So-net無料ブログ作成
検索選択

ロボットの時代 [本と雑誌]


ロボットの時代 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)

ロボットの時代 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)

  • 作者: アイザック・アシモフ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2004/08/06
  • メディア: 文庫



今日もタイピング矯正中。慣れてはきましたがそろそろ手の筋が痛くなってきましたな。

今月のSFノルマはアイザック・アシモフ。

かの巨匠の代名詞ともいえる「ロボット三原則物」の短編集です。

収録策には三原則物でないものも含まれていますがまあ、おおむねその作品です。

解説にもありますが、本作品集には、ロボットを利用して自分の欲望を実現しようと悪戦苦闘する人間たちが描かれています。ロボットが主題でありながら、ロボットを鏡と粗て人間を描いているようにも思えますね。

その人間たちが悪戦苦闘するのが、ロボット三原則に基づくロボットたちは、悪行をなすことができないという現実です。

この構図により、より多様な三原則解釈が描かれるのが面白いですねえ。

特に気に入ったのは、冒頭に収録されていた「AL76号登場す」ですね。

思わぬ事故からロボットとは縁もゆかりもない人の元に堕ちてきてしまった惑星開発用のロボットが、ロボット発見の懸賞金取得を目論んだその人物の命令の影響で、とんでもないものを作り出してしまうという、コメディな内容です。

分かりやすい棚ぼた思考と最先端のロボットの取り合わせがなんともユーモラスで面白かったです。

対して、最後に収録された「校正」などは、人ならざる存在であるロボットへの人間が抱く恐怖による悲しい人間の業が描かれており、こちらはもの悲しさを覚える良作でした。

エンターテインメントとしてよくできているので、割と夢中になって読んでしまいました。面白かったです。

良い読書でした。しばらくアシモフばかり読んでいたので、そろそろ違う作家の本を読むべきですかねえ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: