So-net無料ブログ作成
検索選択

スは宇宙(スペース)のス [本と雑誌]


スは宇宙(スペース)のス (創元SF文庫)

スは宇宙(スペース)のス (創元SF文庫)

  • 作者: レイ・ブラッドベリ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1971/10/08
  • メディア: 文庫



今月のSFノルマはレイ・ブラッドベリ。

短編には定評のある御大の自薦短編集です。

個人的にはブラッドベリは魅力的な短編を表してくれる素敵な作家という認識でしたので、今回の本は結構楽しませて読ませていただきました。

ハードSFに分類されると思いますが、今回まとめられている作品たちは、どちらかというと怪奇物に近い雰囲気。

人知れず忍び寄る恐怖や、日常の些細な違和感から発展する危機。蘇る死体、人間の不可解なミューテーション、いつの間にか人間を支配しているキノコなどなど。

バリエーション豊かな世界と恐怖が詰まってます。

SFというよりも哲学的な話などもあって、読んでいて飽きませんでした。

一通り読んだ中では、1編目の「さなぎ」がなかなかに怖く面白く。

人間が不可解な放射線の影響でさなぎになって今うという話。

「彼」の治療というか検査というかに臨む二人の医師は、一方は「彼」をひどく憎み、あまつさえ殺そうと詩。

一方は、間もなく目の前で繰り広げられるであろう、新たな人類の誕生に狂おしいほどの歓喜を見せる。

そして結末は…

思わずアッと言わされるオチが待っているのも面白いです。

上げて落とすのは、エンターテインメントの基本ですねえ。

大変面白く、また創作の勉強になる読書でした。

さて来月は何を読もうかねえ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0