So-net無料ブログ作成
検索選択
デジタル・インターネット ブログトップ

OCNブログ人からSonetブログへの引っ越し日記 [デジタル・インターネット]

あまり誰にでもできる内容ではないですが、それなりに苦労したので自分メモを兼ねて記事にしておこうかと。

そもそもはブログ人のサービス終了っつー厄介な話が出てきたのが五月。

引っ越しに関する詳細が出てくる9月までのんびり待って増してその内容を見たのですが、gooブログ以外への引っ越しにはかなり面倒になることがこの時点で分かりました。

最初は特に気にせずgooブログさんにしようかとも思ったのですが、これOCN直営かと思ったらどうも違うっぽい。

ただでさえ多いアカウントをこれ以上増やしたくないのもあって、プロバイダにしているSo-netさんにブログサービスがあるはずだと思って探してみたらあったのでこれにすることに。

さて公式の移植ツールがサポートされてない宛先なので、記事はともかく、画像の引っ越しができない。

うちのブログは感想記事半分、TRPG記事半分、そして写真記事半分(あれ、計算が合わない)ってとこなので写真の引っ越しをどうにかできないかとがんばってみたのが今回の記事です。


まあぶっちゃけ簡単にはどうにもならんのですが(おい


今回はこんな手を使ってみました。

まず、OCNブログ人の記事データを引っこ抜きます。

これは公式Q&Aにも載っている方法でできます。記事を引っこ抜きたいブログの管理画面から、「読み込み/書き出し」タブに移動して「記事を書きだす」の項目を使えばOK。

これで過去の記事を一通り吸い出せます。俺の場合は締めて2152件。書きも書いたりですなあ。

全チェックはしてませんが、これがMovableTypeとかいうよくわからない形式で全件吸い出せるっぽい感じです。良くわからない形式ですがテキストファイルなのでどうとでもいじれます。

こいつをSo-net側の「記事管理」タブの「インポート・エクスポート」からインポートすれば記事は移植できます、が、割と失敗と表示されます。

失敗と表示されますが記事は上がってるみたいなので、二回三回と試すと同じが多重に投稿されちゃうので、注意です。

インポートした記事が全部反映されるには時間がかかるようなので、しばらくまって記事数をチェックして、足りないようならブログごと消して再投稿とします。

で、ここで注意したいのが、先述した画像ファイルのアドレスです。

そのままインポートすると、このアドレスがOCNのアドレスのままなので、OCN側のファイルが消されてしまう11月30日にはすべてリンク切れとなってしまいます。

なので画像ファイルをSo-net側に移植しなければなりませんし、インポートファイルのアドレスもSo-net側のアドレスにしないといけません。

いろいろ試しまして、So-netブログは画像を1件ずつアップロードすればファイル名がそのままでアップロードされることが分かりました。

最大10件まで一緒にアップロードできる仕様ではありますが、これを使うと(おそらくファイル名の重複を避けるために)ランダムのファイル名になってしまうので都合が悪いです。なので1件ずつアップロードします。

そのためにはOCNの方から画像をダウンロードしないといけません。

先のインポートファイルから、画像ファイルのアドレスを全部引っこ抜きます。

後で考えるとこの時点でプログラム組んだ方が早かったのですが、今回はテキストエディタのGrepツールを駆使して一通り画像ファイルのアドレスを引き出しました。

うちの場合はこれが1043枚。

画像ファイルに関しては、この引っこ抜いたアドレスを適当なダウンローダーツール拾って来て食わせてダウンロードすれば一通り抜き出せます。

次にインポートファイル内のアドレスの置換ですが、これはもうプログラムを組みました。OCNの画像ファイルのアドレスは日付で分けられているので、一括置換ではいかないのですね。

超手抜きですが、こんなC#コードを組んでVisualStudioeExpressでビルドして実行。

-------------------------何か呼び出す関数の中-------------------------

System.IO.StreamReader sr = new System.IO.StreamReader(@"F:\TRPG\天下無敵の独り言バックアップ(20140905) - コピー.txt");

List<string> lines = new List<string>();
string line = sr.ReadLine();
while(line != null)
{
    lines.Add(line);
    line = sr.ReadLine();
}
sr.Close();

// 格納フォルダ置換
for (int i = 0; i < lines.Count; ++i)
{
    if (lines[i].Contains(@"ブログ人側の画像格納フォルダのアドレス") == true)
    {
        string taihi = lines[i];
        string[] sp_split = lines[i].Split(new char[] { ' ' });

        // おおもとのイメージ置換
        for (int j = 0; j < sp_split.Length; ++j)
        {
            if (sp_split[j].Contains(@"ブログ人側の画像格納フォルダのアドレス") == true)
            {
                string[] sl_split = sp_split[j].Split(new char[] { '/' });
                sp_split[j] = string.Format("src=\"So-net側の画像格納アドレス{0}", sl_split[sl_split.Length - 1]);
                Console.WriteLine();
            }
        }
        // サムネイル置換
        for (int j = 0; j < sp_split.Length; ++j)
        {
            if (sp_split[j].Contains(@"ブログ人側の多分サムネイル画像格納フォルダのアドレス") == true)
            {
                string[] sl_split = sp_split[j].Split(new char[] { '/' });
                sp_split[j] = string.Format("src=\"So-net側の画像格納アドレス{0}", sl_split[sl_split.Length - 1]);
                Console.WriteLine();
            }
        }

        StringBuilder sb = new StringBuilder();
        for(int j=0; j<sp_split.Length; ++j)
        {
            sb.Append(sp_split[j]);
            sb.Append(" ");
        }
        lines[i] = sb.ToString();
        Console.WriteLine();
    }
}

//ファイル書き出し
System.IO.StreamWriter sw = new System.IO.StreamWriter("Upload.txt");
for (int i = 0; i < lines.Count; ++i)
{
    sw.WriteLine(lines[i]);
}
sw.Close();

--------------------------------------------------

OCN側は画像ファイルのアドレスが分かれてますがSo-net側は同じフォルダに格納されるみたいなのでこれで行けます。

これでインポートファイル内部の画像へのアドレスがSo-netにさしかわるので、こいつを先述の方法でSo-net側にインポートします。

そして画像は・・・

1枚1枚手作業でアップロードしていきます(笑

いやこれこそプログラムでどーにかしたかったんですがコード解析してでっちあげるのもめんどかったので、4日ぐらいかけて千枚超のファイルをちまちまあげておりました。

大分疲れましたが、以上の作業で画像含めて一通りのデータ引っ越しに成功しました。

まあ、2千件超の記事全部確認したわけじゃないので不備はあるかもですが、そこまで行くときりがないのでこの辺で妥協。

試行錯誤の過程で、ホームページビルダー17での移植なども試してみましたが、全件移植が簡単ではないのと、画像がやはりSO-net側に移動できないので断念しました。

ともあれ今週はこの作業でほぼつぶれました。おおう色々とやる予定の作業が何も進んでねえー。

モノトーンミュージアムのイケメンの国シナリオは、今週末の連休で一気に進めて挽回しよう。


新しいiPad [デジタル・インターネット]

買ってきました~~(≧▽≦)ノ

やーもー欲しくて欲しくてしょうがなかったのを、お金ためといて、先週買うはずが予定が入って買えなかったのを、今日ついに買ってきちゃいました♪

さっそく開封してセットアップ。

・・・ん~、この待ち時間が待ち遠しい!!

でも、落ち着いて落ち着いて、ゆっくーり、にまにまに増しながら待ちます。

にまにま

にまにま<キモイ

動くようになったら、さっそくベンチマーク代わりに動画再生!

早い!綺麗!!

ツィッターで思いのたけを呟く!

最初のiPadですっかりおもたくなっていたつぃっぷるが、サクサク動く!ストレス感じない!!

お外に持ち出してみて・・・

手で持ち比べた時はそれほど感じなかったけど、軽い!電車で持ちながらなんかやるのがだいぶ楽になった!!

うふふー

うふふふふー

いいもん買っちゃった~、またこれで遊ぶんだー、マスタリングもするんだー

うふふー、あーしあわせー(^^)

nice!(0)  コメント(0) 

イヤホン [デジタル・インターネット]

私は耳の形がちょっと変わっておりまして、普通のイヤホンだと上手くはまらず、無理やりはめてもしばらくすると落ちちまうという悩みがありました。

先日弟からもらったiPodのイヤホンもポロポロ落ちるのが困りものだったのですが、うっかり洗濯しちまったのを機に(おいおい)俺の耳にも合う奴を求めてアキバはヨドバシで物色してきました。

色々見比べて、買ってきたのはSONYの《ステレオイヤーレシーバー》[NUDE EX monitor MDR-EX300SL]というモデル。


SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL ホワイト MDR-EX300SL/W SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL ホワイト MDR-EX300SL/W
価格:¥ 6,195(税込)
発売日:2008-10-10


元々、耳の形の事があるので、耳ではなく耳の穴に突っ込んで固定するタイプがいいなあと思っていたのですが、これはその中でも特に耳の形に合い、また音も良くて値段も手ごろだったので、決めて買ってきました。

帰りの電車の中で早速試してみましたが、音域も広くて良い感じ♪
同じシリーズで、もっと上位の奴もありましたが、さすがにそっちは高いので。まあ俺にはこれぐらいが丁度いいかな。

なかなか良い買い物でした。まあソニータイマーが発生しないか気になるといえば気になりますが(笑)
その頃には、また別の機械使っていそうな気がします。

nice!(0)  コメント(0) 

ビデオが取れるiPod nano [デジタル・インターネット]

Apple iPod nano 第5世代 8GB ブラック MC031J/A 最新モデル Apple iPod nano 第5世代 8GB ブラック MC031J/A 最新モデル
価格:¥ 14,800(税込)
発売日:2009-09-10
弟が会社の懇親会みたいので景品としてGetしてきたのをプレゼントしてくれたのですが、なかなかGoodです。
元々かなり欲しくて、買おうとは思っていたのですが…、思いがけず手に入ってしまいました。良い弟持ったもんだー(しみじみ)

iPod系の製品をまともにいじるのは、実は今回が初めて。単なるmp3プレーヤーに興味は無かったのでこれまで手を出していませんでしたが、この製品はムービー再生も出来る機能と、ムービー録画できる機能がある上、小さくて軽いと、なかなかに惹かれる仕様。

実際にビデオ機能などいじって見ましたが、画質もなかなか良い感じ。メモリ容量も8GBとそこそこありますし、鎌倉散歩するときに、ちょっとした映像を録画するのに重宝しそうです。これだけ軽いと、持ち歩くときにもストレスになりませんしね。
もう一月ぐらいしたら、紅葉を見に鎌倉出かけようと思っていますし、そのときに是非活用したいと思います。

動画も、手始めにニコニコ動画から噂の「【東方】Bad Apple!! PV【影絵】」を落としてきて再生してみましたが、こちらも面白い感じです。やー、いーもんもらったわー。

ちなみにウチの弟、俺に似ず、この手の景品がかかったパーティーゲームにめっぽう強い。
過去にも当時最新型のiPod nanoやらなんやら、色々と勝ち取ってきた実績がありまして、我が弟ながら恐るべき奴ですな。…同僚からなんか言われてないか心配ですが(笑)



さて、冬コミ落選も決まり、少々心にゆとりが出来たのか、難航していたシナリオの執筆が今日は結構進みました。とりあえず背景設定は確定し、オープニングまで一通り書き上げました。

いやはや、書き始めたときはここまで難産シナリオになるとは思ってなかったのですがね。一度書き上げたシナリオをアレンジするだけだと思っていたのに、追加要素を加えるとなると、物語としての設計から変わってくるのに気付かなかったのは不覚の極み。
まあ、こういうのも良い勉強ですが。

このシナリオは、書き上げたらいつもどおりホームページで公開する予定です。
そういえば、ウチのサークルってばせっかくホームページ持ってるのに、発行した同人誌のサポートを、ほとんど全くしてませんでしたが(おおい)、今回のシナリオが、そのサポート第一弾となりますかね。

ウチの本を持って行ってくれた人たちに、少しでも楽しんでもらえるようにがんばって書き上げましょう。

nice!(0)  コメント(0) 
デジタル・インターネット ブログトップ