒸気機関などの機械的な物は、今のところ出ていません。

全体的に、ほのぼのとした豊かな農村が舞台といった感じの雰囲気です。


さて主人公のトトですが、裏表のない元気娘で、割と体当たりで神様の職務に当たり、その天真爛漫さから島の人々にも愛されているようです。

同期(多分)の神様である、別の島の新米女神、サクラにも大分好かれているようで、人を引き付けるカリスマがあるのかもしれませんね。そのあたりは神としての資質はあるように思います。

が。

元気いっぱい過ぎて派手に失敗したりも日常茶飯事なので(笑)そのあたりがお話に花を添えて面白い起伏を作り出していると思います。

1巻の内容は、トトの活躍を通して、彼女のキャラクター性と、神様の役割など、世界観の説明になっている感じです。ただ、あくまでトトがメインとなる視点ですので、世界観がどの辺まで彫り込まれているかは今のところはわかりません。

まあその辺深読みするよりは、気楽に日常ファンタジーものとして楽しんで読むのがいいかもしれません。肩ひじ張らない感じはとーこさんらしい作風で良いですね。

さてそんなほんわかなお話ですが、目を見張るのが背景や美術の書き込みです。

「がんばれ!消えるな!!色素薄子さん」の頃からそうでしたが、この方の作品は背景の書き込みや美麗さが群を抜いておりまして、力を入れているのだなあというのが感じられます。

一部、背景が凄すぎてトトが埋没しているページもなくはないですが(笑


今のところは、トトの明るい面が押し出されて描かれていますが、こういう子は得てして心に闇を抱えていたりすることもあるので、今後そのあたりも描かれていくのでしょうかね。1巻の内容でも、そのあたりをにおわせている描写がなくもないので。

そのあたり、今後が楽しみですね。

良いマンガでした。少し心をゆっくりさせたいときに読むのがいい作品だと思います。

かみさまのいる景色(1) (サイコミ)

かみさまのいる景色(1) (サイコミ)

  • 作者: 水月 とーこ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/10/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

もやもやしぃの金曜日 [雑記]

特にネタは無いので雑記モード。

火曜日の面接の結果が昨日来なかったので、今日来るかなーとそわそわしていた一日でした。いや昨日もそわそわしてたんだけどね。昨日は面接あったからね。

落ち着かないけどまあ晴れたし、何かやってればきもまぎれるかと、母に頼まれていた、台所の換気扇を掃除。こってりこびりついた油と格闘して半日が過ぎました。

換気扇はピカピカになりましたが、結局面接の結果の連絡は来なかったので、えーとおれこのもやもや抱えたまま週末過ごすのかよと。土日に結果来ることはないだろうし。

うーんまあこればかりは相手のある事だから待つしかないですね。うーんモヤモヤ。

他は艦これやりつつ石屋さんのサイトの更新を眺めたり。

他は家事いろいろ。平和な一日でした。

貴重な晴れ間は有効活用できたかなと。


明日明後日は暇ですがどうしましょうね。台風来るし、家でシナリオでも書いていましょうか。

nice!(0)  コメント(0) 

今日は面接でした [退職と転職]

一昨日の面接の結果連絡が気になりつつも、通った面接にはいかないと可能性も広がりません。

今回はあまり期待していない会社だったのですが、話してみると案外にまともそうだったので、やっぱ会社さんってのも話してみないとわからんものだなあ、と。

ここまで書くといい話のようですが、それ以前の問題でかなりあり得ないなあという面接でした。

面接官とマンツーマンで話すタイプの面接だったんですが、この面接官(役職クラスの人ね)がマスクして入室してきたのを見て目を疑いましたな。

風邪ひいてるんだそうです。いや風邪ひいてるんなら休めよ誰かと交代しろよ俺に風邪うつすんじゃねえよマンツーマンで距離近ぇんだよと。

この会社は風邪ひいても休みも取れない会社なのかと思いましたよ。かなりありえねえ。

まあでももしかしたらいいお金出してくれるかもしれないので選考は進めますが。

面接の感触自体は悪くなかったですが、正直なんだかなあ。

まあ結果を待ちますが、あまり行く気はしない会社さんですな。
nice!(0)  コメント(0) 

奇妙で美しい石の世界 著:山田英春 [本と雑誌]


奇妙で美しい 石の世界 (ちくま新書 1263)

奇妙で美しい 石の世界 (ちくま新書 1263)

  • 作者: 山田 英春
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2017/06/06
  • メディア: 新書



久しぶりの読書感想文になりますね。

僕がパエジナストーンをはじめとした模様石にハマるきっかけとなったコレクター、山田英春氏。

先日、氏の貴重なコレクションの放出が始まり(取材旅行の資金の足しにするんだそうです)、縁あって素敵なパエジナを分けていただいたのを機に、著作の方も読んでみました。

フルカラーで色とりどりの美しい石の写真を大量に収録している割には新書レベルの価格と、お値段的にもだいぶ良心的な一冊です。

内容は、主に瑪瑙を取り扱っています。産地によって種々様々な形式を見せる、色とりどりの瑪瑙。その産地ごとのエピソードや、ご自身の最終体験。ストーンハンターと呼ばれる発見者たちの足跡など、石に取りつかれた人々の悲喜こもごもと合わせて楽しむことができます。

瑪瑙はもともと好きな石で、好きなブレスレット工作でもよく使ううのですが(僕が使ってるカラフルな瑪瑙はおそらく染め瑪瑙になるのでしょうが)断面の景色を楽しむカットノジュールや、岩塊そのものの面白さなどは門外漢でしたので、瑪瑙の新しい魅力を教えていただける内容で面白かったです。

特に興味をひかれたのは、ストーンハンターと呼ばれる、採掘地を発見した人たちの足跡です。単位コレクターとしてミネラルショーで眺めているだけで走りえない、石にまつわる人の話。

華やかで高額な石の世界とは裏腹に、その多くは金銭的には不味しく厳しい人生を送っていたり、意志の知名度に反して発見者の情報はほとんど何もわからなかったり。

そこにどのようなドラマがあり、欲と人間模様が描かれたのか、石に記録された地球の記憶と違い定かではないものが多いのですね。あれこれ想像をたくましくしてしまいますが、この人たちがいなければ、これらの医師たちは僕らの目に触れることはなかったわけで。

正しく、冒険者の一生が、あったのだと思います。


石の詳細に関しては、瑪瑙の生成過程と共に模様ができる仕組みを解説してあったり、知識師としても得難い内容となっています。これがまた地球の大地のドラマを写し取っているようで面白いのです。

パエジナに関しては、その産地の事や歴史など、いくらかは知っていましたが詳しくは知らなかった話が網羅されていたので大変興味深かったです。

有史以来、さまざmな論争の的になった、化石やパエジナなどの「自然にはできそうもない姿かたちが写し取られた石」の歴史などは特に面白く。

僕の趣味であるTRPGでよくファンタジーの世界を取り扱いますが、そちらのシナリオに使えそうなエピソードなどもあって面白かったです。この辺、そのうちシナリオに仕立てたいなあ。


そして、何よりも魅力的なポイントは、豊富に収録された、各地の瑪瑙、パエジナ、セプタリアン、クリソコラ、などなどの、模様石の写真です。

その美しさ、不可思議な模様など、とても自然にできたものとは思えず。

人ならざる神の作りたもうた、と昔の人が信じたのもうなづける気がします。とてもきれいですね。

特に目を引いたのは、チャロアイトと呼ばれる、萌える紫の炎を閉じ込めたような激しい模様の石です。

もしお目にかかる事が出来たら非常な幸運と言えそうな希少な石ですが、こんな模様石なら大物でも一つ買って、部屋に飾っておきたいですねえ。




上述の、分けていただいたパエジナの写真、貼っておきます。
IMGP7593.JPG
本書では19ページ辺りにこのタイプのパエジナの写真が載っております。
nice!(0)  コメント(0) 

今日は面接でしたー [退職と転職]

これまでとは違い、割と真剣に「入りたい」と思えた会社でしたので頑張ってきました。

先日より受講している面接講座で学んだことも踏まえて、時間をかけて準備していきましたが…

アピールはできたし、印象もたぶん悪くなかっただろうという感触が半分、面接講座で指摘された悪い癖(話が長い)はまた出たとも思うので、そのあたりも含めてどう評価されるかだなー。

後はほかの候補者、要するにライバルたちと比べrてどうかという。

会社としては話した感じ、期待通りにしっかりしていた感じですので、入れれば色々期待できるかなーとは思いました。やり甲斐とかね。


ともあれしばらくは結果待ちです。

今日はゆっくり休みます。
nice!(0)  コメント(0)