So-net無料ブログ作成

【募集】第六回秋葉原井戸端セッションのお知らせ(4月15日開催分) [TRPG]

最終更新日:2018/4/7

※ツィッターの規制に引っかかるようなので、改題しました

ご無沙汰しておりますが、今年も春の到来を記念して、「はじめましての方たちと一緒にTRPGを体験する!」をテーマに、秋葉原にて井戸端セッションを開催いたします。

今回も安定の人気を誇るモノトーンミュージアムを用意しました。

普段遊ばない人たちと、コンベンションとはまた違う、カジュアルな雰囲気でのんびりTRPGを楽しみましょう。


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本




謎めいた石…?
IMG_4417.JPG


集合時間は午後1時とのんびり目です。午前中秋葉原を満喫した後、午後にのんびり卓を囲んでいただければと思います。

参加方法など、詳細は以下の通りです。

-----------------------------------

☆ルールブックはお持ちでなくてかまいません★
 お持ちいただいた方が良いのはもちろんです

場所:
 秋葉原卓ゲー部さま(http://blog.livedoor.jp/siroyagi_katokan-tgc_akihabara/

参加費:
 秋葉原卓ゲー部さまの1卓貸切料金10000円を割り勘です。
 セッション時間が伸びた場合は追加料金が発生する可能性があります。

参加資格:
 ツィッターのアカウントを所持していること(GMとの連絡用です)

GM担当幹事:
 天下無敵の無一文(おきがるに、むいち、とお呼び下さい)
 https://twitter.com/takosuke2200
※質問や要望などお気軽にどうぞ

参加方法:
 秋葉原卓ゲー部さまのツィッターアカウント(https://twitter.com/TgcAkihabara
 および上記幹事のアカウントからからプレイヤー募集が行われていますので、
 そのツィートにレスをつける形でお申し込みをお願いいたします。

セッション見学について:
 今回はセッション見学の対応は致しませんので、予めご了承ください


★☆ お昼ご飯は必ず済ませてきてください ★☆

オマケプレゼント:
 当日はiPadでセッション録音しますので、ボイスメモを記念に配布します。

遊ぶシステム:
 モノトーンミュージアム

使用演目:
 からくり人形と黒猫のワルツ

トレーラー:

◆今回予告!◆

「そして、こころを持たない一個のからくりは、持たないはずのこころを知ったとき、一人の人間になりましたとさ。めでたし、めでたし。」

 誰も知らないそんな御標を受け取ったからくり一つ、その意味も分からず、おおきなおおきなお屋敷で、優しい人達に囲まれながら、はたらく日々を送っている。
 誰も知らないそんな御標を、誰にも知られずゆがめた伽藍が一つ。おおきなおおきなお屋敷で、働く哀れなからくりと、囲む優しい人々を、虚無に落とすべくほくそ笑む。

モノトーンミュージアム
『からくり人形と黒猫のワルツ』
―かくして、物語は紡がれる。

◆ハンドアウト

ハンドアウト:PC①
推奨クラス:従者
キミは、さる大国の実力者、セヴラン大公家で働くメイドだ。キミは同僚のからくり人形、フランを何かと気にかけている。
彼女は奇魂を持たないからくり、つまり心を持たないはずの、ただの機械だ。確かによく働くし、何事にも無感情で自動的に見える。だが、彼女が時折見せる、行動のノイズ。それがどうにも、興味を惹かれるのだ。
シナリオコネクション/関係:フラン/同僚

ハンドアウト:PC②
推奨クラス:旅人
キミは旅の紡ぎ手だ。キミには心に傷がある。かつて、長い旅から帰ってみると、待っていたのは、恋人フレデリカではなく、彼女の訃報だった。
キミは今、旧知の貴族、セヴラン大公の屋敷に身を寄せ、心の傷を癒している。日々、彼女のためにできる事はなかったのかと、自問自答している。この気持ちが晴れる日は、いつか来るのだろうか。
シナリオコネクション/関係:フレデリカ・ゴセック(故人)/恋人

ハンドアウト:PC③
推奨クラス:従者
キミはさる大国の大貴族、セヴラン大公家を取り仕切る執事長だ。敬愛する旦那様と奥様の元、多くの使用人たちを采配しながら、日々充実した日々を送っている。
メイドのフランは、旦那様の亡くなられたご友人、ダニエル・ゴセック人形師の最後の作品であり、旦那様も気を配るように仰られた。彼女を一人前のメイドにするのも、もちろんキミの役目だ。
シナリオコネクション/関係:セヴラン大公/主人

ハンドアウト:PC④
推奨クラス:貴人
君はセヴラン大公の正妻であり、つまりはこのセヴラン大公家の最高権力者だ。キミにとって屋敷の皆は、小間使いや丁稚奉公の子供一人一人に至るまで、大切な子供たちだ。
この屋敷は広く豊かで平和だが、もし万が一、屋敷の皆に危険が及ぶのならば、彼らを守るのはキミの役目だ。
シナリオコネクション/関係:屋敷の人々/幼子

◆PC間コネクション

時計回りに結ぶこと。


◆ステージ

本シナリオの舞台は、さる大国の大貴族、セヴラン大公の広大な屋敷である。

◆謝辞

本シナリオの骨子となるイメージを頂いた、大好きな小説「閉鎖都市巴里」「エアリアルシティ」と、作者の川上稔さん、着想の元になったバイカラー八面体スピネル結晶を譲っていただけたARMEE GEMさま、瓶詰に仕込まれたジオラマと黒猫という素晴らしいモチーフをいただいた猫耳工廠さま(https://twitter.com/nekomimikoushou)、故人としてしまいましたが、重要なヒロインの名前を頂いたアイドルマスターシンデレラガールズに、心からの感謝を、一方的に捧げます。


◆レギュレーション

演者レベル:
 3Lv

キャラクター作成:
 コンストラクション
 (システム未プレイの方はクィックスタート)

使用サプリメント:
 基本ルール+インカルツァンド+シェヘラザード、トレイメント

推奨プレイヤー:
 ある程度TRPGプレイ経験のある人

募集人数  :4人(立卓)
 現在の参加人数:2人(残2人)
 現在の参加者:
  鬱狩さん(https://twitter.com/uttukary
  いつきさん(https://twitter.com/kureizia
  あきみずさん(https://twitter.com/akimizakimiz
  さぬきさん(https://twitter.com/yosi_guti

日程と集合時間:
 2018年4月15日(日曜日)
 13:00集合

想定プレイ時間:
 キャラ作成1時間
 実プレイ5~6時間
 ※セッション進行に寄りますが、1時間程度延長の可能性があります

----------------------------------

過去のプレイ実績:

 第一回のプレイレポ:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2013-10-12-1

 第二回のプレイレポ:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2013-12-22

 第三回のプレイレポ:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2014-05-25

 第四回のプレイレポ:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2015-03-16
           http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2015-03-17

 第五回のプレイレポ:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2016-09-12

----------------------------------

nice!(0)  コメント(0) 

ぼちぼち次のシナリオを [TRPG]



ぼちぼち次のシナリオ書きたいなあという欲求が出てきたのですがさて。

システムは何となくローテーション的にエイジオブギャラクシーでスペオペ書きたい気分です。

とはいえネタのストックは使い切っているので(昨年は就職戦争でネタ考えてる余裕なかったし)何かひねる出さねばならぬところ。

過去のシナリオを見ると、邪神増と闘ったりジョーズと闘ったりと碌なシナリオ書いてないな自分。

まあギャグでもいいんだけど。と、そういえば直近で書いたモノトンがシリアスだったから、今度はギャグに振ってもいいんだなあ。

明日は休日ですし、少し何か考えてみるかな
nice!(0)  コメント(0) 

モノトーンミュージアム用新作演目「からくり人形と黒猫のワルツ」UPしました。 [TRPG]


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



昨日のセッションで遊んだモノトーンミュージアム用の演目を手直ししたので、いつものようにホームページにアップしました。

URL:http://www006.upp.so-net.ne.jp/takosuke2/
 →左側のメニューにある「Supoort」ボタンのリンクから、シナリオ名で検索してください。

プレイレポートはこちら>http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2018-03-04-1

自分の幸せに気づいていない、心を持たない自動人形と、彼女を囲む、優しいPC達のお話をお楽しみください。

参考にトレーラーを上げておきます。

よろしければ遊んでみてください。

-----------------------------------

◆今回予告!◆
「そして、こころを持たない一個のからくりは、持たないはずのこころを知ったとき、一人の人間になりましたとさ。めでたし、めでたし。」

 誰も知らないそんな御標を受け取ったからくり一つ、その意味も分からず、おおきなおおきなお屋敷で、優しい人達に囲まれながら、はたらく日々を送っている。
 誰も知らないそんな御標を、誰にも知られずゆがめた伽藍が一つ。おおきなおおきなお屋敷で、働く哀れなからくりと、囲む優しい人々を、虚無に落とすべくほくそ笑む。

モノトーンミュージアム
『からくり人形と黒猫のワルツ』
―かくして、物語は紡がれる。

ハンドアウト
ハンドアウト:PC①
推奨クラス:従者
キミは、さる大国の実力者、セヴラン大公家で働くメイドだ。キミは同僚のからくり人形、フランを何かと気にかけている。
彼女は奇魂を持たないからくり、つまり心を持たないはずの、ただの機械だ。確かによく働くし、何事にも無感情で自動的に見える。だが、彼女が時折見せる、行動のノイズ。それがどうにも、興味を惹かれるのだ。
シナリオコネクション/関係:フラン/同僚

ハンドアウト:PC②
推奨クラス:旅人
キミは旅の紡ぎ手だ。キミには心に傷がある。かつて、長い旅から帰ってみると、待っていたのは、恋人フレデリカではなく、彼女の訃報だった。
キミは今、旧知の貴族、セヴラン大公の屋敷に身を寄せ、心の傷を癒している。日々、彼女のためにできる事はなかったのかと、自問自答している。この気持ちが晴れる日は、いつか来るのだろうか。
シナリオコネクション/関係:フレデリカ・ゴセック(故人)/恋人

ハンドアウト:PC③
推奨クラス:従者
キミはさる大国の大貴族、セヴラン大公家を取り仕切る執事長だ。敬愛する旦那様と奥様の元、多くの使用人たちを采配しながら、日々充実した日々を送っている。
メイドのフランは、旦那様の亡くなられたご友人、ダニエル・ゴセック人形師の最後の作品であり、旦那様も気を配るように仰られた。彼女を一人前のメイドにするのも、もちろんキミの役目だ。
シナリオコネクション/関係:セヴラン大公/主人

ハンドアウト:PC④
推奨クラス:貴人
君はセヴラン大公の正妻であり、つまりはこのセヴラン大公家の最高権力者だ。キミにとって屋敷の皆は、小間使いや丁稚奉公の子供一人一人に至るまで、大切な子供たちだ。
この屋敷は広く豊かで平和だが、もし万が一、屋敷の皆に危険が及ぶのならば、彼らを守るのはキミの役目だ。
シナリオコネクション/関係:屋敷の人々/幼子

PC間コネクション
時計回りに結ぶこと。

イントロダクション

シナリオスペック

推奨PCレベル:3Lv
推奨サプリメント  :基本ルール+インカルツァンド+シェヘラザード、
        トレイメント
推奨PC人数 :2~4人
推奨プレイヤー:まったくの初心者
想定プレイ時間:4~6時間

ステージ

本シナリオの舞台は、さる大国の大貴族、セヴラン大公の広大な屋敷である。

謝辞

本シナリオの骨子となるイメージを頂いた、大好きな小説「閉鎖都市巴里」「エアリアルシティ」と、作者の川上稔さん、着想の元になったバイカラー八面体スピネル結晶を譲っていただけたARMEE GEMさま、瓶詰に仕込まれたジオラマと黒猫という素晴らしいモチーフをいただいた猫耳工廠さま(https://twitter.com/nekomimikoushou)、故人としてしまいましたが、重要なヒロインの名前を頂いたアイドルマスターシンデレラガールズに、心からの感謝を、一方的に捧げます。


nice!(0)  コメント(0) 

そんなわけでモノトーンミュージアムセッションでした [TRPG]


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



そんなわけで今日は大田会でモノトーンミュージアムでした。

ここ二カ月のんびり書いて・・・いたらあっというまにセッション日が近づいてきたので、終盤気合で書き上げたシナリオです。

ネタとしては、昨年入手したバイカラースピネルの八面体。

IMG_4417.JPG

これが、氷に閉じ込められた心臓に見えたことから、何か話が作れないか、とずっと考えていたものです。

これに加えてコミティアで見つけた瓶詰の黒猫ジオラマも加えて、お話を組み立ててみました。

イメージ先行のシナリオだったので、難航するのはわかってたんですが、まあ順当に難航しまして、仕上がるのはギリギリになりましたな。

プレイヤーは氷野さん、よ鹿さんの二人。

主人公は、TRPGにあるまじく、NPCの自動人形。彼女の胸に仕込まれた氷漬けの心臓がキーとなるお話です。

ハンドアウトでは、自動人形に寄り添う立場と、それらを見守る立場を用意しましたが、今回は人数も少なかったこともあり、見守る立場のPCから、自ド人御湯の成長を導くお話になりました。

だいぶ癖のあるシナリオでしたので、自分でもマスタリングできるか心配ではありましたが、主にプレイヤーの協力のおかげで、素敵な物語を紡ぐことができました(^^)

特によ鹿さんのロールプレイが新鮮で、かれの口癖「ち、ちがうんですよ!」がまったくでなかったのは画期的でした(笑

かなりプレイヤーに考えておらうシナリオだったので難しかったですが、氷野さんも、持ち前のシリアス魂を引き出してくれて、とても良い指導者役を担ってくれました。

プレイ後には、マスタリングして感じていたよりも、ずっとお二人が楽しんでくれていたことが分かって、一安心したり。


今回のシナリオも、手直し入れてホームページ上げる予定ですので、興味のある方は遊んでみてください。

あー今日は楽しかったー

nice!(0)  コメント(0) 

モノトーンミュージアムの #シナリオカキカキ #TRPG [TRPG]


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



まだ使うのは先だからのんびり書いてりゃいいやー、とか油断しまくっていたらプレイ予定日が来週に迫ったので(笑

重い腰を上げて今日は一気に作業進めていました。

まあ重い腰とはいっても、先週あたりからちょぼちょぼ進めてはいたので、どうにかなったかな。

今日はミドルフェイズ一通りと、クライマックスの骨組みまでは書いたので、あとは次の土曜日に残り書き上げてデータ組めば出来上がりだから、めどは立った感じです。

今週少しずつ書き進めておけば土曜日練り込む時間も作れるでしょう。

さて、仕上げにかかりましょうかね。
nice!(0)  コメント(0) 

モノトーンミュージアムのシナリオ作業を #TRPG [TRPG]


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



亀の歩みですが進めています。

昨日はどうにかNPCの背景をおおむね埋めたのでまあ進んだ方。

難産なシナリオとは言え進捗が遅すぎますねー。ぼちぼちトレーラーなども埋めていきたいのですが。

帰ってきて艦これしながらアニメ消化するとそれだけで力尽きちゃうもんでどうにも進みませんな。

ただアイデアが途切れてるわけではなく、進めるごとにつながって入るので、まあ純粋に作業時間採れてないだけか。

今日はもう少し背景設定書いてから寝ることにしましょう。

昨日も眠りがあまりよくなかったし、今日も早めに寝ないと今週乗り切れないなー
nice!(0)  コメント(0) 

そんなわけでナイトウィザード 2nd セッションでした。 [TRPG]

昨日は久方ぶりのGMでした。

大田区でTRPGやろう会、再開一発目という事で、昨年書いて置いたシナリオを遊んできました。

シナリオはこれー>ナイトウィザード2nd用新作シナリオ「鎌倉魍魎戦記3第四章 ドワーフはシールドがお好き?」UPしました #TRPG #シナリオカキカキ:天下無敵の独り言:So-netブログ http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2017-10-31


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



コンベンション再開とはいえ、さすがに半年以上マスタリングのブランクがあったので、今回は身内セッションという事で、千葉組のメンツに助けてもらいながらのセッションでした。

お話の内容は、シナリオ読んでいただけばわかると思いますが、ざっくりと、ラージシールド至上主義に取りつかれたドワーフがラビリンスシティから鎌倉にやってきて、騒動を起こすというもの。

大してひねりの無い(ばかばかしさはともかく)お話でして、キモは途中に仕込んだランダムイベント生成ギミックです。

なんでそんなものを仕込んだからというと、今回の状況において、鎌倉にラージシールドが流行ったところで誰も困らないだろうと、GMの俺自身が思ってしまったので(おい)

その弊害として説得力のある物をプレイヤーに丸投げして考えてもらおうという、期待通りに全員から総ツッコミを食らった、発明的思考によります。

ランダムイベントをプレイヤー地震に書き足してもらったので、思った以上にあれこれくだらないことを考えることを楽しんでもらえたようです。

とはいえランダムイベントが面白くなるかどうかは、その時に乱数が笑いの神を召喚できるかにかかっているのですが…

「広塚エミリがルルイエ神殿でラージシールドの弱点であるショーテルでフルボッコにされている」

とか

「よ鹿君のPCのネットアイドルが、ラージシールドを使った新しいエクササイズを流行らせようとしてにこなまで大炎上している」

など。

あとは

「宗像三神の次女が湘南モノレールで、ベールゼファーにシールドチャージを食らって悲鳴を上げている」

などというのもありましたなー。

他にもいろいろ。絵にもかけない阿鼻叫喚で、GMの腹筋を積極的に殺しに来てくれた、プレイヤー一同の思い付きと引きの強さにはただただ脱帽です。

こういうギャグシナリオで事故ってもしょうがないのと、GMが勘にぶらせているという事で戦闘は優しめでしたが、それでもダイス目のいたずらで程よくピンチになってくれるうちのプレイヤーはいいプレイヤーです。

最後の一幕などは、ボスのHPあと一桁だけど、ディフェンダーの一撃を、計算上ぴったりはじくから、ファンブルしなければ次のアタッカーに花を持たせてあげられるなー、なんて笑って話しながらダイス降ったらGM見ごとにファンブルするとかね。

シナリオのネタ的にはディフェンダーが持って行った方が面白いのは確かなんだが…俺のダイス目空気読み過ぎだろ(笑

初回としては素晴らしく抱腹絶倒のセッションで楽しかったです。


今回は再開一発目という事で、昨年偶々東急ハンズで手に入った蜂蜜酒を持って行って「黄金蜂蜜主でビヤーキーを呼ぼう!」とばかりに振る舞い酒などをしてみました。おおむね好評で良かったです。

IMG_5783.JPG

まあ、なかなか飲む機会がない酒だしねー。みんなにも味見してもらいたかったので、大義名分付けられてよかったです。

就職先も決まりましたし、仕事がもう少し落ち着いて、懐具合がもう少し安定したら、また千葉四街道のセッションの方にも顔出していきたいです。

今年は沢山、TRPGを遊んでいきたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

モノトーンミュージアムの #シナリオカキカキ [TRPG]

TRPG者として、正月に何も触れないのもどうかと思って昨年書き換えのシナリオ作業に手を付けるなど。

大体例年は、年末年始何かしら書いてるものですが、やっぱ昨年激動過ぎた成果頭から抜けてたなー・


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



昨年書き換えたと言っても、アイデアのイメージを走り書きしたぐらいなので、目も読み返して思い出すところからなんですが。

今回はイメージというか、情景先行で思いついたシナリオなので、小一時間ほどあれこれあアイデア転がしてもどうにもストーリーラインにまとまってくれません。

この手のシナリオは難産になるのはいつもの古都ではありますが、間が空いて勝手がわからなくなってる部分も、多分にありますっわねえ。

急いで使うシナリオでもないですし、急いて書いても良いものにはならない気もするので、少し腰を据えてのんびり付き合っていこうかと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

モノトーンミュージアムの #シナリオカキカキ [TRPG]


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



就職活動で色々不安定ではありますが、そればっかり考えていると際限なく沈んでくなあ、と思ったのもあり、新作のシナリオ書き始めました。

まあストックシナリオは何本あっても困る物ではないですし。

今回は僕の大好きな自動人形がらみで、今年の春ごろかな。思いついてツィッターに垂れ流したネタをもとに膨らませ中です。

今日はざっくり思いついたことを書き出してみた感じ。

まだストーリーを編むところまで来ていませんが、まあ就活の傍らのんびり書き進めて行こうと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

ナイトウィザード2nd用新作シナリオ「鎌倉魍魎戦記3第四章 ドワーフはシールドがお好き?」UPしました #TRPG #シナリオカキカキ [TRPG]


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



お久しぶりの更新です。

就職活動の傍ら、リハビリがてらに書き上げたシナリオをホームページにUPしました。

URL:クラウソラスOnline:http://www006.upp.so-net.ne.jp/takosuke2/
 →左側のボタンリンクから「Support」を選択し、シナリオ名で検索してください。

ナイトウィザード2ndではかれこれ22本目のシナリオになります。我ながらよく書き溜めたもんだ。まだまだ書きますが―。

例によってランダム要素多めのバカシナリオです。気楽に遊んでゲラゲラ笑っていただければこれ幸い。

11月中に就職できていれば12月に大田会を開催しるので、その際にプレイすることを見込んでいます。

参考にトレーラーなど載せておきますね。

-------------------

◆今回予告!◆
多くの寺社仏閣が軒を連ね、観光客がひっきりなしに訪れる街、古都・鎌倉。だが、その街は裏の顔を持っていた。無秩序に乱立した霊的建築物が生み出す歪みにより、各所に裏界への門を持つに至ってしまった魔都。危うい均衡が少しでも崩れれば、夜の鎌倉は、瞬く間に魑魅魍魎が闊歩する混沌の街へと変貌する。その筋のモノたちは、この街をこう呼ぶ。「魍魎都市・鎌倉」と。
湘南発の新たな流行のトレンド、一家にひとつ、ラージ・シールド。鎌倉では良くある風景と思われていたが、実は新たな世界滅亡の危機の到来であった。祖父の暴走に心を痛める孫娘の助けを求める声に、ウィザード達が立ち上がる。

ナイトウィザード 第XX話
「鎌倉魍魎戦記Ⅲ 第四章 ドワーフはシールドがお好き?」

紅き月が昇る夜。百鬼夜行の幕が開く。

ハンドアウト
ハンドアウト:PC①
珍しく平和な鎌倉の小町通で、キミは一人の少女と出合う。オロカと名乗った少女は、なんでも狭界ラビリンスシティ出身らしく、表界に飛び出して行ってしまった身内を探しているという。
狭界がらみとなれば、ウィザードであるキミには見過ごせない。キミは少女の相談に乗ることにした。
シナリオコネクション/関係:オロカ/庇護

ハンドアウト:PC②
キミはアンゼロットの信任篤い、優秀なウィザードだ。
今回の任地は鎌倉。小規模だが世界結界に亀裂が入り始めているらしい。世界滅亡の危機となれば、優秀なキミの出番だ。どのような事態でも解決してみせる。キミは気を引き締めて、アンゼロットの言葉を待った。
シナリオコネクション/関係:アンゼロット(P226)/上司

ハンドアウト:PC③
ここしばらく、鎌倉は事件もなく平和な日々が続いている。キミは北条まさこと茶飲み話をしながら、平和なワイドショーの流れるTVを眺めるともなく眺めているのだった。
シナリオコネクション/関係:鎌倉探題 or 北条まさこ

PC間コネクション
時計回りに結ぶこと。

イントロダクション

シナリオスペック

推奨PCレベル:5Lv+経験点40点程度
推奨サプリメント  :
 基本ルール+スクールメイズ
 ラビリンスシティ、ソウルアーツ、ファー・ジ・アース
 レッドムーン、ネヴァーサレンダー
 “まっぷる”“るるぶ”などの鎌倉旅行ガイドブックが有れば尚善し
推奨PC人数 :2~6人
推奨プレイヤー:ナイトウィザードに慣れた人向け
想定プレイ時間:4~6時間程度

ステージ

本シナリオのステージは、神奈川県鎌倉市である。


nice!(0)  コメント(0)