So-net無料ブログ作成

引き続きナイトウィザード2ndの #シナリオカキカキ [TRPG]

今日はシーン割などをしていましたが、案の定途中で煮詰まったので中断。

解決ギミックが悩ましいんだが、まあなんとなく開放は見えてる気がするのでその辺で明日書いてみようか。


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



ギミックだけ明日解決すれば、後は本文もりもり書くだけなんでそう長くかからず完成するかなー。

来週は面接があるのでその準備を優先するけど。再来週ぐらい?にできればいいかな。

まあ頑張っていきましょう
nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉魍魎戦記の #シナリオカキカキ [TRPG]


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



今日はフリーだったのでナイトウィザード2ndのシナリオをカキカキ。

先日メモにまとめた内容をもとに、本文に取り掛かっていますが、どこから手を付けようかなあとしばし悩むなど。

今回は勢いで書き上げるシナリオなので、今回予告とハンドアウトから書こうかとも思いましたが、5分ぐらい悩んでいいフレーズが浮かんでこなかったのでオープニングから書いています。

さしあたり一通りオープニングシーンは書き上げて。

PCの立ち位置が決まったのでこの後は書きやすい、はず。

と、ここまで書いて、そいえば事態解決のためのキーを定めてなかったなあ。まあ今回は書きながら考えるのでもいいかなあという気もする。なんとなくのアイデアはあるし。

このシナリオ、無事に就職が決まって大田会を12月に再開出来たらそこで使うつもりでいます。そこまでに書きあがるとは思うけれど、ネックは就職が決まるかどうかですね(苦笑

まあこればかりは五円なので焦ってもしょうがない事ではありますが。早く良い会社に出会いたいものです。


明日は雨らしいですが、強くなければ久しぶりに鎌倉行って、心を落ち着けるために気晴らしの散歩と、鶴岡八幡宮で改めて就職祈願をしてこようかなあと思ってます。天気によっては土曜日に延期しますが。

まあぼちぼちといきましょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

久方ぶりのナイトウィザードの #シナリオカキカキ [TRPG]


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



おかげさまで職業訓練校も無事に卒業し、就職活動を引き続き気合入れてやっておりますが、面接がない日はぶっちゃけ暇です。

TRPG者が暇ならシナリオ書かなきゃ嘘だろう、ということで試験勉強突入前に書いていた、書きかけのナイトウィザード2ndシナリオを引っ張り出してごにょごにょこねくり回していました。

我ながら頭のおかしい筋書きになっていて3か月前の自分脳みそを疑いましたがまあこのファイル書くのは俺しか居ないからまぎれもなく俺の書いたシナリオなんだなあこれ。

詠んでいるうちに何となくアイデアを思い出し、当時行き詰っていたブレイクsルーナアイデアがしんなり繋がって出てきたので、われながら居間の脳みそも相変わらず湧いているようです。

まじめに勉強していたからと言って、人格が早々まじめに変貌するもんでもないんだなあとトットちゃんのカルチャーショックを感じ…たりはしねえ。


まあともあれメモ書きを進めて大まかなストーリーラインはしあがり、ギミックもおおむね考えました。

あとは細部の詰めをしてから本文書いていきますが、肝心のギミック部分のキーアイテムどうしようかなー。割とバカな仕掛けなのでバカらしいキーアイテム考えたい。

明日ミネラルショーで諸々眺めながら、何かいいアイデアが下りてくることを期待しましょう。


明日は楽しみな東京国際ミネラル秋のフェア、通称新宿ショーです。>http://tima.co.jp/

身体が空いていることをいいことに、初日朝から参戦の所存。


素敵な石に出会えるといいなあ。

nice!(0)  コメント(0) 

ぱたぱたしつつのエイジオブギャラクシーでした [TRPG]


エイジ・オブ・ギャラクシー

エイジ・オブ・ギャラクシー

  • 出版社/メーカー: ファーイースト・アミューズメント・リサー
  • 発売日: 2015/01
  • メディア: おもちゃ&ホビー



エイジ・オブ・ギャラクシーサプリメント スターズエンド

エイジ・オブ・ギャラクシーサプリメント スターズエンド

  • 出版社/メーカー: ファーイースト・アミューズメント・リサー
  • 発売日: 2015/03
  • メディア: おもちゃ&ホビー



資格試験の勉強でシナリオを書く余裕がなく、遊ぶことはないだろうと思っていた、このストックシナリオを引っ張り出すことに。 > エイジオブギャラクシーシナリオ「電子の海の支配者」をアップしました:天下無敵の独り言:So-netブログ http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2016-04-05

なんで遊ぶつもりがなかったかというと、通常のTRPGのような戦闘メインのシナリオではなく、自分の趣味丸出しの、電子戦(つまりハッキング合戦)がメインのシナリオなので、ちょっと人を選ぶなあというのが気になっていたのですよね。

書きたいから書いたけど、描いているときから、自分でマスタリングすることはないだろうと、ホームページへのアップだけのために書いていたのですが。

丁度ストックシナリオを切らしていたのでこいつを引っ張りっ出すことにしたわけです。

昨日に予定していた資格試験の勉強のためにセッション準備も前日の午後から、という特化んでしたが、まあ何とか回すことができ。

それどころか想定以上のエキサイティングで楽しいセッションになりましたので、いつもの千葉メンツには感謝しかないというか。

敵役のハッカーがハッキング夢想をしている状況の中で、場当たり的な対処に終始しながらも、逆境の中で虎視眈々と逆転の機会を探し続ける、大変厳しい状況が続く、ストレスが端るであろうシナリオ構造でしたのですが。

FS判定を二回仕込んであり、どちらもかなり厳しめの判定内容。しかしPCは、1回目は奇跡的な出目により、背水の陣をひっくり返し。

クライマックスに仕込んだ二回目のFS判定では、文句なしの戦術的勝利をキメ、GMの度肝を抜いてくださいました。

終始優勢に事を運んでいた1回目の判定をひっくり返されたのはものすげえ悔しかったですが、それ以上にプレイヤーすげえと心より感動したのはここだけの秘密です。

2回目の判定も、敵役がなんとしても判定を取るべく(これに負けるとボス側にえらいペナルティがかかる仕組み)ありったけの加護を繰り出して判定に臨んだのに、プレイヤー側の巧妙な籠戦術に終始主導権を握られていたのは、悔しいと同時にすがすがしい痛快さを覚えました。

資格者半端ねえ(笑

フレーバー的に仕込んでいた指輪物語ネタも楽しんでもらえたようで、よかったです。

最高のセッションをありがとう。

今日は楽しかったー

明日からまた気合入れて資格試験勉強しようー。

ナイトウィザード2ndの #シナリオカキカキ [TRPG]


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



引き続きちょぼちょぼ書き進めております。

今日は敵役のキャラ造詣が下りてきたのでNPD設定を書き留めるなど。

今回は顔見世程度ですが、ずっと出したかったNPCを出すことができるので、そいつの設定も起こしつつ。

連休あたりに一気に書き進めたいと思うけど、連休は石フリマ(http://takama.ne.jp/isi_fleamarket/)の準備もあるし、職業訓練校で教わった四月分の内容の復習も線と移管し、さてどこまでできるか

石フリマは、明日配置発表だそうなので、楽しみなような心配なような

まあぼちぼちと行きましょうか

#シナリオカキカキ [TRPG]


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



シナリオの執筆を始めました。

いつもの鎌倉ナイトウィザードですが、今回は時節ネタではなく、くだらないネタです(いやいつもだろう

大田会で遊ぶ機会を作るかどうかってところですが、まあその辺考えるの\は、書き上げてからですねえ。

まあぼちぼちと行きましょう

なんやかやでモノトーンミュージアムセッションでした [TRPG]

一昨日の日曜日は、新年度最初の「大田区でTRPGやろう会」ということでモノトーンミュージアムを遊んできました。

新年度より会場費は500円ほどの値上げとなりましたが、まあむしろ今までが安すぎたぐらいなので特に問題はなく。

シナリオはこれを書いていきました>モノトーンミュージアム用演目(シナリオ)「雛祭りの国」UPしました:天下無敵の独り言:So-netブログ http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2017-04-04

シナリオ本文にも書いてありますが、筆者思わず筆が滑って悲劇を描いてしまったのであまりTRPG向きではないシナリオを早々に遊ぶとは我ながらどういう了見なのか。

まあ悲劇的な背景を用意したはいいけれど、解決策がいくつもあってシナリオ書いてる時点では一本に絞れないよなあ、と思ったのが本当のところなのですが。

なので解決索はシナリオで提示せずにそれぞれのプレイ環境で自由に考えていただく感じで(それを丸投げというんだ

話のネタは、以前ぼーっとしながらツィッターでネタ募集した時に、saoさんから「雛祭りはどうでしょう―」ともらったのがきっかけ。

色々考えたんですが童話ベースのモノトーンミュージアムで人形ネタって、それ悲劇かホラーしかねーじゃんという結論になったので、今回の戦犯はsaoさんです(笑


さてお話ですが、雛祭りが名物の国を舞台に、ぜいたくに慣れ切った貴族たちが、流し雛のひな人形に、本来自我のあるからくりを使って壊してしまう(つまりは殺してしまう)という悪習が流行ってしまい。

PCとゆかりの深い優しいからくりが、仲間たちのために帰属への反逆を企むという話。

目下の敵役が同情の余地がありすぎるかわいそうな人たちってあたりが、TRPG向きではありません。なので良い子は真似しちゃいけないよ。

勿論TRPGなので本来の黒幕が居るので、それをやっつけてもらう形にしているのですが、そこまでのルートが非常に多岐にわたり、シナリオで規定するのはあまり向かなかったので、解決策はプレイヤーに一任することにしてあります。

そのあたり、プリプレイでプレイヤーに十分説明してあったので、本編ではあれこれ頭を悩ませていただき、無事に解決策を見出していただきました。

お前ら有難う、俺のマスタリングはいつも優秀なプレイヤーに助けられているのさあ(そうなる前にどうにかしろよ


今回は、久しぶりにお初の方がいらしてくれたので、そんな時にこんな欠陥シナリオぶつけるのもどうかと思いましたが、ひかぬ、こびぬ、顧みぬのが私のマスタリング。

ぶっちゃけ他のメンツはこういうの慣れてるからどーとでもなるだろうという無策ぶりだから我ながら恐れ入ります。

ふたを開けてみると、案の定プレイヤーのフラストレーションはマイナスの方向でたまっていきまして、どうなる事かと思いましたが、シナリオに書いておいた割にバッドエンドは俺も見たくないので、GMもPLも一丸となって解決策を考え、どうにか大団円を迎えました。

新規の方は十数年ぶりのTRPGということで、確かに色々戸惑っている部分もありましたが、そこはまあ経験者。ルールの理解も早かったですし、応用を考えるのもうまかったです。

ロールプレイには苦手さが見えましたがその辺は昔のTRPGではあまりやらなかった部分ですし、それでもセッションの後半には堂に入ったヒーローロールを見せていただけたので、マスタリングしていてすごく楽でしたし、すごく楽しかったです。


やっぱTRPGはいいですねえ。

明日からの職業訓練校でみっちり勉強して、再就職成功した後も遊び続けていきたいのでそういう会社を探そうと思っております。


さてシナリオ1本終わったので、また次のシナリオ書きませんとね。

次回は6月になるので大分間がありますから、ゆっくりネタを考えましょう。


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



モノトーンミュージアムRPG リプレイ&データブック インカルツァンド (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG リプレイ&データブック インカルツァンド (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/11/30
  • メディア: 単行本



モノトーンミュージアムRPG リプレイ&データブック トレイメント (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG リプレイ&データブック トレイメント (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2016/06/30
  • メディア: 単行本



モノトーンミュージアムRPG リプレイ 常闇のシェヘラザード (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG リプレイ 常闇のシェヘラザード (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2012/06/29
  • メディア: 単行本



モノトーンミュージアム用演目(シナリオ)「雛祭りの国」UPしました [TRPG]


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



一昨日の大田会で遊んだシナリオの調整版を、いつものようにホームページにUPしました。

URL:クラウソラスOnline(http://www006.upp.so-net.ne.jp/takosuke2/
 →左側のSupportボタンからシナリオページを表示してシナリオ名で検索してください

よろしければ遊んでみてください。

参考にトレーラーなど挙げておきますね。

----------------------------

◆今回予告!◆
冬と春を隔てる狭間の日を超え、春を祝う祭り、雛祭り。ここは、雛人形を飾る祭りで賑わう国。
祭の華は、1年の厄を払うべく行われる流し雛。その雛人形が、人形ではなく、本当に人間だったとしたら、貴方はどうする…?
流し雛にされるため買われてきた、悲しいからくり達は、人間と入れ替わり、“その日”を待つ。背後で狂笑を響かせる伽藍の影が見え隠れする中、悲劇へのカウントダウンが始まる。

モノトーンミュージアム
『雛祭りの国』
―かくして、物語は紡がれる。

ハンドアウト
ハンドアウト:PC①
推奨クラス:裁縫師
キミはこれまでいくつもの事件を解決してきた、凄腕の裁縫師だ。
裁縫師組合の長、アリアから糸電話に連絡が入った。春の祭りで賑わう「雛祭りの国」で、ほつれが確認されたという。現地の支部からはその後連絡が途絶えているので、急ぎ向かい、対処してほしいとのことだ。伽藍が生み出す虚無に立ち向かうため、君は急ぎ、その国へ向かった。
シナリオパートナー/関係:アリア・B・コロラトゥーラ(P211)/ビジネス

ハンドアウト:PC②
推奨クラス:貴人
キミは「雛祭りの国」で押しも押されぬ大貴族の子供である。
昨年の雛祭りの翌日、両親はキミに、キミそっくりに特別に作られたからくり、アンリを買ってくれた。キミ達はすぐに仲良くなり、親友となったはずだったが…。
あれから1年、今年の雛祭りを目前に迎えた今日、身動きできないまま雛壇に飾られたキミの視線の先では、キミと入れ替わったアンリがキミの両親と仲睦まじく笑い合っていた。
シナリオパートナー/関係:アンリ/友情

ハンドアウト:PC③
推奨クラス:職工
キミは腕のいいからくり職人だ。最近はからくりの流通が盛んで製造が追いつかないぐらい、忙しい日々を送っている。商売繁盛、大いに結構と思っていたが、以前君が納品したからくりの残骸がキミの元に持ち込まれた。
なんでも、雛祭りの国という国では、流し雛としてからくりを川に流すのが流行っているのだそうだ。キミの丹精込めたからくりを、壊すために買うとは許せない。キミは貴族どもに怒鳴り込むため、かの国に向かった。
シナリオパートナー/関係:からくり/庇護

ハンドアウト:PC④
推奨クラス:旅人
キミは気ままに旅を続ける旅人だ。
ある時、旅を続けるキミの耳に、雛祭りの国のうわさが飛び込んできた。そこでは近々、雛祭りという盛大な祭りが執り行われるという。
うわさが飛ぶほどに有名な祭りなら、面白いものが沢山見られるかもしれないし、儲け話も転がっているかもしれない。
キミは好奇心の導くまま、雛祭りの国に向かった。
シナリオパートナー/関係:雛祭り/好奇心

PC間パートナー

PC①→PC②→PC③→PC④→PC①
なお、PC①とPC②はPC間パートナーであるが、本シナリオで初めて出会う関係であることを推奨する。


イントロダクション

シナリオスペック

推奨PCレベル:3Lv+経験点10点程度
推奨サプリメント  :基本ルール+インカルツァンド+常闇のシェヘラザード+トレイメント
推奨PC人数 :3~5人(PC②以外は複数居て良い)
推奨プレイヤー:ある程度TRPGに慣れた人
想定プレイ時間:6~8時間

ステージ

このシナリオのステージは、雛祭りの国とする。

モノトーンミュージアムシナリオ完成 #シナリオカキカキ [TRPG]


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



ボスデータ組んで完成、と。

セッションには間に合いましたな

モノトーンミュージアムの #シナリオカキカキ [TRPG]

来月頭早々にある大田会向けのシナリオを急ぎ目で執筆中。

途中若干迷走しましたが、おおむね当初のイメージ通りにシーン割するところまで行けました。

明日からはガシガシ本文書いていきます。さて間に合うかなー。

明日は大英自然史博物館の展示を見に行くので、帰って来てから着手ですわね。

さてさて、と。

がんばっていきまっしょい。
モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本