So-net無料ブログ作成
検索選択

【コンベンション告知】【大田区でTRPGやろう会】3月分PL参加募集中+GM参加締め切り [大田区でTRPGやろう会]

幹事からのお知らせです。

期日を過ぎましたので、GM参加の募集を締め切ります。

3月は幹事のナイトウィザード2nd1卓となります。他、たますな先輩の卓参加が1択あります。

トレーラーなどはこちらを参照してください>http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-19

PL参加は引き続き募集中です。

当日はよろしくお願いいたします。


今後の開催日程をまとめておきます。

 3月:PL参加募集中
  日程:3月12日
  詳細:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2017-01-31

 4月:GM参加、PL参加募集中
  日程:4月2日
  詳細:http://tenkamutekinomuichi.blog.so-net.ne.jp/2017-01-31-1

 5月:お休み予定(連休があるので例年通り避けておきます)

 6月:11日日曜日ごろを予定

参加申し込みはこちらのトピックでも受け付けますのでお気軽にお問い合わせください。

※2017年4月より大田区の公共施設利用料金の改定があり、会場費が500円ほど値上がりします。
 会費もその分少し値上がりしますので予めご了承ください。



#艦これ 2017冬イベ丙 任務未達成でゲームセット(><) [アニメ・コミック・ゲーム]

ぼちぼちメンテに入りましたね。うーんあと一週間あれば(それ前回も言ってた

戦力ゲージ破壊に入ってからかれこれ一週間ほど、ずっと沼っていたようにおもいます。

なんだかんだで一度も深海双子棲姫を撃沈することはできませんでしたし、最後の最後まで編成と装備に関して迷走したイベントだったなあという感想です。

前回のイベントで得た反省材料

・ルート固定要員の史実艦の育成はイベントに入ってからじゃ間に合わない

・資源は貯められるだけ貯めておけ

をもとに、今回のイベントに向けては開発や堀りと並行しつつ、艦隊全体の底上げを目指し、遠征の蓄積EXPなども使いながら広く浅く育てておりまして、結果ほぼすべての所有艦娘を改にまでは持って行きました。

結果、鈴屋、摩耶様の改二化が間に合った、イベント進行中はあまり資源を心配しなくてよかった、など、功を奏した部分もありましたが、弊害もありまして。

今回得た教訓は以下の感じでしょうか。

・特殊装備持ってくる改二艦は早めに改二達成して装備取得するべし

・最終海域では改艦では力不足、改二艦の数をそろえておかなければ決定力が足りなくなる

・制空大事、超大事

加えて、こんなところも大事ですね

・明石さんドロップしたのだし、改修での装備更新はしっかり勉強して揃えておく


最終戦の感想としては、空母棲姫かってぇ。さすがダイソンと呼ばれることはあります。

あいつらが夜戦に残ってるとボスのみ無傷で残る、ボスと姫だけ健在などとかばかりでして、結局旗艦撃破できなかったのが悔やまれます。

最終戦のギミック解除による防御力の低下や、ソナーによる防御力の低下は、あまり実感できませんでした。一桁二桁ダメージばかりでして、たぶん、この辺はこっちの火力が足りなさ過ぎたんだろうなあ。

制空は弾着観測射撃を引き出すためにどうにか取ろうと試行錯誤しましたが、えらい迷走して最後の三日ぐらいでようやくとれるようになりましたが、ボス戦で観測はいらず。うーん、なんでだろう。

もう一つのギミック装備、夜間偵察機に関しては、なんで川内育てていなかったのかと。

川内型が有力なのは知っていたので早く育てねばとは思っていたのですが、他にもいろいろやってたので3人ともLV30どまり。とてもイベント中に改二育成は間に合いませんで。

定番艦娘は早めに改二にしておくべきですね。

制空に関しては、Mマス大破が怖くて基地航空隊をこっちに張り付けたりしたのは失敗でした。早くボス集中に切り替えていればもっと余裕がある時期に試行回数をこなしてより良い戦略を思いつけたかもしれません。

Mマスは、前回イベントでの空襲マスタコヤキ大破の悪夢が忘れられなくて、戦力ゲージ攻略期間の三分の二ぐらいの間、対空カットイン要員を五十鈴と摩耶様の二人体制で行ったのは時間の浪費でした。

先述の、航空優勢をとれていれば大破は事故レベルまで頻度減らせるので。あそこの五十鈴と基地航空隊2枚が過剰であることを、もっと早くに気付くべきでした。

またボスが壊状態になった後のラスダンでは、早めに空母機動部隊に切り替えるべきだったかもしれません。

うちの編成での水上打撃部隊が力不足だったのは、それまでのゲージ削りで見えてはいたのですから、判断するべきでした。

それまでのルート固定の安定さに固執して水上で試行し続けましたが、あの時間を空母機動部隊での突破考察に振り向けていればなあ。


などなど、反省点はいろいろありますが、以下の謎が残ったまま。

・航空優勢取った+演習や間宮伊良湖でキラ付けしたのに弾着観測射撃がほぼ入らない
 (1回ぐらい見たけど)

これ本当になんでなのか。

弾着観測射撃さえ順調に出ていれば夜戦の状況が希望が見えるレベルまで改善していたはずなのですが。道中では連発していた弾着観測射撃が、ボスマスになると一切なくなるのはどうにも理解できません。

主砲が未改修で弱すぎた、というのがウィキの掲示板でもらったアドバイスからの推測ですが、だとすると丙難易度でも初心者提督には無理ゲーすぎるから、やっぱ初心者提督は最後航空機動部隊に切り替えるのが正解だったんだろうなあ。

今後も考察していきますが、どなたか見当がつく方、教えていただければ幸いです。


ラスダン最後の追い込み二日で、山雲の救助に成功しています。

キャプチャ166.PNG

他、イベント全体を通して今回新たに救助に成功したのは、トータルでは春雨、松風、ヒトミ、風雲、瑞鳳、朝雲、山雲でした。

ようこそ、我が鎮守府へ。これからよろしくね。


しかしヒトミだけ救助に成功したのは、むしろ何か罪悪感が。

妹のイヨは冷たい海の底で一人引き離されてしまったわけで。

申し訳ない。


今回、どうにも状況が打開できず、最後の最後で「新米提督」の名前でウィキのコメント欄でアドバイスを求めました。

スレ違いだとは思い申し訳ないと思いつつも、色々アドバイスいただけたのは助かりました、ありがとうございました。

頂いたアドバイスは、どれも勉強になりましたが、玉石混交な部分もあり、かえって回り道して元の編成に戻って来た部分などもあり、この辺は難しいですね。

制空優勢とれた飛行機編成、再考促されたので教えてもらったサイトとか使って組み換え試してみたけど、結局最初の編成に戻ってしまった。

あれはアドバイスの意図を理解できていなかったんだろうなあ。勉強にはなりましたが、せっかくの意見を生かせなかったのは申し訳なく。

今回頂いたアドバイスは、今回のイベントだけで終わる物ではなく、今後の考えの指針ともなるものでしたので、今後戦略練る時のためにいただいたアドバイスの内容をより分析していきたいと思います。

もう一つ大きな反省としては、阿武隈の育成を一時中断したまま放置してしまっていたこと。

彼女、改二にするには設計図とやらが必要なことを知り、それの入手方法がよくわからなかったのでその時点で育成いったん止めてしまったのよね。

今回までに改二に持って行けていれば、ラスダンの夜戦の状況がガラッと変わっていたでしょう。

やはり底力は大事です。


育成では、重巡と軽巡の育成の大事さを痛感しました。

この艦種が育ってないことに気付いて、育成はし始めていたのですが、どうにも活躍するメリットが分からずにモチベーション低かったので、結局ほとんど育っておりませんで。

そしたら今回夜戦火力として重巡軽巡がすごく有効であることを知りまして、なんということかと。

この辺も今後の改善課題です。


さて、なんやかや試行錯誤しながら、転職期間中ゆえの膨大な自由時間を駆使して挑んだイベント。

未達成で終わったのは非常に残念で、判断の誤りや、慎重になりすぎたことで無駄にした時間でもっとできたことはあったんじゃないかとか、自分のふがいなさが募るイベントでありました。

ですが大きな教訓としては、試せる時間があるうちは、リスクが高くても可能性のある選択肢はトライするべきだということですかね。

それができていれば、同じ迷走でも、もう少し先につながる方向で動けたはずですし。

残念ではありますが、多くの新しい艦娘と出合えたのは得難く。あと一歩まで進めたのは、前回に比べたら確実にレベルアップですから、次回こそは。


艦娘のみんなお疲れさま。メンテの間、ゆっくりお休み。ありがとう、ごめんね。


さて、しばらくは資源蓄積のお時間となります。本当に底をついたので。

また次を楽しんでいきましょう。

第三回 #浅草橋ミネラルマルシェ [ホビー]

公式:http://mineralshow.net/asakusabashi.html

2月24日~26日の3日間、浅草橋で開催されております。

例によって遊びに行ったのですが、いやあ楽しい楽しい。楽しかった。

IMG_3827.JPG

どうも昨年あたりからミネラルショーがイマイチ楽しめず(楽しみで当日までわくわくはするのですが、当日過ごすと不完全燃焼感があふれる的な)肝心の国内最大池袋ショーですらモヤモヤしていたので、今回は楽しみな気持ちと、今回も楽しめ無かったらいやだなあという気持ちの相反する心を抱きながら当日を待っていましたが、どうやらよかったです。

多分精神的に追い詰められていたストレスだったのかもしれません。

色々と不満のたまっていた会社を辞め(残業代なし、ボーナスなしの年俸制(違法)なので、年収も同年代同職種の人間と比べると8割以下というストレス。上司の社長は距離は近かったけど最後まで話通じなかったしなあ)再就職に向けてしばし悠々自適という解放された気持ちのおかげで楽しめたような気はします。

さてネガな話題はさておき。

今回は初日金曜日が13時から、土曜日以降が10時からの開場。

全日、先着100名ぐらいにプレゼントということで、いそいそと開場前に並ぶ無一文。おなじみの光景です(笑

ミネラルマルシェさんは、ちょうど俺がミネラルショー行き始めたころからこの催しを始められたようで、浅草橋に関してはあたくし皆勤賞でございます。

こちらのミネラルショーは回を追うごとにサービスがよくなっている頑張ってる展示会さんでして、今回は入場前に待機していた我々にお菓子やホットドリンク、ホッカイロをサービスしていただいたなど、至れり尽くせりの対応です。

だもんで入場特典もレベルアップ度合いが半端なく、買ったらシャレにならん値段のものをほいほい配ってる、ある意味恐ろしい催しです。それだけ利益を上げられているとすると、良い事ですし、これからも頑張ってほしいものです。応援したいですね。

催しの内容自体も挑戦的でして、石好きとしては惹かれざるを得ない、鉱物標本をイメージした和菓子とそれを味わう鉱物喫茶や、今回はお子様連れ対応のキッズルーム(コミケほどではありませんが、会場内は結構な戦場になるのでお子様にはちょっと危ない。そして綺麗な石コロってのは大人よりも子供が喜ぶものです、本来は)などなど、意欲的な企画を盛り込んでくるのも面白いと思っています。

浅草橋の催しスペースも今回は大幅に拡大しており、あすこの会館の2F,3Fをほぼ借り切っての開催になりましたからすごいものです。以前は2Fのみか、3Fの1分ぐらいだったのですから。いやはや。

さて先述のようなメンタルでしたので、今回大きな目標というのはなかったのですが、いつものようにスピネルと、何か変わったルースがあればほしいなという感じです。あと入場プレゼント(笑

全体の出店構成としては、ルース屋さんはかなり少なめ。これは回を追うごとに減っている気がします。

濃い辺りでは鉱物標本系のガチがいくらか。それよりも一般向けなヒーリング系、アクセサリー系の出店が多い印象なので、マニアよりも普通のお客さんの方が楽しめるイベントになってきているように思います。

あまり僕の守備範囲ではないのですが、この手の一般店舗はどこも競って値下げ競争しているので、天然石やアクセサリーが好きな方は、石に詳しくなくても掘り出し物を探して宝探しを楽しめるんじゃないかと思います。初心者おすすめです。まあ俺もまだまだひよっこなのですが。

今回は今までのミネラルショーに出ていなかった新規の出展者さんもいくつか来ていたのと、アマチュア出展者スペースが結構ありまして、経路の違った俺好みの猥雑さがあったのが良かったです。このあたりも今回楽しめた理由なんだと思います。

さて今回お迎えした超形はこんな感じでした。

1日目、2日目と並べてみます。指輪はサイズ比較用なので買い物ではありません。

IMG_3809.JPG
IMG_3830.JPG

両日ともに燦然と輝くどら焼きw

先述の朝から並んでた人に配られたものですが、どら焼き大好きなのと予想外すぎたのですごくうれしかったです。この辺は鉱物和菓子作り始めた伝手からですかね。

今回は大分興奮していたせいか(理性がなかったともいう)普段なら絶対買わないようなものにも手を出しています。

まずは入場プレゼント。

IMG_3812.JPG
IMG_3832.JPG

でっけぇセレナイトと、前回に引き続いてでっけぇアメジスト。

初日は全員セレナイト、土日は番号札渡されての抽選ランダムとなっています。

どちらもうれしいんですが明らかに持て余すでっかさ(笑

この辺のもらい物は、5月の石フリマの時に看板になってもらって、何かしらおすそわけする方向で考えようかと思います。

普段手を出さない物、コランダム、ブルーのサファイア。スリランカ。

IMG_3816.JPG

カラットまだ計ってませんが、サイズはそこそこ。たくさんあった中から慎重に選んで、色が深く乗っている大き目のこと、形の面白い子の二択に絞ってからこちらを選びました。

二股に分かれた先端がガニコウモルあたりのハサミのようで面白い子。

ライト当てると表情ががらりと変わりますな。

IMG_3818.JPG

サファイアはなかなか手を出す気にならなかったのですが(だって高いし)主にコランダマー小雨ニキによる洗脳の結果ですねー。

もう一つ、全石好きのあこがれ、普段絶対手を出さない物。金剛石。

繰り返します、金剛石です、ダイヤモンドの原石です。

IMG_3819.JPG

大好きなスピネル同様の8面体結晶を作る石なので前々から欲しくはあったのですが、物がものだけにバカ高いので買うことは考えてなかったのですが、今回びっくりな低価格で出品されていたので(なんでもダイヤメインじゃない採掘者が副産物で掘り出したものだそうです。インクルージョンが結構あるのでジュエリーランクではないもの)お迎えできてしまいました。

こちらはライト当ててもうまく撮れませんな。

IMG_3817.JPG

これも沢山おいてあった中から、透明度が高いのとインクルージョンが面白いのの二択に絞って後者をお迎えしました。上下にちょうど反転のように黒いカーボンが混じってるのが上下対象で面白いです。

この2つはタケダ鉱物さまです。

続いておなじみスピネル、ですがでっけくて手ごろなうえ、綺麗で色のノリもよく、形も面白い奇跡的なのを見つけたのでお迎え。

IMG_3811.JPG

くるくるひっくりかえすと見るたびに新し表情を見せてくれる面白い子です。

次は、これも普段買わない物。トパーズ原石。

IMG_3833.JPG

トパーズは好きな石なのですが、いつもスピネルを優先するので優先順位が下がってしまうのと、ピンとくるようなきれいな結晶は高価なのでなかなか手に取れません。

今回のこの子は、結晶がきれいで形が面白く、大きさも大きめというのにバカ安かったのでお迎えしました。

写真うまく撮れなかったのですが、このうまい具合に階段状になっているのが、なんだかファンタジー系のゲームで、王靴の奥で待ち受けているラスボスやら、逆に勇者やらが佇んでそうな形でして、ファンタジー脳が反応してしまいました…

IMG_3834.JPG

手持ちで乗りそうなのはセイバーさんぐらいですが、今度ゲームショップでこれに乗りそうなうまい具合の小さいフィギュアを探してみようと思います。

この2個は、ミネラルショーに初めて出展されたというGEMS PLANETさんで。普段はヤフオクでの販売をしているそうです。

道具枠で、ミネラルマルシェさんが販売していた、青い光の出ないUVライト。

蛍光鉱物を楽しむときに、ブラックライトの紫や青の光が結構邪魔なんですが、それがない機械ということで試しに買ってみました。

IMG_3815.JPG

思ったより小さい機械でして、ちょっと光量弱いかも。でも面白い機械なので、うまく使っていきたいです。

さてルース枠。初日はルース屋さん少ないなあという感じがして面白い子を見つけられなかったのですが、あれこれさまよって、最終的にARMEE GEMに落ち着くいつもの流れ(笑

奈良県のレインボーガーネットと、リユースのペリドットです。

IMG_3835.JPGIMG_3837.JPG

写真がうまくないですねえ(><)

茶色のレインボーガーネットは結構綺麗な遊色が出ます。国産の宝石ということで前から気にはなっていたのですが、レアで結構高価な石なので自分で加工するには怖くて手を出してなかったのですが、今回あれこれ計算して、ギリギリ工作に使っても大丈夫そうなランクのがあることに気付いたのでお迎え。

色々考えていて「七色の出目が出る、虹色の石を仕込んだダイス」という言霊が降ってきてしまったので、これはもう作るしかないなと。

ペリドットも好きな石。ですがなかなかラウンドカットで扱いやすい値段、大きさのものに出会えてなかったのですが、今回掘っていた中にあったので。わかりやすくいい緑が乗っているのでダイスに仕込んだら楽しそうです。

レインボーガーネットと、ペリドットは、宝石銀ダイスに仕上げて5月の石フリマに出したいところです。創作意欲がわいてきますなー。でも石のランク的に少し試作しないと怖いかな。

今回はこんなところです。今日も行こうかと思ってましたが、なんか興奮しすぎて昨日最後ぐったりしちゃったのと(笑

なんかもう気持ち的に満足しちゃったし、予算も残せたのでここらが潮時ということで今日の日曜日は見送りで。

ですが今日18時までやってますし、まだまだ掘り出し物、素敵なものはたくさんありますので、お暇な方、近場の方、ぜひ足を運んでみてください。

眺めるだけでも楽しいイベントですし、いろいろと勉強になること請け合いですよ。

今日は何やら楽しい一日でした [雑記]

浅草橋のミネラルショー楽しかったです

夜も遅いので詳しい感想は明日にでも

鋼鉄都市 [本と雑誌]


鋼鉄都市

鋼鉄都市

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2013/08/25
  • メディア: Kindle版



今月のSFノルマはアイザック・アシモフ。こないだまで読んでいた「黒後家蜘蛛の会」の流れで。

あれと同じくのんびり一か月ぐらいかけて読んでました。現在絶賛ぷーたろー故通勤時間がないから文庫の類は読み進めるのが遅くなりますな。

さて本作。

アシモフの代表作だそうで、読み終えてみると確かにこれはすごいなあと思いますが、読み始めたときは、あれ、これ本当にアシモフ?ってぐらいあまり引き込まれなかったのが不思議です。

舞台は遥か未来の地球。

人々はシティと呼ばれる、外界から隔離され、増えすぎた人口を養うために高度に自動化、効率化された世界に住んでいます。

既に宇宙移民は行われており、結構な数の開拓惑星があるのですが、そこの人々との意識の隔絶は深刻で、現在閉塞しつつある地球をどうにか生き延びさせようと地球に戻ってきている宇宙市民たちは、宇宙人と呼ばれ、地球人たちからは何か違うものとみなされています。

そんな中、絶対不可侵のはずの宇宙市(宇宙人が済む隔離エリア)で、あるはずのない、あってはならない、宇宙人が殺されるという殺人事件が起きます。

地球は既に、宇宙人たちの持つ進んだ技術による戦力に対抗する術を持たない立場であり、この事件は一歩間違えば地球が滅ぼされるという、非常にデリケートな意味を持って物語の中に登場します。

主人公はシティの警察に勤めるごく普通の刑事の男。取り立てて優秀な名探偵タイプでもなく、ハリウッド映画に出てくるようなスーパーコップ的な強さも持ち合わせてはおりません。

普通の地球人らしく、自分たちの仕事を着実に奪ってゆくロボットが嫌いで、宇宙人とはかかわりたくないと思っており、降ってわいたこの厄介な事件捜査を早く放り出したくてたまらなくて、とはいえどうにかして自分と家族の生活を守るか、もう少しランクの高い階級の配給を受けられるようになれないかという考えを抱いた、いわば小市民的な男です。

彼のパートナーとして宇宙市側からつけられたのが、非常に成功に作られた、人間とは見分けのつかないロボットであるという事態が、一層彼の精神をさいなむのです。

そんな状態の彼ですから、鮮やかな推理で事件を解決することもできませんし、スカッと爽快に事態を解明することはできません。

むしろ疑心暗鬼や不安、恐怖心から、堂々巡りを繰り返し、大々的に間違った推理を展開しては手痛いしっぺ返しを食らいます。

その傍らで、パートナー(?)のR・ダニールは、常にそこにいるのです。


大筋としてはこんな感じですね。アシモフといえばSFという印象ですが、先述の黒後家蜘蛛の会を読むとミステリもかなりの物なのが分かります。

本作は、その両方が楽しめる、ある意味お得な物語とも言えそうです。

物語の根底にあるのは、アシモフ一流のロボット三原則であり、事件の真相についてもこの三原則が深くかかわっています。

それと同時に未来の管理社会や、宇宙人という、外側の視点からの地球の人々の姿や性質など、ある意味哲学的な考察などもあり、読みながら大分あれこれ思いを巡らすお話でした。

先に書いた、なかなか面白さが分からなかった点が実はこの本の一番面白いところであることが、読み終えてみるとわかるのですが、この主人公の男性が決してスーパーマンではないために、爽快な物語ではありません。

ですが彼の悩みや苦しみ、誤解や間違いはなんだか自分がやっているような気になってくるので、後半に行くにつれてだんだん話に没入していく感じが面白かったです。

彼の内面描写は、彼を通して我々一般的な社会人の姿を映し出しているようでもありますし、なんとも言葉にしづらい感触を与えられます。

読み終えてみると、SF小説ではあるのですが、なんてことはない、根底にあるのはロボットt、宇宙人という鏡を通して自分を見つめなおす物語であるのだと感じました。


読みながらいろいろと考えさせる小説でしたね。考えさせてくれる本は良い本です。

大変面白かったです。

なんとなく、このままm来月もアシモフを読もうかなあという気分ですが、まあ来月のことは来月考えます(笑

コミティア119で出会った面白い本(1) [コミティア]

先日一通り読み終えましたので、いつもの感じで面白かった本の感想などを書いていこうと思います。

艦これのイベントの合間に書く感じにあるので大分のんびりですが(笑

皆さまが素敵な本に出合う一助になればという思いと、作者様へのエールを込めて。


IMG_3778.JPG

タイトル:スィートスィートドレス
サークル:こるり屋
URL :http://koruriya.com/

艦これの川内型同人誌でおなじみ、こるりさんのフルカラー同人誌です。
スィーツをイメージしたドレスを身にまとった少女たちの画集、以前モノクロで同じテーマの物を発行されてますね。
内容は洋紙通り、大判イラスト4枚とラフ線画などの掲載といった構成になっています。
描かれているのはカップケーキちゃん、抹茶ロールケーキちゃん、ベリーベリーパンケーキちゃん、チョコレートケーキちゃんの4バージョン。
どこかコンビニスィーツを連想しますが、身近な甘いものがドレス化されておるのはなんだかおもしろいです。
抹茶ロールケーキちゃんのぶっといドリルが目を引きますが、個人的には元気いっぱいなパンケーキちゃんが好みでした。
もちろん、他の子もみんなかわいいです。


IMG_3779.JPG

タイトル:下京区綾小路通西桐院東入上ル矢田町 京
サークル:KUSAKABEWORKS
URL :http://kskbwrks.tumblr.com/

以前から気になってはいたサークルさんで、先日のコミケで艦これの風景画が素晴らしかったので、今回意を決して手に取らせていただきました。
2014年発行のものなので大分以前の発表になりますね。フルカラー画集同人誌です。
タイトル通り、今日の街の風景を描いたイラストがメインになります。
京都は好きな街で、何度か旅行に行っていますが、こうしてみるとまた違った面白さを教えていただける気がします。
風光明媚な景色も描かれていますが、どちらかというと表紙の仁丹の看板のように、古い町家をメインとした絵になっているので、現代における古都の日常という雰囲気がかなり好みと合致します。
もっと早く手に取っておけばよかったなあと思える一冊でした。他の既刊もかっときゃよかったなー。


IMG_3780.JPG

タイトル:君はラーメン屋で恋をする 万福!おもちラーメン
     君はラーメン屋で恋をする 酸いも甘いも酸辣湯麺
     セイフクスィーツ うぃんたーばーじょん
サークル:プロペラプロンプト
URL :http://pppp-blog.sblo.jp/

先日めでたく商業単行本にまとめられたシリーズの新作。ラーメンを舞台に紡がれる青少年の恋物語という、一風変わったラブコメ漫画です。
「万福!おもちラーメン」は、お正月二年参りに出かけたカップルの年越しラーメンの様子。
良家のお嬢様な晴れ着姿の彼女が、食べ損ねた年越しそばを食べにラーメン屋の息子の家に案内されるお話。三つ指ついてご挨拶なんて、行き届いているお嬢さんですね(^^)
ご両親も喜色満面で特製ラーメンをふるまいます。寒さむな夜のあったかな一幕が良いですねえ。
「酸いも甘いも酸辣湯麺」は、園芸部カップルの方の話。
冬休みに風邪を押して畑の世話に着た少女が倒れてしまい、男子の方が礼に寄ってラーメン作って介抱する話。酸辣湯麺とはセレクトがいいですね、僕も大好物です。
相変わらず、今作も表紙の徒ってもおいしそうなラーメンとかわいらしい少女の取り合わせが素晴らしいです。
楽しんで描いてらっしゃるんだなあというのが伝わってきますね。
「セイフクスィーツ うぃんたーばーじょん」は、以前も発行されたスィーツを楽しむ制服少女を描いたフルカラーイラスト集の冬バージョンだそうです。
美麗でおいしそうなイラストも素敵ですが、添えられている、季節とスィーツに込めた思いのたけを書いているコメントページも面白くて良いです。
作者様の好みがよくわかりますねー。呼んでいると大分おなかを刺激されますです。あとでたい焼き買ってこようかな(笑
3冊とも素敵でした。商業単行本はこちらになります。

君はラーメン屋で恋をする (MFC)

君はラーメン屋で恋をする (MFC)

  • 作者: 茉崎ミユキ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/12/23
  • メディア: コミック




IMG_3781.JPG

タイトル:マニハニ。(総集編)
サークル:Junk-lab
URL :http://ameblo.jp/yuricomic/

竹宮ジンさんの過去同人誌総集編。昔描いた長編百合漫画のまとめだそうです。
このころはまだ作品追っていなかったので、後発の読者としてはありがたいですね。
作者さんが超能力的な話を描いた作品を知らなかったので、当初読み始めはいつものJK百合かと思っていたのですが、読み進めていくうちに現代伝奇ものであることが分かってきてちょっと新鮮で面白かったです。
やたらカンの鋭いオープンな女の子大好き百合少女が、美少女の多い女子高に入学するところからお話は始まります。
親友の少女は過去の事故が原因で言葉がしゃべれないハンデを追っているのですが、前述の少女は勘も鋭いし長い付き合いなので問題なく何となく言葉が通じる関係というのが面白いです。
実は寡黙少女の方が、人を従わせる言霊を使えるため、その暴走で以前百合少女に大けがをさせてしまった戒めで言葉をしゃべらないという超能力設定が出てきます。
やがて二人はいけにえとなる姫とそれを守り、狙う鬼との戦いに巻き込まれていきますが…
結末は意外なところで終わるのですが、後書きを読むと作品のテーマとしてはこれはこれで正しい結び方だなと思いました。
まとめ本なだけあってページ数も多く、読み応え十分です。
作者さんの商業での活躍はこちらなどで読めます。

不条理なあたし達

不条理なあたし達

  • 作者: 竹宮ジン
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2017/03/31
  • メディア: コミック




IMG_3782.JPG

タイトル:やよい雑記
サークル:フェノメノーム
URL :https://phenome.jimdo.com/

モノクロコピー誌ですが、9編もの作品が収録されています。
ある意味季節外れの、実際に出会った、もしくは親族などが経験された、怖い話を描いた漫画です。
フナヤマさんの画風もあって割とまじめに怖かったりするので、そういうのが好きな人は楽しめると思います。
内容は、心霊現象的な話から、生理的に怖い話など幅広くあって面白かったです。


IMG_3783.JPG

タイトル:I.AI
サークル:雨宮商店
URL :http://www.pixiv.net/member.php?id=12168429

今回はじめましてのサークルさんです。タイトル通り、とある女子高生と、AIの物語。
日技研が開発していた人工知能を、データ収集のために一般公開、スマホなどにインストールしてコミュニケーションができるようになったある日からの日常のお話です。
主人公は、友達は居るのだけれど、どこか話ベタな自分にコンプレックスを抱いている少女。おそらくAIマニアな友人が持ってきたこの話に、半信半疑ながらもインストールしてみて、AIとのファーストコンタクトが始まります。
この世界では3Dディスプレイやホログラムによる空中表示が当たり前になっていて、普通のスマホでもできるのでAIは空中にウィンドウを出してコミュニケーションをとってくれます。
AIの機能としては、遥か昔の人口無能や現在のハッカドールのようなニュース収集提案機能から、AI自らが判断しての様々なサポートなど、案外に多機能で、あ単なる会話アプリではないようです。
少女は、周りのみんなが次々にインストールをしているのを見て、話し方の訓練になるかと、少し不安を抱きながらインストールを実行。案外にフレンドリーなAIの口調に驚きつつ、AIの居る生活が始まるのです。
少女が話し相手に選んだプログラムの、プログラムゆえのてらいのない率直な言葉や、優しさ、多機能ぶりにあわあわしながらもコミュニケーションとっていく姿が良いですね。
ツィッターにも書きましたが、Aiをインストールするまでの逡巡の様子が実にこのころの青少年らしくて良いですし、微妙に思春期ゆえのロマンスっぽいにおわせ方も良いし、話の閉じ方もすごく好きです。
自動人形属性もちの自分としては、プログラムが見せる人間臭さというのも大好きなので、そういう意味で好みですね。
素敵な本でした、個人的に大当たりです。



今日のところはこの辺で。

また紹介していきます。

E3引き続き攻略中 [アニメ・コミック・ゲーム]

戦力ゲージをちまちま削っていますがA勝利までしか行けてないのでなかなか先に進みません。

あれこれトライアンドエラーで編成や装備をいじくり中。支援艦隊の爆撃が当たらないのは制空値足りてないのかしらってことに思い当たったので明日少し艦戦増やしてトライしてみます。

資源が枯渇する前に、S勝利編成を見出したいところですが。

連合艦隊の霧島と摩耶様入れ替えてみるかなー。

夜戦火力が安定しないのでこれでもう少しどうにか。

まあいろいろ頑張ってみましょう

ヒトミちゃん救助成功! [アニメ・コミック・ゲーム]

キャプチャ162.PNG

今日は別の記事を書くつもりでしたが、あまりの衝撃に。

E3戦力ゲージ、試行1回目A勝利でまさかの救助成功、ドロップしました!(>▽<)ノ

艦これ初めてイベント海域は二回目ですが、追加されたドロップ艦娘の救助に成功したのはこれが初めて。いやあ嬉しい嬉しい。

しかも我が艦隊としては貴重な潜水空母。これでまたできる事が広がるなあ。

大事に育てます。艦隊のみんなありがとう、ひとまずお疲れ様。

ヒトミちゃん、これからよろしくね。

艦これ2017冬イベE3輸送突破ぁー [アニメ・コミック・ゲーム]

手持ちの戦力ではかなりの運ゲーでしたが輸送編突破しました。
キャプチャ158.PNG
編成はこんな感じで、道中支援と決戦支援は入れてあります。
キャプチャ159.PNG
キャプチャ160.PNG
キャプチャ161.PNG

編成が固まってから6回の試行で何とかなったので運はいい方かと。

みんなお疲れ様。

手持ちの戦力的に楽観はできないので、そのままギミック破壊してから戦力ゲージ破壊に映るつもり、ですが。

ギミックの為には輸送と同じ作戦をこなさねばらならぬのでこれまた運ゲーでございます。

基地航空隊の支援があてられるから少しはましになる、と思いたい。

今んとこ試行二回で道中大破してるので、明日Iマス撃破までは持っていきたいところです。

引き続き頑張りましょう。

ナイトウィザード2nd向けシナリオ「節分☆ストライク!」UPしましたー [TRPG]


ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ナイトウィザード The 2nd Edition (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: 菊池 たけし/F.E.A.R.
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: 大型本



ちょぼちょぼ書いていたのが仕上がったので。

ナイトウィザード The 2nd Edition 向けシナリオ
「鎌倉魍魎戦記3 第三章 節分☆ストライク!」をホームページにUPしました。

URL:クラウ・ソラスOnline
    http://www006.upp.so-net.ne.jp/takosuke2/
  →左側のメニューにあるSupportのリンクからシナリオ一覧に飛んで
   シナリオ名で検索してください。

いつも通りの鎌倉ナイトウィザードでございます。内容薄めのバカシナリオなので身内でテキトーに馬鹿笑いしながら遊ぶ気楽なセッションにご活用ください。

いつものように、参考にトレーラー挙げておきますので、よろしければどうぞ。

--------------------------

◆今回予告!◆
多くの寺社仏閣が軒を連ね、観光客がひっきりなしに訪れる街、古都・鎌倉。
だが、その街は裏の顔を持っていた。無秩序に乱立した霊的建築物が生み出す歪みにより、各所に裏界への門を持つに至ってしまった魔都。危うい均衡が少しでも崩れれば、夜の鎌倉は、瞬く間に魑魅魍魎が闊歩する混沌の街へと変貌する。その筋のモノたちは、この街をこう呼ぶ。「魍魎都市・鎌倉」と。
鎌倉に、今日も今日とて事件が起きる。鎌倉に散在する寺社の一大行事と言えば節分祭りだが、今年はどういうわけか毎日行われている。今日も節分、明日も節分。町の人は首をひねりながらも毎日節分祭りの準備に追われて疲労困憊だ。明らかな異変に、町を守るべく鎌倉のウィザードたちが立ち上がる。

ナイトウィザード 第XX話
「鎌倉魍魎戦記Ⅲ 第三章 節分☆ストライク!」

紅き月が昇る夜。百鬼夜行の幕が開く。

ハンドアウト

ハンドアウト:PC①
キミの近所に引っ越してきた一家の少年、小林君は釣り好きのわんぱく少年だ。海に近い鎌倉の土地が気に入ったらしく、今日も釣竿を担いでクラスメートと一緒、あるは一人で釣りに興じている。
小林少年はイノセントであるが、先日立て続けに女神を3人も助ける羽目になり(もちろんウィザードのキミは万全のフォローをした)それ以来彼女たちに付きまとわれているようだ。何事も起こらないよう、責任ある近所のウィザードとして、キミが目を配らなければならない。
シナリオコネクション/関係:小林少年/幼子

ハンドアウト:PC②グループ
キミはいつものように、鎌倉探題の北条まさこから呼び出しを受ける。
鎌倉が時間のループに捕らわれたようで、節分の1日を何度も繰り返す状態に陥っているのだ。鎌倉の節分祭りは重要な観光資源だが、それも毎日続いては、準備する町の人々の手が回らなくなってしまう。
北条まさこの依頼はこの状態を解決する事。一刻も早くこの事態を収拾せねばならない。
シナリオコネクション/関係:北条まさこor鎌倉探題

PC間コネクション
時計回りに結ぶこと

イントロダクション

シナリオスペック

推奨PCレベル:4Lv+経験点30点程度
推奨サプリメント  :基本ルール+スクールメイズ
ラビリンスシティ、ソウルアーツ、ファー・ジ・アース
レッドムーン、ネヴァーサレンダー
推奨PC人数 :2~6人
推奨プレイヤー:ナイトウィザードに慣れた人向け
想定プレイ時間:4~6時間程度

ステージ

本シナリオのステージは、神奈川県鎌倉市である。