So-net無料ブログ作成
検索選択

次のシナリオのネタを考え中 [雑記]

相変わらずタイピング矯正中。

キータイプしづらいからうがーって投げだしたくなるけど、日々確かに少しづつ矯正で来て言ってるのが分かるので頑張ってみますー

まあそんな感じなので練習のためにもシナリオ書きたいのだけれど、練習のためだと、描こうと思ってたマージナルイーローズだとシステムの勉強もしながらになるからちょっと億劫だなあとか日より始めてる

慣れたシステムに差し替えようかしらというところ。だとすると暫く書いてないのはエイジオブギャラクシーかねえ


エイジ・オブ・ギャラクシー

エイジ・オブ・ギャラクシー

  • 出版社/メーカー: ファーイースト・アミューズメント・リサー
  • 発売日: 2015/01
  • メディア: おもちゃ&ホビー



知性化動物の惑星でけものフレンズな話でも考えてみようかしら。

創作では石フリマの日程が迫ってきてるので早く宝石銀ダイスの制作を進めたいのだけれど、まだ学校生活に慣れてないのか、帰宅するとぐでーっとしてしまうのよねえ

うんまあペース見ながら頑張りましょうか

もろもろといきましょうー

うーん [雑記]

今日はネタなし

ロボットの時代 [本と雑誌]


ロボットの時代 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)

ロボットの時代 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)

  • 作者: アイザック・アシモフ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2004/08/06
  • メディア: 文庫



今日もタイピング矯正中。慣れてはきましたがそろそろ手の筋が痛くなってきましたな。

今月のSFノルマはアイザック・アシモフ。

かの巨匠の代名詞ともいえる「ロボット三原則物」の短編集です。

収録策には三原則物でないものも含まれていますがまあ、おおむねその作品です。

解説にもありますが、本作品集には、ロボットを利用して自分の欲望を実現しようと悪戦苦闘する人間たちが描かれています。ロボットが主題でありながら、ロボットを鏡と粗て人間を描いているようにも思えますね。

その人間たちが悪戦苦闘するのが、ロボット三原則に基づくロボットたちは、悪行をなすことができないという現実です。

この構図により、より多様な三原則解釈が描かれるのが面白いですねえ。

特に気に入ったのは、冒頭に収録されていた「AL76号登場す」ですね。

思わぬ事故からロボットとは縁もゆかりもない人の元に堕ちてきてしまった惑星開発用のロボットが、ロボット発見の懸賞金取得を目論んだその人物の命令の影響で、とんでもないものを作り出してしまうという、コメディな内容です。

分かりやすい棚ぼた思考と最先端のロボットの取り合わせがなんともユーモラスで面白かったです。

対して、最後に収録された「校正」などは、人ならざる存在であるロボットへの人間が抱く恐怖による悲しい人間の業が描かれており、こちらはもの悲しさを覚える良作でした。

エンターテインメントとしてよくできているので、割と夢中になって読んでしまいました。面白かったです。

良い読書でした。しばらくアシモフばかり読んでいたので、そろそろ違う作家の本を読むべきですかねえ。

鎌倉桜行脚 [旅行記]

IMGP6073.JPG

今日もタイピング矯正しつつ。

恒例の鎌倉桜見物です。

別段鎌倉と決めているわけでもないので今年はどこに桜見物に行こうかと考えていたのですが、結論が出なかったので鎌倉安定と(笑

天気も悪かったのであまり朝早くではありませんが、それでも8時半過ぎぐらいには出かけたので、十時過ぎぐらいからうろうろしてました。

例年北鎌倉エリアで散策しますが、今年はたまにはまともな観光らしいことしてみようかと、長谷・極楽寺エリアのメジャーな観光地を回ってきました。

いつもと違う桜見物ルートでしたので、行き慣れた鎌倉でしたがどこか新鮮な感覚で楽しむことができましたわー。

一つ目標としては、桜と大仏様を合わせた構図の写真に挑戦したいなあというのを立ててそれを目指しつつ。

天気のおかげか、いつもより空き気味の江ノ電を利用して長谷駅へ。

先に混雑が予想される長谷寺を散策してから高徳院の大仏様をお参りしました。

長谷寺は花寺で有名なこともあり、この季節も花盛りで綺麗でした。四季折々の花々を維持するのも大変だと思います。本当に頭が下がりますね。

高徳院ではあれこれアングルを試して撮ってみまして、帰宅してから写真チェックしてみてようやく冒頭の一枚がどうにか満足のいく一枚でした。

そのまま御領神社を経由して極楽寺へ足を延ばしましたら、たまたま年に一度のご本尊御開帳をしてましたので、これは塩間と、貴重な仏様にお参りしてまいりました。

GOKURAKU亭のおじさんに久しぶりに顔つなぎしつつ雑談しつつ。掘り出し物を探してみたら、リーバイスのいい感じのジージャンがあったので売り上げに貢献しつつ。

江ノ電を利用して散策しつつ鎌倉へ戻りまして、鶴岡八幡宮にお参りに行きましたらば、静御前の神楽米の奉納に出くわしましたので、こちらも拝見させていただきました。やあ、良いものですねえ。

そのあとはいつもの大塔宮方面の路地を囲む桜並木を楽しみつつ。ここの垢ポストあたりがお気に入りの撮影スポットなのです。地元の方が庭先の桜で花見の宴会してらっしゃるのをうらやましく眺めつつ。いやうちにも八重桜あるのでもう少しするとできるのですけれどね。

最後は小町通で馴染みのとんぼ玉春日さん(http://tombodamakasuga.web.fc2.com/)でおじさまおばさまに顔つなぎしつつ。

素敵に琴線に触れてくる新作の数々に思わず緩みそうになった財布の紐をこらえつつ。…あまり無駄遣いをできる時期ではないので。

今回は出遅れたのもあり、また広範囲動いたのもあって少し遅くなりましたが無事帰宅いたしました。


今回は天気こそ悪かったですが、タイミングが良かったおかげで、御開帳や神楽など、貴重な景色を見ることができ、大変楽しかったです。

小町通は相変わらずお店の入れ替わりが激しく。和田塚あたりから鎌倉駅への散策コースにしている国道311号線沿いでは火事で全焼してしまっていたお店を見かけるなど、古都とは言え鎌倉も移り変わりは避けられないようです。

そのあたり寂しさを感じつつも、今回幸運にも見ることができた行事など、まだまだ見たことのない鎌倉の楽しみはあるようですね。

鎌倉は昨日あたりから二週間の予定で鎌倉まつりの期間となるそうで、様々な催しが執り行われるようです。

来週の週末には鶴岡八幡宮で流鏑馬などもあるようですので、興味のある方はぜひ赴いてみて、新しい発見を楽しんでいただけたらと思います。

雨の休日 [雑記]

引き続きタイピング矯正中。


今日は都内の桜を撮りに行こうかと思いましたが、天気が悪かったのと、いまいち腰を上げる気にならなかったので銀粘土いじってました。

気づけば石フリマまであと一か月ちょっとですから作業進めませんと。

程よく進捗したり失敗したりしたので修正入れてまた乾燥です。

夜はタイピング練習ソフトで練習したり艦これ進めたり。

まあぼちぼちと。

明日は鎌倉に桜見物に行こうと思ってます。さてどの辺回ろうか。高徳院って桜あったかしらねえ。

まあぼちぼちと行きましょう

ハローワーク職業訓練校体験:最初の週が終わりました [退職と転職]

これまで一本指打法だったタイピングを矯正です(笑)

まあずっと直したいとは思っていたので、この機会にという感じですが。

しかしタイプ速度が遅い遅い。これモノになるまでに肩こりがひどくなりそうだなあ。

さて一週目が終わりました。今週は手続きの他、コンピューターやネットワーク、セキュリティの基礎的な内容でしたので概ね既に知っている話でしたが、のんびりモードで過ごすか思いきや、講師の先生がこちらのモチベーションをうまく引き出してくれる方で、楽しく授業を聞くことができました。

この辺は実際に受ける学校や先生によっても違うと思いますが、受けた感じお役所的なおざなりな授業ではなく。割とガチ目の授業という印象でした。


はータイプしんど。


僕の受ける講座の場合、授業は午前3コマ午後3コマの計6コマ。朝9時半から16時10分までが授業時間となります。

1コマは50分+休憩10分です。1時間程度ごとに休憩を入れてテクノストレス眼症という病気を防ぐためだそうで。

今回のこの講座の募集は大分人気だったようで、倍率は二倍程度だったとのこと。それでも30人枠のうちで授業を開始したのは27名ですから、受講前に3名辞退した計算ですね。就職が早々に決まったのでしょう。

職業訓練校はスキルアップのためのカルチャースクールや専門学校ではなく、あくまで就職を目的とした訓練制度なので、内定が決まった時点で受講資格を失うんだそうです。

なお、職業訓練校は併願はできないので、今回のように倍率が高い場合は不合格となる可能性がありますが、保険でもう一つ出願しておいてそっちを受けるということができないので、落ちた際の選択肢はある程度考えておく必要がありますね。


はーータイプしんど。


さて実際の授業ですが、社会人になった際の訓練という側面もあるので授業以外にもいろいろやることがあります。

クラス内での当番制となりますが、1日に日直が一名、掃除係が二名、そしてプレゼン訓練ということでショートスピーチの当番があり、一通り3周から4周する計算になりますね。

日直は毎日の起立、礼の号令と、その日の授業に関する日誌を書く役割があります。この日誌というのが案外に重要な書類でして、そのまま東京都にわたっ訓練実施の実績資料になるんだそうです。

税金と失業保険という公金を使う以上当然といえば当然ですね。

まあみんなから集めた血税とはいえ、これまで自分自身も少ない給料から搾り取られてきたお金を返してもらっているということでもありまずので、僕自身はあまり肩ひじ張って授業に臨んでいるわけではありませんが。むしろ自分の払ってきたお金で受ける以上、一銭だって無駄にしてたまるかというスタンスで臨んでおりますな。

掃除当番はそのまま教室の掃除担当。…学校でやるのは構わないのですが、個人的には仕事やってるときに終業後の掃除やらされるというのがすごく嫌いです。そんなことするために貴重な自分の時間を切り売りしているわけではないので。

個人的な感想はさておき。

スピーチに関しては、今週はまだ始まっていないので来週以降に日記にしようと思いまず。


今週の授業では、仕事する上での基礎知識ということで、労働基準法関連の講義もありましたが、僕の前職のように真っ向から法律無視して残業代払わないとかの会社の話は出なかったので(まあ当然といえば当然ですが)あのタイミングだけは僕はすごい顔で、プロジェクターに映し出された文字列をにらみつけてましたな。

個人的な感想はさておき。


今週の授業では職業訓練校の制度の成り立ちなどの話が雑談レベルで出まして、結構面白かったので次回の記事の時にネタにしようと思います。


はータイプしんど。でも少し慣れてきたなと。


ともあれ明日から週末です。明日はいつものメンタルクリニックの先生に授業の感想やなんかを聞いてもらった後は、都内のどこかに桜を撮りに行きましょう。

あいにくのお天気となりますが、日曜日は鎌倉の桜も見に行きたいですね。

ふいー [雑記]

今日は職業訓練校の初授業でした。

機能が手続きとガイダンスでしたので授業としてはきゅおが初。

と言っても午前中はより細かいガイダンスや自己紹介(という名のプレゼン訓練だなアレは)で埋まりましたが。

色々と話を聞くに、当初予想していたよりもかなりガチ目の授業なようなのでこれからが楽しみです。

とはいえ久しぶりの1日座学は疲れました。

明日乗り切ったら週末はゆっくりしたいですね。

花見に行きたいけれど、天気がなあ。うーむ。どこに行くかも悩み

ハローワーク職業訓練校体験記:今日から職業訓練開始です [退職と転職]

今後情報をまとめて見れたらいいかしらと思ってタグを追加するなど。

ともあれ今日からハローワークから開講されます職業訓練の開始です。

役所の提供故色々と縛りもあり、久しぶりすぎる学校生活でもあり、いろいろあると思いますので時折日記に書いていこうかと思います。

退職の理由や経緯に関しても、無事に再就職出来たらまとめがてら記事にしようかと思いますので僕と同じく待遇の悪い会社で戦っている戦士たちが反乱の狼煙を上げる(笑)参考になれば幸いです。


さて職業訓練。


大きく分けて二種類ありまして、東京都が自前でやってる訓練と、民間の学校に委託してやっている訓練とがあり、僕の受けるのは後者になります。

IT系としては専門性が高い内容なので、都で提供される者より民間のノウハウがあった方が期待できるジャンルですのでまあ当然といえば当然ですね。

職業訓練に関しては随時募集、開講しているのがお題目にはなっていますが、実際には僕の受けるような6か月かかる物や、3か月かかるものなど、時間をかけてきっちり勉強する類は申し込める時期が非常に限られています。

例えば僕の受ける講座は4月スタートの6か月間ですが、説明会は既に1月末~2月頭には行ってしまいますし、〆切も二月頭には終わってしまいます。

職安でもらった限りの資料では、大体4月開講か10月開講の2パターンに分けられるようですね。3か月の方は、計算上もう2回ぐらい機会があるのかもしれませんが、自分で調べた範囲ではその気配はないなあという印象。

職業訓練校の説明会に行くことや、それに必要な登録カードの作成に関しては在職中でも問題なくできますので(実際僕は退職を決めたあたりで退職日を待たずに職安に聞きに行ってこの辺の話を聞いたので、慌てて登録したり説明会行ったりしてました)待遇の悪さなどで転職する気持ちがちょっと芽生えてきたような方で、職業訓練を受けようかと考えている方は、一度職安に行って時期や内容を聞いてみるといいかもしれません。

申し込みの時期などに合わせて退職のタイミングを計るといいと思います。


さて今日は初日ということで、これまでに職安と東京都で済ませた手続きや合格者説明会を経て、いよいよ通学開始となります。

とはいえ初日はまだ手続きがあり、受講のガイダンスを午前中学校で受けた後、午後は各自所管のハローワークに行って手続きをするといったスケジュールでした。

ハローワークでの手続きは、日程的に手続きの人が集中するのか、えらい待たされるので時間はやめぐらいに行動した方がいい感じです。僕は時間ピッタリに動いて1時間以上はまった感じですので。もうちょっと早めに動いても良かったかなーという感じ。

さて職業訓練というのは失業給付金、要するに失業保険からの収入を月々に得ながら勉強できる制度ですので、お金のあたりは気になるところです。

これも受給資格のあるなしとかいろいろあるので詳しくは職安に聞くのがいいですが、入金のタイミングなどがシビアです。

基本的に、月末締めの翌月払いですので、僕の場合は4月分の支払いを5月25日に受け取る形になりますので、受講開始から初回の受け取りまでに2か月間間が空くことになります。

当面の生活費が必要な人向けでは、明らかにない処理になってますが…まあお役所仕事だなあとしみじみ思うところですねえ。

僕は今回色々と蓄えを用意して(今回辞めた会社では蓄えが作れる待遇ではなかったので、その前の会社での蓄えの切り崩しですが)から退職し、受講を始めているので、さほど問題は発生しない計算で家計簿付けてますが、お金厳しい方はこの辺もきっちり計画に入れて受講を考えたらいいでしょう。

ちなみに退職金の支払いが、僕のように会社と違う組合とか基金とかになっていると、退職金の受け取りも退職から1か月~2か月後(僕の場合は丸々1か月後)だったりするので、退職後の金銭計画はある程度の見通しはつくようにしておいたほうが良いと思います。

「それじゃあいつまでたっても退職できない!」という人もいるかもしれませんが、その辺当面の生活費を低金利で貸し付けてくれる制度もあるそうなので、この辺もやはり職安に相談していろいろ調べてみるのがいいと思います。バイトして当面のお金おw火星でもいいのかどうかとか、色々聞けることはあると思います。あとは親に泣きつくのも全然ありかと。うちは両親の所得が低いので使えない手でしが。

お金の件での融通の利かなさはもう一つ厄介なのが、訓練校への通学に使う交通費の補助です。

これは受け取れない人もいるのですが、僕の場合は受け取れますのでありがたく色々手続きしています。

ですがこれがかなり融通の利かないというか、現実的ではない仕組みになっていまして。

基本的には1か月分の定期券代として月々口座に振り込まれるのですが、これもやっぱり後払いですので、多分僕の場合は失業給付と同じく5月の末ごろに入金となる見込みです。

この定期券代というのが厄介でして、申請時に自分で申告した通勤経路での金額で補助されるとは限りません。

申請された経路を書いた通所届という紙を東京都に提出し、そこから所管のハローワークにわたってきて、そのうえで所管のハローワークで判断します。

所管のハローワークでは申請された経路をもとに、より効率的で経済的な経路、ぶっちゃけもっと安い経路がないかを探し、なければ申請通りに、あったら基本的には最も安い経路での支払いとなるのです。

んでこの最終的な通勤経路なんですが…

今日の初日の前にも1回聞きに行きましたし、今日も手続きの際に窓口で問い合わせたのですが、通学初日である今日の時点でもまだ確定していないのです(><)

先述の通所届が、今日の時点でもまだハロワークに届いていないとのことで、まだ判断できないとのこと。…半月前に提出した書類がまだ所管に届いてないあたりは、さすがにお役所仕事と言いたくなる感じですねえ。

つまるところ「定期券代で支払われるのに、通学開始時点でどの定期券を買えばよいかわからない」という奇妙な状況が出現するわけです。実際僕はその状態となってます。

この場合、申請した経路で僕が定期券を買っていて、しかしハローワークが僕より優秀で(向こうは年中やってるのでそりゃ優秀に決まってますが)、より安い経路を見つけてしまった場合、自分で払った金額と、ハローワークからもらう交通費の差額が生まれ、その分は自己負担額となるということなのですね。


やあ怖い怖い。


怖いなあと思いながら、無いとしょうがないので今日は定期券買って帰ってきましたが、差額が出たら怖いなあ。駅すぱあとで出る経路だし、いつも使ってるルートだからそうそう他のルートで決定されるとは思わないですが…怖いなあ。


とまあそんなこんあはありましたが、ともあれこれにて手続きすべて完了です。

明日から授業開始。全くの初心者を想定した講座ですので、当面は僕にとっては復習のような授業内容となりますが、その分授業のペースを把握するには都合がいいともいえるので、有効に活用していきたいと思います。それに復習自体、できるのはうれしいのでありがたいですしね。

日々の学校生活に関しては、折に触れて書いていこうと思います。基本的には個人情報的な誰それが面白いとかの話ではなく、制度的なことや約束事、授業の感想など、余人の参考になるような内容を書き連ねていくつもりです。


さて明日は最初の授業ですね。頑張るぞっと。

なんやかやでモノトーンミュージアムセッションでした [TRPG]

一昨日の日曜日は、新年度最初の「大田区でTRPGやろう会」ということでモノトーンミュージアムを遊んできました。

新年度より会場費は500円ほどの値上げとなりましたが、まあむしろ今までが安すぎたぐらいなので特に問題はなく。

シナリオはこれを書いていきました>モノトーンミュージアム用演目(シナリオ)「雛祭りの国」UPしました:天下無敵の独り言:So-netブログ http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2017-04-04

シナリオ本文にも書いてありますが、筆者思わず筆が滑って悲劇を描いてしまったのであまりTRPG向きではないシナリオを早々に遊ぶとは我ながらどういう了見なのか。

まあ悲劇的な背景を用意したはいいけれど、解決策がいくつもあってシナリオ書いてる時点では一本に絞れないよなあ、と思ったのが本当のところなのですが。

なので解決索はシナリオで提示せずにそれぞれのプレイ環境で自由に考えていただく感じで(それを丸投げというんだ

話のネタは、以前ぼーっとしながらツィッターでネタ募集した時に、saoさんから「雛祭りはどうでしょう―」ともらったのがきっかけ。

色々考えたんですが童話ベースのモノトーンミュージアムで人形ネタって、それ悲劇かホラーしかねーじゃんという結論になったので、今回の戦犯はsaoさんです(笑


さてお話ですが、雛祭りが名物の国を舞台に、ぜいたくに慣れ切った貴族たちが、流し雛のひな人形に、本来自我のあるからくりを使って壊してしまう(つまりは殺してしまう)という悪習が流行ってしまい。

PCとゆかりの深い優しいからくりが、仲間たちのために帰属への反逆を企むという話。

目下の敵役が同情の余地がありすぎるかわいそうな人たちってあたりが、TRPG向きではありません。なので良い子は真似しちゃいけないよ。

勿論TRPGなので本来の黒幕が居るので、それをやっつけてもらう形にしているのですが、そこまでのルートが非常に多岐にわたり、シナリオで規定するのはあまり向かなかったので、解決策はプレイヤーに一任することにしてあります。

そのあたり、プリプレイでプレイヤーに十分説明してあったので、本編ではあれこれ頭を悩ませていただき、無事に解決策を見出していただきました。

お前ら有難う、俺のマスタリングはいつも優秀なプレイヤーに助けられているのさあ(そうなる前にどうにかしろよ


今回は、久しぶりにお初の方がいらしてくれたので、そんな時にこんな欠陥シナリオぶつけるのもどうかと思いましたが、ひかぬ、こびぬ、顧みぬのが私のマスタリング。

ぶっちゃけ他のメンツはこういうの慣れてるからどーとでもなるだろうという無策ぶりだから我ながら恐れ入ります。

ふたを開けてみると、案の定プレイヤーのフラストレーションはマイナスの方向でたまっていきまして、どうなる事かと思いましたが、シナリオに書いておいた割にバッドエンドは俺も見たくないので、GMもPLも一丸となって解決策を考え、どうにか大団円を迎えました。

新規の方は十数年ぶりのTRPGということで、確かに色々戸惑っている部分もありましたが、そこはまあ経験者。ルールの理解も早かったですし、応用を考えるのもうまかったです。

ロールプレイには苦手さが見えましたがその辺は昔のTRPGではあまりやらなかった部分ですし、それでもセッションの後半には堂に入ったヒーローロールを見せていただけたので、マスタリングしていてすごく楽でしたし、すごく楽しかったです。


やっぱTRPGはいいですねえ。

明日からの職業訓練校でみっちり勉強して、再就職成功した後も遊び続けていきたいのでそういう会社を探そうと思っております。


さてシナリオ1本終わったので、また次のシナリオ書きませんとね。

次回は6月になるので大分間がありますから、ゆっくりネタを考えましょう。


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



モノトーンミュージアムRPG リプレイ&データブック インカルツァンド (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG リプレイ&データブック インカルツァンド (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/11/30
  • メディア: 単行本



モノトーンミュージアムRPG リプレイ&データブック トレイメント (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG リプレイ&データブック トレイメント (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2016/06/30
  • メディア: 単行本



モノトーンミュージアムRPG リプレイ 常闇のシェヘラザード (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG リプレイ 常闇のシェヘラザード (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2012/06/29
  • メディア: 単行本



モノトーンミュージアム用演目(シナリオ)「雛祭りの国」UPしました [TRPG]


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



一昨日の大田会で遊んだシナリオの調整版を、いつものようにホームページにUPしました。

URL:クラウソラスOnline(http://www006.upp.so-net.ne.jp/takosuke2/
 →左側のSupportボタンからシナリオページを表示してシナリオ名で検索してください

よろしければ遊んでみてください。

参考にトレーラーなど挙げておきますね。

----------------------------

◆今回予告!◆
冬と春を隔てる狭間の日を超え、春を祝う祭り、雛祭り。ここは、雛人形を飾る祭りで賑わう国。
祭の華は、1年の厄を払うべく行われる流し雛。その雛人形が、人形ではなく、本当に人間だったとしたら、貴方はどうする…?
流し雛にされるため買われてきた、悲しいからくり達は、人間と入れ替わり、“その日”を待つ。背後で狂笑を響かせる伽藍の影が見え隠れする中、悲劇へのカウントダウンが始まる。

モノトーンミュージアム
『雛祭りの国』
―かくして、物語は紡がれる。

ハンドアウト
ハンドアウト:PC①
推奨クラス:裁縫師
キミはこれまでいくつもの事件を解決してきた、凄腕の裁縫師だ。
裁縫師組合の長、アリアから糸電話に連絡が入った。春の祭りで賑わう「雛祭りの国」で、ほつれが確認されたという。現地の支部からはその後連絡が途絶えているので、急ぎ向かい、対処してほしいとのことだ。伽藍が生み出す虚無に立ち向かうため、君は急ぎ、その国へ向かった。
シナリオパートナー/関係:アリア・B・コロラトゥーラ(P211)/ビジネス

ハンドアウト:PC②
推奨クラス:貴人
キミは「雛祭りの国」で押しも押されぬ大貴族の子供である。
昨年の雛祭りの翌日、両親はキミに、キミそっくりに特別に作られたからくり、アンリを買ってくれた。キミ達はすぐに仲良くなり、親友となったはずだったが…。
あれから1年、今年の雛祭りを目前に迎えた今日、身動きできないまま雛壇に飾られたキミの視線の先では、キミと入れ替わったアンリがキミの両親と仲睦まじく笑い合っていた。
シナリオパートナー/関係:アンリ/友情

ハンドアウト:PC③
推奨クラス:職工
キミは腕のいいからくり職人だ。最近はからくりの流通が盛んで製造が追いつかないぐらい、忙しい日々を送っている。商売繁盛、大いに結構と思っていたが、以前君が納品したからくりの残骸がキミの元に持ち込まれた。
なんでも、雛祭りの国という国では、流し雛としてからくりを川に流すのが流行っているのだそうだ。キミの丹精込めたからくりを、壊すために買うとは許せない。キミは貴族どもに怒鳴り込むため、かの国に向かった。
シナリオパートナー/関係:からくり/庇護

ハンドアウト:PC④
推奨クラス:旅人
キミは気ままに旅を続ける旅人だ。
ある時、旅を続けるキミの耳に、雛祭りの国のうわさが飛び込んできた。そこでは近々、雛祭りという盛大な祭りが執り行われるという。
うわさが飛ぶほどに有名な祭りなら、面白いものが沢山見られるかもしれないし、儲け話も転がっているかもしれない。
キミは好奇心の導くまま、雛祭りの国に向かった。
シナリオパートナー/関係:雛祭り/好奇心

PC間パートナー

PC①→PC②→PC③→PC④→PC①
なお、PC①とPC②はPC間パートナーであるが、本シナリオで初めて出会う関係であることを推奨する。


イントロダクション

シナリオスペック

推奨PCレベル:3Lv+経験点10点程度
推奨サプリメント  :基本ルール+インカルツァンド+常闇のシェヘラザード+トレイメント
推奨PC人数 :3~5人(PC②以外は複数居て良い)
推奨プレイヤー:ある程度TRPGに慣れた人
想定プレイ時間:6~8時間

ステージ

このシナリオのステージは、雛祭りの国とする。