So-net無料ブログ作成

2016年が終わりますね [雑記]

紅白を聞きつつ。

今年はなんだかあまりよい年ではなかった、という印象があります。

熊本や茨木の大地震や、糸魚川の大火災。あちこちで災害やテロやひさんな話が相次ぎ。

政治の暴走に頭を痛めたり、あまり明るくなるニュースがなかったように思います、と書こうと思ってたんですが。

紅白見てたら、それでもいいこともたくさんあった年だなあと、思い直していたりします。

広島カープのリーグ優勝がありましたし、映画ではシン・ゴジラやこの世界の片隅にといった素晴らしい作品を見ることができました(君の名は。はまだ見てないのです、あれも見ないと)


プライベートでは、ちょっと仕事の方でいろいろ考えることがあり。

僕はとある小さなIT企業(以後、自社と呼びます)で支援作業員という仕事をしています。

一応正社員ではありますが、やってることは売り込みに行って面接通った会社に入って下っ端SEとして働き、期間が終了したり予算縮小でお払い箱になったらまた次の現場を探すという仕事です。

ぶっちゃけ形を変えた派遣社員なので、これで平気で仕事できる人もいるのでしょうが、僕は繰り返し繰り返し面接で品定めされては、どれだけ実績を上げても客先の都合であっさり「キミ、もういらないよ」と言われるこの仕事が、いやでいやでたまりません。

それでも、前の会社を辞めてから拾ってもらった恩もある(その当時は自社の羽振りもよかったので、社内にまだ存在していた研究部署で好きな開発させていただいていて楽しかったのです。3年ほどで会社が傾いて支援業務に移されましたが)と思っていたし、一度転職してその大変さも知っているので、また職を変えるのもなあ、という気持ちがあり(同時に、この地石垢医者にいつまでもいることはないよなーとも思ってました)ずるずるとその業態を7年ほど続けてしまいました。

ですが今年、自社がいよいよ危なくなって、ゆかりのある会社に買収されました。


半額で。


社内での僕の立場は、年俸者という、ある程度経営側と言えば聞こえはいいですが、やってる子値は下っ端社員なのは変わりなく、さらに悪いことに1年の報酬が決まっているので残業代もボーナスもないという職制です。

支援作業員にさせられたときに、なし崩しにそうされたのですが(お題目は言われましたが、実際のところは客の事情で残業させられる仕事になるので、残業代をケチりたかったのですね)同時に自社株も50万円ばかり買わされたのです。

年率2%という暴利で自社からの借財して買うという形(一括で買えば利子はかからなかったのですが、さすがに一度に50万も払うには定期預金崩さなくてはいけなくて、泣く泣く)でしたので、トータル52万千百2円を5年ほどかけて払って買うというものでした。

昨年ぐらいかなー、払い終えたのですが。


今回の買収で、25万円になりました。


引き算すると、27万千百2円の損害です。


これでもう自社への恩とか考えなくていいかなーと思うようになりまして。

12月で今の現場終るのを機会に、退職することにしました。

来年はまずは自社との退社交渉になると思います。そこで何かこれまでの処遇のひどさをフォローしたうえでのプラスアルファが発生するようなミラクルがない限りは、来年は転職です。


ほんとは、1個前の現場(医療機器の開発で、単価やすくてひどい現場ではあったのですが仕事は面白かったんですよねー。昨年父が大腸がんで入院した病院にもその会社のナースコールが導入されていたので、感慨深いです)が終わったらやめようと思ってたんですが、次の現場が株価情報系のところで金持ってて単価が20万ぐらいあがるってことだったので、あれもしかして月給5万ぐらいドカンと上がるんじゃねえ?とか期待してしまったのが失敗でした。

当然そんなことはなく。


あそこで決断してれば、その時点で自社株突っ返して損害は利子分の2万ちょいで済んだんですが。

高い授業料でした。


そのあたりぐるぐる考えていたせいか、もう6月ぐらいからずっと体調が悪く、だましだましやってたり。

夏に京都旅行行った後ぐらいは、だいぶ発散できたのか体調も戻っていたのですが、9月辺りから何度も風邪とかで倒れる事態に。

もうだめだと思ったので、まあ潮時かねえと。

遅すぎましたが。もう3年か、早くて5年は早く決断するべきでしたが。


まあそんなわけで、今年は自分としては逡巡と葛藤の一年でした。

来年は清算と再出発の年にしたいと思います。


趣味の方では、TRPGを相変わらず楽しみつつ。

それでも先述の体調が悪かったせいで、だいぶ影響が出たので、仕事がプライベートに英子湯するのが大嫌いな僕としては、結構つらい一年でもあった気がします。

それでも少しはシナリオも描きましたし、セッションも楽しめました。

TRPG以外では、コミケなどで影響を受けて艦これをプレイし始めたり。

5月には近年芽生えた石趣味が高じて石専門のフリーマーケットに参加してみたり。

銀粘土細工楽しいです。難しいですが。

シルバー工作は、もっといろいろできるようになりたいですねえ。

多分今年があんまりよくないと詩な気がしてるのは、仕事の悩みが頭を離れなかったのがあるんだろうなあ。

だめだ、趣味のパートなのに仕事の話かいちゃうのはダメな証拠ですねー。

まあそれも退職すればいったんリセットです。

艦これ遊び始めたせいか、最近ちょっとTRPGのシナリオ執筆がお留守です(苦笑

これは例年通り、正月休みに、書きかけのシナリオを仕上げていくことでリスタートと行きたいですね。

退職して時間ができますから(しばらく職業訓練校に通って新しいこと覚えようかと家族と話しています)何本かシナリオ量産していきたいです。

Web小説も、今年一本書いてみましたが(当初予定通り、1か月で削除済み)結構面白かった(と同時にすげー難しかった)ので、時間が出来たら短編でも何本か書いてみようかと思います。

まあこれは自己満足の世界ですが。

今はまだ脳みそがノイローゼ気味のままなので、少し頭の霧が晴れたらいろいろ考えていきたいですね。


まあそんな感じで、今日記書いてるとどんどんネガティブになってくるので、今年はこの辺で切り上げましょうか。


2016年、皆様お世話になりました。

2017年、よろしくお願いします。

コミケ91三日目最終日終了 #c91 ちょっと気になったことなど [コミケ日記]

最終日一般参加してきましたー

今日は三日目ということで少し早めに7時21分に正面待機列最後尾着。10時12分には入場していたので素晴らしいタイムだと思います。

入場列誘導の皆様お疲れ様でした。さすがです!

今日は風はそれほどでもなかったですがやっぱり寒かったです。防寒対策は一通りしていたので乗り切れました。この対策というのも毎回頭を悩ませますが。


さて気になったことそのいち。


僕は利用したことないので良く知りませんが、オタマートという商売があるそうです。

でまあそのオタマートのラッピングが施された宣伝トラックがですね。一般待機列(正面)が並んでいるエリアにある道路をぐるぐる周回しているのですね。

タイムスタンプ>https://twitter.com/takosuke2200/status/814981971956756485

あの道路はコミケの参加者と地元の利用者や一般車両が交差するポイントなのでとてもデリケートなんです。スタッフさんも車が通るときは一旦列を止めて、車を一通り通してから列を移動させる、という手間が毎回発生するわけです。

一般車両が通るのであればこちらはお邪魔している立場ですしご迷惑おかけしないようにと気を遣うのですが、それをオタク系の転売(?)サイトの宣伝車が走ってスタッフさんや一般参加者への負荷率を上げるというのは、どうなのか。

また車が通るということはそれだけ事故の隔離が増えるということですし、ましてや一般待機列の移動中にトラックが走ろうものなら、先を急ぐ僕ら一般参加者からすれば足を止められるわけです。

必要があって通っている、知識もないであろう一般車両なら特に何も思いませんし、むしろ迷惑呆気てごめんなさいとなりますが、それを必要もない宣伝トラックが繰り返すというのは、ねえ。

暫く見ていたところ、一般列がまさに動いている9時半ごろにまだ走り回っていることは目視しましたし、会場を後にする14時半ごろのタイミングでも走っているのは見たので、あれずっと走ってたんじゃないだろうか。

宣伝にも、もうちょっと気を使ってほしいです。

オタマートはもう一つ、二日目に、国際展示場駅から待機列へ向かう参加者が大勢通る歩道の真ん中で人の流れに逆らいながらチラシを配るということもしていました。

タイムスタンプ>https://twitter.com/takosuke2200/status/814622103223685120?lang=ja

あれ通行の邪魔であることももちろんですが、悪い方向へ邪推すると、あれで人の流れに押されてチラシ配りの人が倒されちゃって、腕の骨でも折ったらコミケにクレーム繰る羽目になるんじゃないかとか思ってしまいます。

ただでさえコミケはデリケートなイベントなのに、ねえ。

宣伝にも、もうちょっと気を使ってほしいです。

アレの宣伝、夏コミに居たっけ?

チラシ配りが邪魔だったのはうっすら記憶があるんだけど、トラックは覚えてないんだよなー。

毎回やるとかだったらほんとやめてほしい。


まあそんなあれこれはありつつ入場しました。

今回も例によってお目当てのサークルが東1~西ホールに散財してるわけですが(><)

しかも今回は東7ホールがあるので、より混迷の度合いが増しております。

なので回り切れるはずもないということで優先順位付け。

渡会先生の本が読みたかったのでそこをスタートにしてデレマス系、そこから東123で島中などをさらって東7ホールの創作ジャンルへ移動、と思ったのですが。


東7ホールへ行けない(><)


二日目にルートは確認していたので、スタッフさんの誘導に従って東7へ向かったのですが、どうも外周の超長い列と混ざったエリアに入ったらしく、一歩も動けない羽目に。

暫く待っていたのですが大して動かないうえにスタッフさんからのアナウンスもないのでどうしたものかと思っていたら、どうもルートが違うらしいという話が流れてきました。

東6外の駐車場突っ切るのではなく、最も外の道路側の細いルートを取らねばならなかったらしく、あわや将棋倒しの大混乱となりかけました。

まあそこは百戦錬磨の一般参加者ということで、そろりそろりと引き返して各自で正規ルートに戻ったようです。


この辺の混乱が今回もう一個気になったところですね。

次回は改善するとよいのですが。


さてひーこら言いながら、創作ジャンル好きの自分としては本命の東7ホール。

今回も比村乳業さんが高速列頒布をするというので先に済ませようとそちらへ。

結果的には今回あんまり早くなく、列が恐ろしく長かったのでここでもえらい時間とられました(><)

まあこればかりは自分の戦術ミスなのでしょうがないですが。列への入り口がそんなに広くなく、そんなにたくさんは並んでないと誤認したのが間違いでしたねー。

並んで奥へ行ったら、まるで迷路のように、広い駐車場を蛇行する長い長い列が隠れておりました。蛇行してるからスピード出せなかったのもあるんだろうなあ、遅かったのは。

並んでいる途中であちこち眺めても全体像が把握できなかったので、どれだけ長かったのか。

タイミング的には完売少し前ぐらいだったようなのでぎりぎり買えたのは良かったですが、そのあと東7の島中回っても完売ばっかりで泣きを見ることに(苦笑

まあ、戦術ミスです。東7に行くまでに大分ばててたのでそれで頭回らなかったのもあるかなー

広すぎる会場というのも考え物ですね。

それでものんびり行って大丈夫なサークルさんとか、お知り合いのところにあいさつとかはできたので、まあよかったかしら。

予算的にもそこでほぼ使い切ったので、ちょうどよいバランスだったかもしれません。


そんなこんなでやることもやって会場を後にして家路を辿りました。はあ、つかれたー。

帰ってから回り忘れたサークルの数々に気付くのもいつものことです(笑

えーい、次回こそはー!

また次回への楽しみと目標ができたので、これも良しです。

かくして2016年の最後のイベントが無事(?)終わりました。なんだかんだで楽しかったです。

かかわった皆さま、お疲れ様でした、ありがとうございました。

また来年、色々楽しんでみたいと思います。


コミケ91二日目終了 #c91 [コミケ日記]

今回もどうやら無事に楽しんできました。

ジャンル的にチェックしたサークル数自体は少ないのですが、少し急がんとなあというところを気にしていたので少し早めに出ました。

まあ早めといっても開場時間ぐらいに行こうと思っていたのを1時間早めただけですが。

タイムレコードとしては8時57分ごろに正面列最後尾着。9時48分ごろ入場というタイム。

なかなかの好タイム・・・ってゆーかまだ開場してねーじゃん!(笑

全然気づいてなかったので館内で列が止まってびっくりするなど。

動き出したのは10時2分なので望外の好タイムではないかと。コミケは1日単位で進化していますねえ。


サークルはさっくり一通り。のんびり目で行ったので完売もあったけどまあ縁がなかったということで。たぶんコミティアで会えるサークルさんですし。

サークルさんの配置が散っていたので東7と西1の新しい導線を確認できたのは収穫でした。しかしこれ3日目の行動に大分不安を覚えるなあ。


早々に会場を後にして秋葉原でゲーマーズフィールドを買う。

ついでに年末月末で出ていた本類や昨日見送って書店委託で買おうと思った本などを仕入れていたらコミケよりも散財していたファンタジィ

まあそういうこともあるさー。

帰宅してから噂の叶姉妹のコミケ行脚の様子を追ってみるなど。

ツィッターにも呟きましkたが、あのお二人ものすごい勢いで学習して対応してる叶姉妹の御二方もすごいんですがノータイムで順応して誰かが音頭とったわけでもないのに受け入れ態勢整えてくるコミケ参加者ってすごくない?運営参加側も一般参加側もサークル参加側も。

なんか今年はいろいろあってあまり良い年という感じではなかったのだけど、冬コミの叶姉妹さまのエピソード追ってるとほんとに心がほっこりする。救われる気がする

ほんと良い話でした。最初噂が流れてきたとき、一瞬「来るなよ」と思ってしまった自分が恥ずかしいです。

そのあと同じくコミケ戦士であるTLの皆様の言動を見て早々に考えを改めることができたので皆様にも感謝です。自分の器の地笹を恥じ入るばかり。

叶姉妹の御二方の広くてファビュラスな心をよい手本として精進していきます。


さて明日は最終日です。まだ地図広げての作戦会議してませんがさてどうしようかという悩みどころもいつものことですな。

今夜は早く寝て明日に備えましょう

コミケ91初日終了 #c91 [コミケ日記]

てなわけでコミケ開始です。昨年は諸事情で一般参加も見送りましたが今回は遠慮なく遊びに行っています。

初日は毎度TRPGだけなのでのんびり目なのですが、前回辺りからまともに艦これ系同人誌に手を出し始めた影響で3日目張りの修羅の道になっております・・・

つか、艦これ島で体力も財布も使い切る憩いだからTRPG計幾頃には六に見て回れないとか…本末転倒パねえ

まあそんなわけなので、朝は少し早めに行きました。

ツィッターのタイムスタンプによると7時42分に正面待機列最後尾着、10時7分に入場してるのでかなりの好タイム。

ほぼ開場直後ですねー、年々入場のタイムが改善しているように思うので、コミケはどんどん進化してますな。

入場待機列への誘導が今回あんまりされてなかったように感じまして、うっかり人の流れに乗ってしまったらやぐら橋に間違って行っちゃったので(あれの下か裏側をまた通してるのかと思ったのだ)その辺は失敗しましたがこのタイムならほぼ影響はなかったですね。

入場後は艦これスペースの外周を先に回ってから島中ごりごり。

今回もうっかり「既刊全部ください」を発動したおかげでTRPG系行ったときは財布がからっけつという(笑えない

悪いことに予備弾倉仕込んでくるのすっかり忘れてたので、生まれて初めてビッグサイトのATMを利用することに

「あんなもんは準備不足の弱兵が使うものよフゥーハハハー」と前を通るたびに思っていたのですが自分がこの有様なので思う存分あざ笑ってください(笑

今回鬱狩りどんが久しぶりに来れるかもという話をしていたので、じゃあ久しぶりにイベント後にお茶会できるなーとお店候補などを考えていましたが残念ながら仕事でいけぬとの連絡が。ガッデム、何ということでしょう

まあしょうがないので、他に知り合いやらにサークルやらランダムエンカウントやらであいさつを一通りしてから引き揚げ撤収。

なおATM使いはしましたが、結果的には行く必要なかった感じの買い物、のはずだったんですが。

待機列中で見かけたこちらのサークルさんのツィート(https://twitter.com/duchy_of_shion)で気になって現物見に行ったらほしくなっちゃったのでつい、お迎え(https://twitter.com/takosuke2200/status/814333260297891843)してしまいました。

ルビー(合成)仕込んだ八卦炉とか欲しいに決まってんじゃんヤダ―

来年最初のミネラルショーの装いにしようかしらんと今から2828しとりますが

でもだいぶ計算外の出費でした。あわよくば「月曜日のたわわ」の円盤に使おうかと思っていた予算枠が消し飛びました。

まあコミケだしそういうこともあるさー

さて茶ぁしばく相手もいなかったので、のんびり地元に戻ってラーメンで遅めの昼食を済ませて家でゆったり。

はーこたつくつろぐ

並んでる間はマヒしてるけど、やっぱ待機列は体冷えるね。

一息入れてから今日の戦利品を整理。

特に気になっていた何冊かは早速読んで面白さのあまり感想呟くなど。

また年末年始とかにゆっくり読んで感想記事にしていきますね


さてはて、初日終了です。

明日も参戦予定なので、日記上げたら地図を広げて一人作戦会議します。

皆様お疲れ様でした

まだ祭りは二日あります、おのおのがた、万事、ぬかりなく楽しみましょう。

明日から冬コミですね #c91 [コミケ日記]

おのおのがた、万事、ぬかりなく

HDDを交換するなど [雑記]

ここしばらくふいにブルーバックになって再起動する現象が起きていたので。

イベントログを見るとHDDへの書き込みに時間がかかった云々が記録されていたので、HDDかしらねえと見当をつけて対策。でもこのHDDまだ1年ぐらいしかたってないと思うんだが。うーむ。

幸いシステムイメージが作れたので

>PC をバックアップおよび復元する - Windows ヘルプ https://support.microsoft.com/ja-jp/help/17127/windows-back-up-restore

起動ディスクと一緒に作って新しいHDDにレストアしてみました。

ネットワークアダプタ認識しない問題が出ましたが、ドライバCDからドライバ入れなおしたら回復して胸をなでおろすなど。

先ほどより、ようやく正常動作が始まっているようです。

これでブルーバックがなくなるようならHDDの故障だったということで安心できますが、再発するようならマザボか何かが問題だってことになるよなあ。

まあその場合は買い替えかな。ともあれこれで解決しますように

今年もあと一週間 [雑記]

仕事の稼働日は残り3日。

そのあとはコミケです。楽しみ―だけど準備間に合ってない感が(笑

装備品は整えたけど諸注意とかまだ読んでないから明日読まないと

今回は7ホールとか西ホールとか特殊だからよく読んどかないとね

さて初日は何時に行こうか。少し早めに行きたいけど、あんまり早くても待機列で疲れちゃうからなあ

悩ましく

まあのんびりといきましょう

ローグ・ワン [映画]

公式:http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

一昨日見に行っておりました。

スターウォーズシリーズでスピンオフの映画を見るのは初めてです。

あの一連の作品はルークたちが主人公ですので、この映画の主人公たちは歴史の流れの中で消えて行った人たちの話となるのですが。

序盤はいくらか物足りなさを感じましたが、後半に入っての大規模な宇宙戦闘はさすがスターウォーズシリーズという出来栄え。

思わず手に汗を握りながら食い入るように見てしまいます。

ストーリーは、シリーズのファンにはうれしいネタや伏線、人物などがちりばめられていましたが俺粗油時期半分もわかってないと思う(笑

しれーかんやレイアなんかの若かりし頃の映像はどうやって作ったのか。まあCGなんだろうが。

今は何でもできるんですねえ。

グッズ系では我が家でなぜがデス・スターの製氷器が好評でして、先に弟が買ってきたの見せられて「同じの買ってこい」との珍しい命令を受けたりしました(笑

あれで作った氷はなかなか解けないので便利なんだそうです。劇場に最後の一個が残っていてよかった。

作品全体としてはバランスよく面白かったと思いますが、これもけっこう評価分かれるんじゃないかなあ。

味方にジェダイが出てこないので(たぶんジェダイパだわンお皿にしたぐらいだろうなって人は出てくるけど)時折顔を見せるダース・ベイダーの姿を見るたびに「あんた出てこないで―!あんた出てきたら話し終わっちゃう!主人公たち全滅しちゃうー!」という恐怖があり、別の意味でドキドキしました。

今回の劇中でベイダーが前線に出てきたら歴史変わっちゃうからねえ。

まあ長野守みたくたやすく歴史変えちゃう作家もいますからなかなかどうしてリスキーですな。

ともあれ楽しめました。

俺的評価はBマイナス。見て損はない映画かと。

めりーくりすます [雑記]

今年も家族でパーティーでした。

家だと何も気にせず飲めるのが楽しいなあ

コミティア118で見つけた面白い本(7、終) #comitia118 [コミティア]

大分のんびりペースでやってきましたが、いよいよラストスパート。

行ってみましょう。

IMG_3496.JPG

タイトル:すなわち蚊の飛ぶ音に例えるならば
サークル:夢のチョモラン王国
URL :http://www.pixiv.net/member.php?id=76370

チョモランさんの創作漫画。相変わらずオリジナルを描かれるとき、独創的な物を作られる漫画家さんです。
今回のテーマは「あるはずなのにいけない場所」。エブリディマジックものや少年探偵団もの、怪談ものではよく見るモチーフの、「そこにあるはず、あるいはあったはず、行けたはずなのにいけない場所、店」というもの。
大体その手の作品では結界に守られているとか幻とかマヨイガとかって種明かしになりますが、今作では「そこにある」と言っているのがドロイドで、実はドロイドの持つ古い地図データ上にはある、おもちゃ屋さんだった、という種明かしがなされています。
先述のように、この手の話だとオカルティックな方向の真相になるのが定番ですが、地図データという、身近でありながら、案外に僕らがその正体をよくわかっていないもので出してくるあたり、読んでみて「やられたー!」感が半端ないですね。
また自動人形好きの無一文としては、ドロイド少女の毒舌とかわいらしい容姿はかなりツボでした。
ページ数は少ないですが、読みごたえは十分以上にあり、おもしろいマンガでした。
商業作品も是非どうぞ。

零崎軋識の人間ノック(4) (アフタヌーンコミックス)

零崎軋識の人間ノック(4) (アフタヌーンコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/11/22
  • メディア: Kindle版



IMG_3497.JPG

タイトル:ちちちち!
サークル:ゆみっくす
URL :http://www.geocities.jp/yumixism/

表紙のコメントにある通り、「知らない人は知らないが、知っている人なら知っている」ネタを使った4コマラブコメです。
年上の彼氏に甘えることにあこがれる主人公のJKが何故か同級生男子と付き合い始めて、誕生日の話になるんだけど、という筋。
タネあかしは誕生日のトリックにかかわるのですが、これは読んでいただくか調べていただいた方が楽しめるかと。
俺も知らなかった話なんですが、たまたまこの同人誌読んだ後にアシモフの「黒後家蜘蛛の会」で似たようなネタが出てきてなんだかおもしろかった覚えがあります。
漫画の方は、相変わらずパワフルな青少年がくるくるとよく動く楽しいマンガでした。1冊で二度おいしい作品ですね。


IMG_3498.JPG

タイトル:目つきのわりぃボクのセンパイ
サークル:かにばにずむ
URL :http://amaraku.blog105.fc2.com/

表題作シリーズの総集編+書き下ろしです。とある学校の図書室を舞台に、非常に目つきが悪く(というかコワイ)先輩の女子と、後輩男子をメインとしたコメディです。
ラブコメディになりそうでならない寸止め感が気持ちの良いシリーズですね。
総集編ということで、大ボリュームのページ数。先輩の独特な思考回路と興味の行く先に振り回される、かわいい後輩のイサリビ君が面白いです。
そこはかとなく毒のある作風ですが、読後感はむしろすっきり気持ちいので、読んでいる間にどういう化学変化が自分の中で起こっているのかというのも少し不思議な作品。
商業で活躍されている方ですのでそちらの方も是非。個人的な好みでは商業の方より同人の作風の方がより好みではあるのですが、でも同じ人が描いているものなので、思い込みだけかもしれません。

真子さんとハチスカくん。1 (マイクロマガジン☆コミックス)

真子さんとハチスカくん。1 (マイクロマガジン☆コミックス)

  • 作者: 221
  • 出版社/メーカー: マイクロマガジン社
  • 発売日: 2013/01/25
  • メディア: コミック




IMG_3499.JPG

タイトル:満月的なものは出ているか?
サークル:マカテッキ
URL :http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/5272/

ごくごくまれに同人誌出されている、漫画家の弐篠重太郎さんの創作同人誌。
人外物を描くことが多い印象の子の方らしく、今回はオオカミ女が主人公。同居人の人魚との異種族問答で展開される大体4コマ漫画です。
満月の日にしか人間に編成ンできないオオカミ女を(オモチャにして)ほかの満月的な物でも返信できないかあれこれ実験するお話です。
オチがひどいといえばひどいですがよいコメディに仕上がっていると思います。
お話の展開も店舗が良くて読みやすいですし、絵柄も好み。楽しいマンガでした。
関西コミティアのチラシを担当した時に描いたキャラたちを使って何か漫画にできないかと挑戦した突発本とのことですがさすがの完成度です。

ナリユキまかせの天狗道 (2) (電撃コミックスNEXT)

ナリユキまかせの天狗道 (2) (電撃コミックスNEXT)

  • 作者: 弐篠重太郎
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2015/01/24
  • メディア: コミック




今回紹介する本は以上になります。

やあ、ギリギリでしたが冬コミ前に全部紹介できてよかったです(笑

冬コミで仕入れた本は、また面白いのを紹介していこうかと思っています。