So-net無料ブログ作成

最近新作シナリオが描けてません(><) [雑記]

まあシナリオ書く脳みそのリソースが、思った以上に試験勉強に取られているからなんですが。

勉強すればするほど足りないところが見えてくるので日々努力です。

もんまりと、1か月に1本ペースで書くことを基本としていましたが、目標達成するまではちょっと無理そうです、すみませぬ。

まあうちのシナリオ待ってるような人もいないだろうけど。

同じ理由で、本読む時間が教科書読む時間になっているのでSFノルマもしばらくお休みです。

全く予価撮ってないわけではなく、それなりに遊びに行ったりして緩急はつけているのでご心配なく。

さしあたりは週末の新宿ショーが楽しみです。

そして来週末には一度資格試験受けることにしました。

CCNAにするかCCENTにするかは、それまでの学習でどれぐらい行けそうかの見極め付けてみてですねー

さて楽しみながら頑張りたいところです。

試験勉強忙しい [雑記]

頭パンクしそう(><)

今日はちょっと日記書く余裕ないです、すみません…

長門 [アニメ・コミック・ゲーム]

キャプチャ265.PNG

通常建造にて。

来てくれてありがとう。君に会える日を一日千秋の思いで待っていたよ。

今日だったんだね。よく来てくれた。

さあ、共に戦おう!

アートイベントデザインフェスタでのお迎え品 [ホビー]

試験勉強の息抜きに、昨日のデザフェス(アートイベント デザインフェスタ 行ってみました:天下無敵の独り言:So-netブログ http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2017-05-27)でのお迎え品を軽く写真撮ってみました。

まずは今回出かける理由だった、ルストさん(https://twitter.com/Rapid_lay)からのお迎え品。

IMG_4773.JPG

やはりどうしても惹かれてしまう、キューブペンダント。

TRPG者としては六面体に惹かれるのは物理的な必然なので(笑

どの子も魅力的で、ぶっちゃけ全部ほしかったのですが、まあ求職中の身の上では財布にも限りがありますので3人をチョイス。
IMG_4758.JPG

シーブルーカルセドニー。染の石ですが涼し気な色合いとはん透明感が素晴らしい。夏向けの色合いですね。

水晶。

IMG_4759.JPG

ただの水晶でも十分魅力的ですが、国産水晶ということで、味わい深いクラックやインクルージョン、微妙な不透明感などの魅力に一発ノックアウトされてお迎え。

IMG_4775.JPG

おまけとして山梨産水晶の標本などもいただいてしまい、何か申し訳ないやら。

この、壁に八付けられる、マグネット付きのルースケースも素晴らしい発明だと思います。部屋に飾っとこうー

そしてそして、なんとアメトリンです!

IMG_4761.JPG

元々紫水晶は好きな石で、でもなかなかお迎えする気になる魅力のある子にこれまで出会えてなかったのですが…

キューブ型、それもアメトリンとなれば、一発ノックアウトです(チョロいなー自分

日差しのある日に着けていきたい子ですねえ、ああかわいい、いとしいなあ。

石フリマでも評判だった、宝石すくい。

IMG_4776.JPG

色とりどりの宝石を小瓶に入れて飾るという心意気に惹かれます。石好きの憧れですよねえ…

広げてみたら、結構ルースを拾えていました。

IMG_4762.JPGIMG_4766.JPG

ペリドットに、ガーネット。サービスで追加してくださった加熱シトリン、たぶん水晶なハート形、そしてなんとルビーが2個!傾向が美しいです。

そしてさらにびっくり、オパールの小さいカボションが!遊色綺麗~

若干カケはありますが、大きさがちょうどいいので宝石銀ダイスに仕立てようかしら。でもオパールって欠けやすい石だからなあ、悩みどころです。

今回の大物、ターコイズカボション。

IMG_4768.JPG

青い山脈のようなピクチャーが出ている上に、この色。さらには山間に北極星が輝いているとなればねえ。

ピクチャーストーン好きにはたまりません。中央の白い点は照明の照り返しではなく。
IMG_4767.JPG

石の紋様です。

これは身に着けたいので、いずれ身辺が落ち着いたら、久しぶりに御徒町のご夫妻のところに持ち込んでお仕立てしていただきたいですねえ。


もうひとつ、WEAPONICA (https://twitter.com/YoshHirano)さんのスティレット型ペンダントトップ。

IMG_4774.JPG

シーフ好きとしては刺突剣には底知れぬ魅力を感じるのです。


やあ、突発で行った割りには思わぬ散財をしてしまいました。やはりデザフェスは恐れていたとおりの魔窟ですね。

作品の数々、大事にしようと思います。

アートイベント デザインフェスタ 行ってみました [ホビー]

前から気にはなりつつも、自分にとって魔窟であることが容易に想像できたのでこれまで行ったことがなかったのですが。

石フリマでファンになった、ルース作家の RapidLay さん(https://twitter.com/Rapid_lay)が参加と聞き。

石フリマでは、ゆっくり作品見せていただきながらお話させていただきたいと思いつつも、自分も一人出展である関係で果たせなかった願望が果たせるということで、矢も楯もたまらず急きょ出かけることにしました。嗚呼ミーハー(笑)

イベント公式:http://designfesta.com/

TVでも何回も取り上げられているだけあって、取材陣らしき人々が居たり、規模も大きく。

運営も、商業イベントなんだなあという印象。コミケやコミティアなどとは大分印象が違いますね。

今回は資格の勉強に充てるつもりの日を使っちゃってるので早めに引き上げるつもりでしたが、それでも軽く歩き回ったら午後1時半ぐらいにはなっていたので見るものは多かったように思います。

ツィッターで聞いた、遊びに行っていたらしい常連参加な知人の意見では、ブースの配置が雑多すぎて回り難くてしょうがないという話でしたが、確かに配置はかなりカオスな印象を受けました。

僕は主にシルバーアクセサリの作家さんでツィッターとかで知っている人のところを見に行きましたが、、その隣や向かいによくわからないオリジナルっキャラクターで捜索しているらしいぬいぐるみ(?)やらキャラ愚図などが並んでいて、どういうくくりなのかはよくわからなかったですね。

規模は大きく、ビッグサイトの東ホール半分を丸ごと使っているので広い広い。

出展しているブースの密度も、コミケまではいきませんがそれでもかなり過密でしたので、あれ全部見て回るとしたら相当の苦労だなあと思いました。

とはいえ活気は素晴らしく、コミティアに近い、創作に対するエネルギーを感じるイベントでありました。

でもそのエネルギーもどこか同人イベントとは違う雰囲気で。あの違う感じは何なんだろうなあ。

作家さんのラインナップは、まさに玉石混交。

すげーなーって作家さんと、これ誰が買うのかしらって魅力がさっぱりわからない作家さんがたくさん並んでいてカオスでした。

ちょぼちょぼ作っている、宝石銀ダイスをこちらに出すことを検討居たときもありましたが、今日見た限りでは出さなくて、当面は正解かなあと。

レベル高い人に比べられたら、うちは比べるべくもないですし、同じぐらいのレベル帯の中では埋もれちゃうなあという規模に感じました。

出展料も高いですし、まあよほど自身が付いて量産もできるようになったらでしょうが、でもそういう日は来ないと思うなあ。

まあ機会があれば、ぐらいですね。


さてイベントの感想はこのくらいにして。

今朝はメンタルクリニックの日でしたので、さっくり薬処方してもらってからの流れでお台場へ。

開場1時間少し前ぐらいに会場着。入場を書くホールごとに分けていたせいか、いろいろ聞いて想像していたほどの行列ではなかったですが、それでも資格の勉強しながら開場近くになったらかなりの行列になっていたので、やはり人気貼る印象です。

帰るときも、まだ駅からゾロゾロ人が入ってきていたので、朝一番で行くよりのんびりショッピングに来る人が多いイベントなんだなあと感じました。

開場して真っ先に向かったのは、ルストさんことRapidlayさんのブース。

有難いことに覚えていただいておりまして、会場直後ののんびりした時間なこともあり、ゆっくり色々な作品を見せていただいたり、お話させていただいたり。

念願の宝石すくいも楽しませていただきました。家で広げてみたらびっくりするぐらいいい石がたくさん入っていてうれしかったです。

キューブペンダントの新作が欲しかったのと、石フリマでゆっくり拝見できなかったルースをぜひ買いたいと思っていったのですが、これがまあ魅力的な品物ぞろいで何とも。

色々な発想でダブレット(2種類以上の言いを張り合わせて作るルースの事)を作ってらっしゃって、その面白さに話が弾む弾む。

ルースでは、一目ぼれしたターコイズがまあ、財布バースト発生してしまいましてお迎え。

当初はシェルと水晶のダブレットが欲しいなと思っていたのですが、あえなく予算が雲散霧消しました。新宿ショー前に何をやっているのか…

いやでも、このターコイズは二度とお目にかかれないと思ったので。

資格とって転職成功したら、いずれ御徒町のご夫婦のお店で仕立ててもらうんだ―との決意を胸に。

キューブペンダントは、ぶっちゃけ全部ほしくなるぐらいでしたが(笑

悩んでシーブルーカルセドニーと、国産水晶、それにアメトリンをお迎えしました。

しっかし今回の希少なターコイズと言い、キューブペンダントと言い、宝石すくいと言い、良心的過ぎる値段設定で何か申し訳ないぐらいです。

又の機会に、ぜひまた楽しくおしゃべりできたらいいなと思います。


他にはいろいろと、ツィッターで写真をたくさん拝見させていただいている作家さんの作品の現物をじっくり見させていただけました。

そしてよせばいいのに、シルバーで武器モチーフのアクセサリー作ってらっしゃる WEAPONICA さん(https://twitter.com/YoshHirano)にて、スティレットに一目ぼれしてお迎えしてしまうなど、これですっからかんですなー(おいおい

いやあ、シーフ好きとしてはどうしても刺突剣は見逃せなかったのです。

楽しいイベントでした。


次のデザフェスにまた行くかどうかは微妙ですが、機会があればまた遊びに行きたいですね。

このイベントもオリンピックが近づくと、ちゃんと開催できるかわからないんじゃないかと思いますが、さてなー。

ともあれ、よい刺激を受けました。

さー勉強頑張ろうー


明日はちょっとお出かけです [雑記]

何も予定がないからのんびり勉強に充てるはずが、よもやのニュースが飛び込んできて急きょですが。

楽しみです。

まあでも1日かかるような用事でもないので、早めに切り上げて家で勉強します。

鎌倉が咲きました [日記]

一昨年あたりに鎌倉文学館で株分けしてもらった鎌倉(そういう名前の薔薇です)が今年も綺麗に咲き始めたので、写真撮ってみました。

IMGP7072.JPG
IMGP7063.JPG

今年の株分け分はもう終わってしまったそうですが、来年もまたやると思うので、咲かせてみたい方は要チェックですw

今日は平和な一日でした [雑記]

明日も平和でありますように

#艦これ 2017年春イベントお疲れ様でした [アニメ・コミック・ゲーム]

メンテも明けたので、改めまして。

イベントお疲れ様でした。今回は3回目のイベントにしてようやくクリアできたイベントなので感慨もひとしおです。

クリア時の感想記事はこちら(#艦これ 2017年春イベ丙クリア!初突破!!:天下無敵の独り言:So-netブログ http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2017-05-13)に置いてありますが、改めて大変でした。

前回までの反省を踏まえて可能な限りの準備を整えた結果が出てくれたようです。艦これは兵站のゲームと聞きますが、イベントのたびに実感しますな。

新参の提督なので、イベント海域とはこんな感じなのかあという印象ではありますが、ベテラン提督の発言を見るに、イベントは年々めんどくさくなっているとのこと。

まあ一つのマップにゲージが二つも三つもあるってのは確かに面倒くさかったです。

石フリマの準備(第2回浅草石フリマ 出店してきました:天下無敵の独り言:So-netブログ http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2017-05-15)と職業訓練校の勉強と並行でしたので、リアルでもかなり進めるのが大変でしたな。

今回のイベントを通して救助に成功した艦娘達の記念写真を上げておきます。

キャプチャ233.PNG
キャプチャ201.PNG
キャプチャ211.PNG
キャプチャ212.PNG
キャプチャ229.PNG
キャプチャ243.PNG
キャプチャ244.PNG
キャプチャ245.PNG
キャプチャ258.PNG
キャプチャ259.PNG
キャプチャ260.PNG
キャプチャ261.PNG

新艦娘では国後との邂逅が果たせず。

一番楽だろうと思って最後に回したE2の掘りが日曜日の11時ぐらいまで安定せず。

戦力ゲージじゃなくて最初から輸送ゲージで掘っていればもっとS勝利成功回数こなせたんだろうなあ。

資源にはまだ余裕があったのですが、さすがに夜中1時半ぐらいでギブアップしました。今日の授業集中するの大変でしたね(^^; いやちゃんと集中しましたが。課題もこなしたし。

まあゲームにかまけてせっかくの職業訓練棒に振るのはバカのすることですので後悔はない、ことにしておく(笑

報酬艦以外では一番欲しかった神威さんと、択捉ちゃんが救助できたのはうれしかったです。しむしゅはゴーヤとの対決が見たいな。

ガングートさんは、演習に出すと結構な確率でMVPとってきてくれるので頼れる感じ。改造すると名前変わっちゃうみたいなんで、春日丸ともどもしばらくは無改造で相手してもらおうかなと思ってます。

国後は、ほかのドロップを見ても、別のイベントでも邂逅できるだろうという判断もあり。…見ろよ今回救助したこのイベント駆逐艦の数々を。うちの鎮守府もだいぶにぎやかになってきました。

既存艦では五航戦がそろったのが望外の喜び。

どちらかというとここ数か月アルフォンシーノで掘ってる長門が欲しくて、五航戦狙うのはその次と考えていたので一足飛びで嬉しかったです。

…瑞鶴二人来たけどな…E2の掘りで…

…なんで虹色背景が二つも出て銀背景の国後会えないん…?

瑞鶴は二人とも育てるつもり。翔鶴姉手間のかかる妹二人の面倒よろしくです。おっつけ、よわよわよわよわ育てている加賀さん二号もおいつくとおもうので。

飛龍は二人目と三人目が来て、二人目はもう育て始めていたのだけれど三人目どうしましょうかしら。とりあえずはドックに居てもらいます。

夕雲姐さんと山雲が何故か量産されて凄いことに。牧場しようかどうしようかというところですが。さて。ドック拡張したばっかだから少しは余裕がありますが。

そして何故か今回立て続けに3人も救助した神風ちゃん。どうしろと。

今朝ラストチャンスで掘ったE2で3人目の神風ちゃん助けたときにジェットストリームアタックとうパワーワードが脳内をかすめるなど。…この子なんだかドムっぽい…育てる?3人とも?

持参装備がそれほど特殊でもないのでメリットはあまりないですが、やってもいいかなあ。こちらもしばらくはドックです。


ともあれ提督の皆様、運営の皆様、お疲れ様でした。今回は初回のイベントの時のようなやり切った感があるので気分も良いです、楽しかったです。ありがとうございました。

でもゲージの本数はもう少し少なくてもいいかな…(笑

今回は比較的資源も残りましたが、だいぶ削れたのも確かなので、しばらくは備蓄ですね。ながもんの捜索も進めつつ。

育てる対象の艦娘がガツンと増えて、今までも育てきれてないのにどうしたもんかという感じですが、これものんびり頑張っていきましょうか。


さて、新しく出会えた艦娘達と、我が鎮守府の新たな門出です。

暁の水平線に、勝利を刻みましょう!

失敗したセッションに対するGMのスタンスについて [雑記]

なんとなくの話なので、タグもつけず雑記タグにしておきます。

先日のゲームマーケット2017春において、FEAR社の公式卓にて、トーキョーN◎VAで地雷を踏んだ参加者様がいらしたそうで。

出ている情報をまとめるに、NOVAがどうこうではなく、当日のインストがダメダメだったようで、その方はだいぶ不愉快な思いをされたようです。

また始末の悪いことに、その時のGMさんがベテランデザイナーGMの方で、その方を信奉する方たちや、もともとコアなファンが多いNOVAのファン層の間でいい感じに燃え広がっているようです。

まあその辺は時間が過ぎれば自然と収まると思うのであえてどうこうということはないのですが、今回気になったのは、失敗卓に対するGMのスタンスとはどうしたものかという難しい話。

僕自身、過去に失敗セッションは数限りなくやっていまして、そこから学ぶものはたいへん多かったです。

その結果プレイグループ崩壊に至った例もいくつかあるので、この時にどう対応するかというのは、ゲームグループに対しても大事ですし、ゲームマーケットのようなワンフセッションではなおさら、その人が今後得るかもしれなかった楽しみの可能性の芽を摘んでしまうことになるので、本当に大事だと考えています。

僕自身、過去にとあるグループでプレイヤーやったセッションがトラウマになって、アリアンロッドが大嫌いになった経験があるので、GM側の視点からだけでなく、プレイヤーの視点からしても、自分が受けたストレスに対して、何かしらのケアをセッション御責任者になるGMに求めたくなる気持ちはどうしても出てきます。

かくも、感情に絡む話なので、デリケートで大切で、でもおろそかにしてはいけない部分だと思います。

じゃあどうすればいいのか、というと、これはいわゆる正解のない問題ですので、簡単に答えは出ないのですが。

僕自身、一時期「失敗したセッションでも、楽しんでくれたプレイヤーもいるのだから、責任者であるGMだけはセッションを否定してはいけない」という間違った考えに取りつかれていた時期があり、あの頃の対応は相当ひどかったなあと、永遠と反省している話でもあります。

その後、自分御間違いに気づいた後、僕が取った対応はケースバイケースですが、基本的には卓に参加した全員に話して、どうしたらよかったかと投げかけて自分の責任を認めつつ、次に向けてどうするのが良いかを実感をかけて話し合ったりしたこともありました。

どう対応するにせよ、GMは最低限、同卓したプレイヤーさん達に、誠意をもって何かしらの対応をする責任があると思います。

その地雷が、GM起因にせよ、PL起因にせよ、変わりません。

それもGMの役割であると僕は思っています。

まあそう思って、モヤっとしたなあというお話でした(笑



トーキョーN◎VA THE AXLERATION (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

トーキョーN◎VA THE AXLERATION (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 鈴吹太郎
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2013/09/06
  • メディア: 単行本