So-net無料ブログ作成
検索選択

シャーロックホームズの宇宙戦争 [本と雑誌]


シャーロック・ホームズの宇宙戦争 (創元SF文庫)

シャーロック・ホームズの宇宙戦争 (創元SF文庫)

  • 作者: M・W・ウェルマン&W・ウェルマン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1980/06
  • メディア: 文庫


今月のSFノルマはマンリー・W・ウェルマンとウェイド・ウェルマン親子の共著。

今月は著者つながりではなく書店でタイトル見て一発買い。


いやだって。読むでしょう。これは(笑)


さて内容はというと、HGウェルズの宇宙戦争とシャーロックホームズシリーズを合体させたような代物。

ウェルズのSF小説「宇宙戦争」を下敷きに、舞台となったロンドンに同時期に居たことになるシャールック・ホームズが、あの災厄に直面したらいかなる行動をとるか、というお話でした。

コナン・ドイルのヒーローとして、もう一人の主人公枠にチャレンジャー教授が出演しています。

宇宙戦争は読んでて、ホームズは角川の新薬版を出ている分は読んだ状態でしたので大体の背景はつかみながら読めたのは幸運でした。

惜しむらくは、チャレンジャー教授の原典が未読だったことですか。これ読む前にそっち読んでおこうと思って、この本掴んでそのまま書店内探したのですが見当たらなかったのが残念でしたが、読んでみた感じでは大した不都合はありませんでしたな。

さて、先述の通り、ウェルズの作品が下敷きとなりますが、あれが主題だとホームズとチャレンジャーが主人公になる余地がないため、作中ではウェルズを「宇宙戦争」という報告を世に出したが、その内容には不備や偽りがある、という解釈で、都合の悪い部分は原典を否定する方向になっています。

まあコラボ作品ではよくある手法ですが、これのおかげでワトスン博士のウェルズへの批判記事が読めるという面白い側面もありました。

ホームズシリーズは、主に記録者であるワトスンの視点から描かれていますが、本作ではワトスンの居ない場面が多々あり、ホームズ視点で描かれているあたりは大分興味深かったです。

同時にチャレンジャー教授サイトも奇想天外、豪放磊落で迫力がありました。

3人が協力して火星人と対決するくだりなどは読みごたえもあり、なかなかに面白かったです。

イロモノといえばイロモノですが、それぞれの原典をよく分析しているようで、読んでいてあまり違和感は感じません。

一部、ワトスンの視点では見れなかったホームズの素の部分などは若干あれ?と思う部分もありますが、ワトスンが登場してからはその辺の理由付けもされたので、読み終えてみれば目くじら立てるような部分ではないですね。

面白かったですが、最低限「宇宙戦争」は読んでからのが楽しめると思います。

良い読書でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: