So-net無料ブログ作成
検索選択

モノトーンミュージアム用演目(シナリオ)「雛祭りの国」UPしました [TRPG]


モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

  • 作者: すがのたすく
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: 単行本



一昨日の大田会で遊んだシナリオの調整版を、いつものようにホームページにUPしました。

URL:クラウソラスOnline(http://www006.upp.so-net.ne.jp/takosuke2/
 →左側のSupportボタンからシナリオページを表示してシナリオ名で検索してください

よろしければ遊んでみてください。

参考にトレーラーなど挙げておきますね。

----------------------------

◆今回予告!◆
冬と春を隔てる狭間の日を超え、春を祝う祭り、雛祭り。ここは、雛人形を飾る祭りで賑わう国。
祭の華は、1年の厄を払うべく行われる流し雛。その雛人形が、人形ではなく、本当に人間だったとしたら、貴方はどうする…?
流し雛にされるため買われてきた、悲しいからくり達は、人間と入れ替わり、“その日”を待つ。背後で狂笑を響かせる伽藍の影が見え隠れする中、悲劇へのカウントダウンが始まる。

モノトーンミュージアム
『雛祭りの国』
―かくして、物語は紡がれる。

ハンドアウト
ハンドアウト:PC①
推奨クラス:裁縫師
キミはこれまでいくつもの事件を解決してきた、凄腕の裁縫師だ。
裁縫師組合の長、アリアから糸電話に連絡が入った。春の祭りで賑わう「雛祭りの国」で、ほつれが確認されたという。現地の支部からはその後連絡が途絶えているので、急ぎ向かい、対処してほしいとのことだ。伽藍が生み出す虚無に立ち向かうため、君は急ぎ、その国へ向かった。
シナリオパートナー/関係:アリア・B・コロラトゥーラ(P211)/ビジネス

ハンドアウト:PC②
推奨クラス:貴人
キミは「雛祭りの国」で押しも押されぬ大貴族の子供である。
昨年の雛祭りの翌日、両親はキミに、キミそっくりに特別に作られたからくり、アンリを買ってくれた。キミ達はすぐに仲良くなり、親友となったはずだったが…。
あれから1年、今年の雛祭りを目前に迎えた今日、身動きできないまま雛壇に飾られたキミの視線の先では、キミと入れ替わったアンリがキミの両親と仲睦まじく笑い合っていた。
シナリオパートナー/関係:アンリ/友情

ハンドアウト:PC③
推奨クラス:職工
キミは腕のいいからくり職人だ。最近はからくりの流通が盛んで製造が追いつかないぐらい、忙しい日々を送っている。商売繁盛、大いに結構と思っていたが、以前君が納品したからくりの残骸がキミの元に持ち込まれた。
なんでも、雛祭りの国という国では、流し雛としてからくりを川に流すのが流行っているのだそうだ。キミの丹精込めたからくりを、壊すために買うとは許せない。キミは貴族どもに怒鳴り込むため、かの国に向かった。
シナリオパートナー/関係:からくり/庇護

ハンドアウト:PC④
推奨クラス:旅人
キミは気ままに旅を続ける旅人だ。
ある時、旅を続けるキミの耳に、雛祭りの国のうわさが飛び込んできた。そこでは近々、雛祭りという盛大な祭りが執り行われるという。
うわさが飛ぶほどに有名な祭りなら、面白いものが沢山見られるかもしれないし、儲け話も転がっているかもしれない。
キミは好奇心の導くまま、雛祭りの国に向かった。
シナリオパートナー/関係:雛祭り/好奇心

PC間パートナー

PC①→PC②→PC③→PC④→PC①
なお、PC①とPC②はPC間パートナーであるが、本シナリオで初めて出会う関係であることを推奨する。


イントロダクション

シナリオスペック

推奨PCレベル:3Lv+経験点10点程度
推奨サプリメント  :基本ルール+インカルツァンド+常闇のシェヘラザード+トレイメント
推奨PC人数 :3~5人(PC②以外は複数居て良い)
推奨プレイヤー:ある程度TRPGに慣れた人
想定プレイ時間:6~8時間

ステージ

このシナリオのステージは、雛祭りの国とする。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0